製品レポート

Product Report

自作PCの作り方【手順その1】各PCパーツの紹介・CPU取り付け

はじめに

パソコンの組み立てはそれほど難しいものではない。しかし、初めての時は誰でも不安なものだ。年に何台も組み立てるという人は少ないだろうし、1~2年も間が空くとトレンドの変化や新しい規格の登場など、知らないことが出てくる。今回はパソコン自作が初めての人や、久しぶりに組み立てるという人のために、組み立てからOSのセットアップまで一通りの手順をおさらいする。製品によって異なる部分はあるが、基本的な手順は同じだ。これを読めば、一通り組み立てられるようになるはずだ。

組み立て例

1. 使用するパーツの確認

パソコンの自作には様々なパーツを使うが、組み立てを基準に考えると3つに分類できる。画面を映すのに必要なパーツ、パソコンとして完成させるのに必要なパーツ、必要ではないが機能の追加や性能の向上のために使うパーツ、の3つだ。

なぜこんな分け方をするかというと、組み立てには「動作確認」という作業があるからだ。慣れた人ならわざわざ途中で確認しないという人もいるだろうが、完成した後に動かないと原因を究明するのはかなり手間がかかる。場合によっては、途中で動作確認をした方が早く終えられることもある。それぞれの分類にどのパーツが含まれるか、今回使用するパーツと併せて紹介しよう。

ちなみに、組み立てに必要な工具は基本的にプラスドライバー1本だ。ドライバーにも先端のサイズで種類があり、パソコンの組み立てで使うのは主に2番。No.2、#2、+2などと表記される場合もある。例外はM.2やmSATAのSSDと薄型の光学ドライブで、小型のねじを使うため1番のドライバーを使う。

画面を映すのに必要なパーツ

画面を映すには、CPU、メモリー、マザーボード、電源ユニットが必要だ。AMDのRyzenシリーズのように、CPUやチップセットにグラフィック機能が無い場合はグラフィックボードも必要になる。

CPU

CPU

CPUはパソコン全体の性能を決めるパーツ。多くの計算処理を担当し、人の頭脳にも例えられる。IntelとAMDが2大メーカーで、それぞれハイエンドモデルからエントリーモデルまで幅広いラインアップがある。今回使用したのはIntelのCore i7-7700K。LGA1151に対応した、第7世代のCore iシリーズだ。

メモリー

メモリー

メモリーはCPUが使うデータを一時的に保存しておく場所。HDDやSSDより高速だ。ただし電源を切るとデータは消えてしまうので、HDDの代わりとしては使えない。DDR4は1枚4GB以上が基本だ。今回はMicron Technologyの「CT4G4DFS824A」(DDR4-2400 4GB)を使用。デュアルチャンネルで利用するため、これを2枚用意した。

マザーボード

マザーボード

マザーボードは各パーツをつなぐところ。周辺機器を制御する機能もある。ATX、microATX、Mini-ITXなど、サイズにバリエーションがある。ほかにもゲーム向け、オーバークロック向けなど、得意なジャンルを明示した製品もある。ここではSuper Microのゲーミングモデル、「C7Z270-CG」を選んだ。ATXの標準的なサイズの製品だ。

電源ユニット

電源ユニット

電源ユニットはその名の通り各パーツに電力を供給する。製品名には総合出力が含まれることが多い。必要な総合出力はパソコンの構成によって異なる。消費電力の多いグラフィックボードを基準に考えるとよい。ミドルクラスなら500~600W、ハイエンドなら650~750Wが目安だ。Thermaltake Technologyの「TOUGHPOWER GRAND RGB 650W」は高い変換効率を示す「80 PLUS GOLD」を取得したモデル。ファンがLEDで光るほか、低負荷時にファンを停止する機能を備えている。

パソコンとして完成させるのに必要なパーツ

上記の4パーツを組み立てれば、液晶ディスプレイに画面は映せる。しかし、画面を映しただけではパソコンが完成したとは言えない。PCケースに組み入れ、OSのセットアップもしなければならない。そこで次のステップで必要なのがPCケースとストレージだ。ストレージとはデータの容れ物、つまりHDDとSSDのことを指す。ストレージには多くの種類があり、ここでは3.5インチHDD、2.5インチSSD、M.2 SSDを使用する。

かつてはWindowsのインストールメディアがCDやDVDだったため、DVDドライブやBDドライブもここに含まれた。しかしWindows 10のパッケージ版のメディアがUSBメモリーになったこともあり、現在は必須ではなくなった。取り付けるための外部5インチベイがないPCケースも増えている。DSP版のWindows 10はDVDで提供されるが、インストール用のUSBメモリーを作成することは可能だ。

PCケース

PCケース

PCケースはパソコンの外装で、各パーツを収める。マザーボードに合わせて、ATX、microATXなどの種類がある。ドライブベイの数や配置、冷却機構などはモデルによって大きく異なる。最近はサイドパネルにアクリルや強化ガラスを使って内部を見られるようにしたモデルが増えている。今回使用したThermaltake Technologyの「VIEW 31 TG」もサイドパネルは一面強化ガラスで、内部がよく見える。

3.5インチHDD

3.5インチHDD

HDDは容量の大きさが魅力のストレージだ。業務向けなら最大で12TBまである。今回はSeagate Technologyの2TBモデル、「ST2000DM001」を使った。

2.5インチSSD

2.5インチSSD

SSDはNANDフラッシュメモリーという半導体チップにデータを保存する。ディスク(円盤)に磁気で記録するHDDと比べて、読み書き速度が速い代わりに容量当たりの価格は高い。今回はMicron Technologyの「MX300 275GB」を選んだ。TLCタイプの3D NANDを使用したコストパフォーマンスの高いモデルだ。厚さは7mm。

M.2 SSD

M.2 SSD

M.2は比較的新しい規格で、基板をマザーボードに直接取り付ける。規格自体は汎用のものだが、自作パソコンではほぼSSD用と考えて問題ない。M.2 SSDはPCI Express接続とSerial ATA接続の2種類があり、端子の形状が異なる場合もある。今回はCorsair Componentsの「MP500 240GB」を使った。PCI Express 3.0 x4接続の高速モデルだ。

必要ではないが機能の追加や性能の向上のために使うパーツ

自作パソコンは自分の好みにカスタマイズできるのが醍醐味だ。上で紹介したもの以外の全てのパーツがここに含まれる。地デジチューナーボードやビデオキャプチャーボードで機能を追加したり、グラフィックボードを追加して性能を向上させたりといったことができる。必ずしも動作に必要ではないため、DVDやBDで映画などを見たいから光学ドライブを追加する、CPUのオーバークロックをしたいからCPUクーラーを交換するなど、使う時になってから用意してもよい。今回は選ぶ人が多いと思われるグラフィックボードとCPUクーラーを使った。

CPUクーラー

CPUクーラー

CPUクーラーは発熱するCPUを冷やすためのパーツだ。対応できる熱量の違いで、ハイエンドモデルからエントリーモデルまで多くの製品がある。ヒートシンクが直接熱を奪い、風を当てて冷やす空冷と、液体を冷媒にしてヒートシンク(ラジエーター)に運ぶ水冷クーラーがある。Thermaltake Technologyの「Contac Silent 12」はタワー型のヒートシンクと12cm角ファンを組みわ合わせた空冷クーラーだ。

グラフィックボード

グラフィックボード

グラフィックボードは画面の描画、3Dグラフィックの演算処理をする。性能の違いで多くの種類がある。ゲーミングパソコンには必須のパーツだ。高性能モデルはクーラーも大きくなる傾向があり、組み立ての際にトラブルの元になりやすい。今回は敢えてハイエンドモデルの「GeForce GTX 1080 Ti AMP Edition」(ZOTAC International)を選んだ。2スロット占有、長さ30cmと大きい。

2. 付属品を確認する

さっそく組み立てに入ろう。まずは付属品の確認だ。マザーボード、PCケースのパッケージを開け、マニュアルで付属品を確認しよう。一般的に、組み立てに使うSerial ATAケーブルはマザーボードに、ねじ類はPCケースに付属している。ねじは種類が複数あるので、よく確認しよう。

マザーボードの付属品

マザーボードの付属品

マザーボードの付属品で重要なのはSerial ATAケーブルの本数。モデルによって大きく違うので、HDDやSSDを複数使う場合は足りるか確認する。バックパネルは穴の種類や位置がモデルによって異なるので、失くさないように注意しよう。

PCケース付属のねじ

PCケース付属のねじ

PCケースの付属品で重要なのはねじ類だ。左からミリねじ、インチねじ、ファン用ねじ、マザーボード用スペーサー。ミリねじとインチねじはねじ切りの密度が違うので、並べると違いが分かりやすい。ファン用ねじはタッピングねじとも呼ばれ、ねじ切りのないファンのフレームに溝を掘って固定する。

3. マザーボードにCPUを取り付ける

パソコンの組み立てに決まった手順はなく、基本的には好きな順番で取り付けてよい。しかし、場合によっては作業がしにくくなるため、ある程度のセオリーはある。

ここでは、最初にマザーボードへCPU、CPUクーラー、メモリー、M.2 SSDを取り付ける。先にPCケースにマザーボードを取り付けてもよいが、メリットはあまりない。本記事では、CPUの取り付けまで進める。

※CPUソケットはピンが1本曲がっただけでも動作しなくなる恐れがあるため、慎重に作業しよう。とは言え、正しい手順で取り付ければそうそう壊れはしない。過度に心配する必要はない。

CPUソケットのふたを開ける

CPUソケットのふたを開ける

CPUソケットのふたは脇のレバーで固定されている。押し下げて外に引き出すと固定が外れる。黒いカバーは後で自然に外れるので、自分では外さない。

ふたを開く

ふたを開く

レバーを反対側に倒すとふたが少し浮くので、手でつまんで開く。ソケット内部のピンはとても細いので、上に物を落としたり引っ掛けたりしないようにしよう。

CPUをソケットに乗せる

CPUをソケットに乗せる

CPUは側面に切り欠きがあるので、ソケット側の出っ張りと位置を合わせる。CPUは上下を持った方がよい。

CPUの位置を確認

CPUの位置を確認

CPUをソケットに乗せたら、切り欠きがソケット側の出っ張りと合っていることを確認する。

ふたを閉める

ふたを閉める

基板側にふたの留め具があるので、先端をその下に差し込むようにする。

レバーで固定する

レバーで固定する

ソケットのふたを固定するため、レバーを元の位置に戻す。少し外に広げるようにして押し下げる。反発が強いので、指が滑らないように注意しよう。

ソケットのカバーを外す

ソケットのカバーを外す

レバーを固定すると、黒いカバーが自然に外れる。これはマザーボードを修理に出す際などに必要になるため、マザーボードのパッケージなどにしまっておこう。

CPUの取り付けが完了

CPUの取り付けが完了

CPUを取り付けられた。ここまで細かく紹介するのは、CPUソケットが一番壊れやすいからだ。注意して作業しよう。

次回はCPUクーラーの取り付けから始める。
次の手順を見る ≫

(文・写真=SPOOL

※ 本記事は執筆時の情報に基づいており、販売が既に終了している製品や、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

関連記事のご紹介