ニュースリリース

News Releases

「Autodesk University Japan 2017」出展のお知らせ

株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は、9月21日(木)と9月22日(金)の2日間、ヒルトン東京お台場(東京都港区)にて開催される、オートデスク株式会社主催のイベント「Autodesk University Japan 2017」に出展いたします。

「Autodesk University Japan 2017」は、テーマを「The Future of Making Things ― 創造の未来」として、製造、建築、土木、メディア&エンターテイメントなどの業界において、将来を見据えながら業務に役立つ情報を「学び」、さらに参加者の方々が「交流」の場としてご活用いただけるカンファレンスイベントです。

弊社ブースでは、遠隔地から、多数が参加するVR(仮想)空間を利用することで、遠隔地間でのコミュニケーションを図れるコラボレーションツールであるTsunami ARVR社の「Virtual Workspaces」(旧CAVRNUS)のご紹介をいたします。

Virtual WorkspacesはマルチVRデバイスをサポートし、複数人でVR空間に入ることで、スライドショーやドキュメントなどのファイル共有をはじめ、VR空間上のホワイトボードに文字を書き込むことや、3Dモデルの配置・確認といった直感的な操作を仮想体験することができるVR向けコラボレーションツールです。

業務トレーニングや教育をより直感的・合理的な対話を通じ、理解度を高めると共に、複雑な問題に対する明確な解決策としても活用できます。また、遠隔地とのコラボレーションにより、設計・エンジニアリングにも活躍します。非常に多くの対応フォーマットをサポートすることで、様々な研究・開発にもご利用いただけます。
また、9月22日(金)の17:30~18:20に、Virtual Workspacesについての分科会セッションを開催いたしますので、ぜひご参加ください。

さらに、3Dコンテンツ制作アプリケーションでレンダリングエンジンを利用することができるNVIDIA Irayをご紹介。Autodesk Maya用のプラグインである、NVIDIA Iray for Mayaは、優れた物理ベースのIrayレンダリングを実現します。極めて対話的かつ直観的にシーンに照明と設計を追加することができ、Autodesk Mayaと連動し、物理学に基づく光や素材を簡単に作成し、変更が可能です。

ぜひこの機会にご参加いただきますよう、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

「Autodesk University Japan 2017」出展のお知らせ

Tsunami ARVR,Inc. Virtual Workspaces

イベント概要

イベント名 Autodesk University Japan 2017
日時 2017年 9月21日(木)・22日(金)
9:50~18:20(9:00より受付開始)
会場 ヒルトン東京お台場
東京都港区台場1-9-1(アクセスマップ
主催 オートデスク株式会社
参加費 一般個人:1日券 10,000円、2日券 15,000円
一般グループ(5名単位):60,000円
学生:5,000円
詳細情報・お申込み http://au.autodesk.com/japan

製品の詳細について

製品の詳細については製品紹介ページをご覧下さい。

●Tsunami ARVR社 概要
Tsunami ARVR社は、カリフォルニア州サンディエゴに本拠地を置き、エンタープライズにおいて魅力的で生産的なバーチャルリアリティソリューションを提供します。コラボレーションツールであるVirtual Workspacesは、世界中の人々や組織などの障壁を超えて生産性を向上させることを可能にします。
メーカーウェブサイト:http://tsunamiarvr.com/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
株式会社アスク エンタープライズ営業部
メールアドレス:
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ ニュースリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。