NVIDIA Mental Ray

本製品は販売を終了いたしました。

NVIDIA

優れた品質と比類のないリアリズムを生成するプラグインレンダリングソリューション

NVIDIA Mental Rayは、非常に優れた品質と比類のないリアリズムを生成し、物理的に正確な光シミュレーションと十分なプログラム可能性を組み合わせることで、想像しうるすべての視覚効果の制作を可能にするレンダリングソフトウェアです。高度なレイトレーシング技術に基づいた素晴らしい画像を生み出すことが可能となります。

CGWORLD.jpの製品レビューで紹介して頂きました。




互換性のあるアプリケーション

NVIDIA Mental Rayは、主要な3Dコンテンツ作成アプリケーションの多くでレンダリングエンジンとして使用することができます。

  • 3ds Max
  • Maya

NVIDIA Mental Ray for 3ds Max

3ds Max用のプラグインは、柔軟なプロセスが欠かせない、エンターテイメント/ビジュアル化のプロフェッショナルのためのプラグインレンダラーです。3Dレンダリングの業界標準として、20年以上試されてきたMental Rayが、NVIDIAから直接利用できるようになりました。Mental RayはグローバルイルミネーションにCPUとGPUの両方を利用します。NVIDIA Material Definition Language(MDL)を利用することで、NVIDIA IrayやChaos Group V-Rayとマテリアルを交換することが可能です。

≫ 日本語データシートはこちら

3ds Max

新機能

  • 完全な下位互換性を備え、Mental RayまたはMental Ray Irayモードを利用する以前の3ds Maxシーンに対応
  • Mental Ray 3.14の最新版と継続的な更新プログラム/修正プログラム
  • 編集しながら最終的な結果をすばやく確認できる、対話型のプログレッシブレンダリング
  • GI Nextを利用すれば、高品質のグローバルイルミネーションを簡単に作成できます。以前の手法より2~4倍速く、GPU活用でさらなる高速化が実現します。
  • MDLサポートとvMaterials参照
  • Mental Rayスタンドアロンモードが追加され、制作パイプラインの効率性と柔軟性が向上しました。
  • ライセンスを取得すると、Mental Ray Standalone、Mental Ray Satellite、NVIDIA Iray for 3ds Maxプラグインが有効になります。

システム要件

ソフトウェア Autodesk 3ds Max 2018
対応OS Windows 7(SP1)64ビット
Windows 10 64ビット
ハードウェア ●64ビット IntelまたはAMDマルチコアプロセッサ
●最小8GBのRAM(16GB以上推奨)
●GPU対応レンダリングでは、NVIDIA GPU、Fermi世代以降の2GB GPUメモリ、NVIDIA Driver 372.95以上が必要(過去6年間のほとんどのNVIDIAプロセッサを含む)
●OSで認識されるすべてのCPUとGPUがサポートされ処理が制御されます。

NVIDIA Mental Ray for Maya

Maya用のプラグインは、NVIDIA Mental Rayにシームレスに統合されたプラグインレンダリングソリューションとなり、以前の機能との互換性に加え、強力なGPUアクセラレーションによるインタラクティブなビューポートレンダリングと使いやすいグローバルイルミネーションを利用することができます。

≫ 日本語データシートはこちら

≫ インストール手順はこちら

Maya

ワークフロー

  • 確立されたすべてのMayaワークフローを完全にサポート
  • MayaビューポートまたはIPRで直接ルック デベロップメントと照明の設定をインタラクティブに実行可能
  • シーン操作時に最終結果のプログレッシブレンダリングを実行することでビジュアル変更が継続的にフィードバック
  • テクスチャと頂点の両方へのMayaバッチベイクによるライトベイキング

システム要件

64ビット ソフトウェア Autodesk Maya 2017(Update 1)または2016(SP6)
Windows 7(SP1)、10
Red Hat Enterprise、CentOS 6.5または7.2 Linux
Mac OS X 10.10.5、10.11.x
ハードウェア 64ビット IntelまたはAMDマルチコアプロセッサ
最小8GBのRAM(16GB以上推奨)
GPU ●レンダリング加速は、Fermi世代以降のGPUアーキテクチャを必要とします(Fermi、Kepler、Maxwell、Pascalなど、過去5年間のほとんどのNVIDIAプロセッサを含む)
●NVIDIA Driver 372.95以上
●最小2GB GPUメモリ必須
●種類、世代、速度の異なるGPUの混在が可能
●レンダリング速度は、X86 CPUやCUDA対応GPUの数、速度、コア数の影響を受けます
●OSが認識するすべてのCPU/GPUがサポートされます。Mental Rayレンダリングの使用については個別に制御可能
●GPUドライバを最新の状態に維持してください。ドライバはCUDA 8対応になっている必要があります

※ 記載された製品名、社名等は各社の商標または登録商標です。

※ 仕様、外観など改良のため、予告なく変更する場合があります。

※ 製品に付属・対応する各種ソフトウェアがある場合、予告なく提供を終了することがあります。提供が終了された各種ソフトウェアについての問い合わせにはお応えできない場合がありますので予めご了承ください。

●NVIDIA社 概要
NVIDIAはAIコンピューティングカンパニーです。1999年に開発したGPUが、PCゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューターグラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、世界を認知して理解できるコンピュータ、ロボット、自動運転車の脳の役割をGPUが果たすまでになり、GPUディープラーニングが最新のAI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となりました。
メーカーウェブサイト:http://www.nvidia.co.jp/

関連製品のご紹介

NVIDIA GRID

製品の詳細

NVIDIA

NVIDIA GRID

仮想デスクトップで利用できるグラフィックスアクセラレーション

関連製品の一覧を見る

製品に関するご質問や納期のご確認、お見積り依頼など、お気軽にお問い合わせください。

ご購入前のお問い合わせお問い合わせ一覧を見る