アスクからのお知らせ

SKAARHOJ社、PanasonicのシネマカメラAU-EVA1の全機能を、RCPで制御可能にするソフトウェア・アップデートを発表

SKAARHOJ RCPパネルとPanasonic AU-EVA1でマルチカメラ・ライブプロダクションを実現

SKAARHOJ社、PanasonicのシネマカメラAU-EVA1の全機能を、RCPで制御可能にするソフトウェア・アップデートを発表

デンマーク、ソーボルグ/日本、大阪 ─ 放送向けのコントローラーとハードウェア統合型コントロールパネルの世界的な先端企業SKAARHOJ社は、定評あるユニバーサルデザインのRCPコントロールパネルに、Panasonic社の人気製品であるAU-EVA1カメラを対応させるソフトウェアアップデートを発表しました。

今回のアップデートにより、CCUでの集中制御に基づく従来通りのカラーグレーディングワークフローはそのままに、AU-EVA1を用いたマルチカメラ制作が実現します。このソリューションは、NAB 2019のSKAARHOJブース(C1259)とPanasonicブース(C3607)で展示されます。

SKAARHOJとPanasonicは密接に協力し合い、短期間でAU-EVA1のSKAARHOJ UniSketchプラットフォームへの統合を可能にしました。このプラットフォームは、マシン制御を念頭に置いて設計された新しいハードウェアであっても、迅速に対応することができます。

詳しくは下記ニュースリリースをご覧ください。

SKAARHOJ 社、Panasonic のシネマカメラ AU-EVA1 の全機能を RCP で制御可能にするソフトウェア・アップデートを発表

●SKAARHOJ社について
SKAARHOJ(スカホイ)社は15年以上に渡り、品質、イノベーション、オープンソースに貢献することで、ドットコムバブルを生き抜いてきました。同社のハードウェアとソフトウェアのいくつかは、オープンライセンスの元で公開されています。Bjørn Thorup氏、Georgi Yankov氏、Kasper Skårhøj氏により経営されているSKAARHOJ社は、デンマークのコペンハーゲンを拠点としています。同社のハードウェア事業は全く新しいだけでなく、長い伝統に基づく品質とCMS TYPO3から始まるKasper氏の国際的なオープンソースコミュニティにおける素晴らしい経歴に支えられています。同社とその優秀な従業員は、根本的にカスタマイズ可能なコントロールソリューションを放送市場にもたらす強力なチームです。
ウェブサイト:https://www.skaarhoj.com/
●アスク メディア&エンタープライズ事業部 概要
アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。
ウェブサイト:http://www.ask-media.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:前田 善弘
Webからのお問い合わせはこちら
TEL:03-5215-5676、FAX:03-6672-6858
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階