ニュースリリース

News Releases

ディープラーニング向けのアスク推奨モデルとして、レノボ社製ワークステーション ThinkStation P920とNVIDIA Quadro GV100の組み込みモデルを発売

株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は、レノボ社製ワークステーション「ThinkStation P920」と、当社が取り扱うNVIDIA社最新のVoltaアーキテクチャGPUを採用するプロフェッショナル用グラフィックボード「NVIDIA Quadro GV100」の組み込みモデルを、ディープラーニング向けの当社推奨モデルとして販売を開始いたします。

レノボ社製ワークステーション「ThinkStation P920」は、最大28コアのインテルXeonプロセッサーと豊富なインターフェースを搭載したデュアルプロセッサー対応のワークステーションです。高い並列処理能力を活かし、ディープラーニングなど、プロフェッショナルにパワフルなパフォーマンスを提供します。

また、グラフィックボードとして「NVIDIA Quadro GV100」を2基標準搭載。VoltaアーキテクチャGPUを採用するQuadro GV100を搭載しており、CUDAコア5,120基と広帯域の積層メモリ HBM2 32GBに加え、Tensorコア640基を搭載し、ディープラーニングプラットフォームにおいて、ニューラルネットワークのトレーニングにおける演算処理の加速化を実現します。

本組み込みモデルは、コンテナ型仮想環境であるDockerに、ディープラーニング向けの各種フレームワークをパッケージングしており、プリインストールしたNVIDIA-Docker 2.0により、デプロイ及び運用が行える環境を提供いたします。また、ご安心してお使いいただけるよう日本語ユーザーマニュアルも同封しており、初心者でもすぐにお使いいただけます。ディープラーニング向けのワークステーションをお探しのお客さまはぜひ当社までお問い合わせください。

ディープラーニング向けのアスク推奨モデルとして、レノボ社製ワークステーション ThinkStation P920とNVIDIA Quadro GV100の組み込みモデルを発売

見積依頼や製品に関するお問い合わせ

見積依頼や製品に関するお問い合わせについてはこちらのページよりお願いいたします。

製品仕様

OS Ubuntu Server 16.04(UIなし)+OpenSSH Server
ソフトウェア NVIDIA Driver 936、CUDA 9.2、cuDNN 7.1、Docker、NVIDIA-Docker 2.0
フレームワーク TensorFlow、Caffe、Caffe2、Mxnet、CNTK、PyTorch、NVIDIA DIGITS
CPU インテル Xeon Gold 5122 プロセッサー×2
GPU NVIDIA Quadro GV100×2
チップセット インテル C621チップセット
メモリ 8GB×12 PC4-21300 DDR4-2666 ECC RDIMM
ストレージ 512GB SSD(OPAL)
2TB HDD(7,200rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
インターフェース USB 3.0×8(前面×4、背面×4)
USB 2.0×2(背面×2)
PS/2ポート×2
ギガビットイーサネットRJ-45×2
マイク入力/ヘッドホン出力コンボジャック×1(前面)
マイク入力/ライン入力/ライン出力×各1(背面)
本体寸法 幅200×奥行620×高さ440mm
重量 約31kg(最大構成時)
主な付属品 キーボード、マウス、電源コード、接地(アース)端子付き電源プラグ、日本語ユーザーマニュアル、購入証明書

※ 製品仕様は予告なく変更になる場合があります。

製品の詳細について

製品の詳細については製品ページをご覧下さい。

●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
株式会社アスク エンタープライズ営業部
Webからのお問い合わせはこちら
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ ニュースリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。