ニュースリリース

News Releases

AJA Video Systems社、Ki Pro Ultra Plusの出荷を開始

AJA Video Systems社、Ki Pro Ultra Plus の出荷を開始

HDMI 2.0に対応したマルチチャンネルHDレコーダー & 4K/UltraHD/2K/HDレコーダー兼プレーヤー

カリフォルニア州グラスバレー(2017年6月22日) ─ AJA Video Systems社は本日、Ki Pro Ultra Plusの出荷を開始しました。Ki Pro Ultra PlusはHDMI 2.0(最大12ビットでキャプチャと出力が可能)を搭載しており、マルチチャンネルモードでは、1、2、3 もしくは4チャンネルを同時に最大1080 50/60pでHD収録可能です。シングルチャンネルモードでは、4K/UltraHD/2K/HDの収録とプレイバックが行えます。

NAB 2017で発表されたKi Pro Ultra Plusは、高画質で4K/UltraHDとHDビデオをキャプチャします。コーデックは、プロダクションで標準的に採用されているApple ProResとAvid DNxHD MXFに対応しています。

持ち運びしやすい2RUハーフラックサイズの筐体には、柔軟なI/Oによる拡張性と3G-SDIからHDMI 2.0やファイバーまでの範囲に対応する高い接続性が備わっています。

Ki Pro Ultra PlusはApple ProResファイルでHDの4チャンネル同時レコーディングが行えます。各チャンネルごとに圧縮プロファイルを個別に選択できます。収録メディアにはAJA Pak 1000、512、256 SSDを使用します。また、eSATAオプションも使用可能です。

さらにキャプチャ中もそれらのチャンネルをKi Pro Ultra PlusのLCDスクリーン上に4分割表示し、モニタリングが行えます。それらはHDMI、SDI、ファイバー、デバイスのウェブベースのUIに出力可能です。

---

詳しくは下記ニュースリリースをご覧ください。

AJA 社、Ki Pro Ultra Plus の出荷を開始

●AJA Video Systems社 概要
放送およびポストプロダクション向けデジタルビデオソリューションメーカーであるAJA Video Systems(エイ・ジェイ・エイ・ビデオシステムズ)社は、放送用ビデオ機器産業が集積する米国カリフォルニア州グラスバレーに1993年に設立されました。PCIおよびFireWire接続の非圧縮ビデオキャプチャデバイス等のデスクトップビデオ製品、クオリティの高さで定評を獲得したビデオコンバーターを設計・製造しています。
メーカーウェブサイト:http://www.aja.com/
メーカー日本語ウェブサイト:http://www.aja-jp.com/
●アスク メディア&エンタープライズ事業部 概要
アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。映像関連市場に於いて、リーディングカンパニーになることが私たちの目標です。
常に【お客様の立場で考えること】をモットーに、質の高いサービス、魅力的な製品を追い続け、現場でのシステム運用効率の向上にも貢献すべく、ソリューション開発を進めていきたいと考えています。
ウェブサイト:http://www.ask-media.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
AFC(AJA Fulfillment Center / エイジェイエイフルフィルメントセンター)
メールアドレス: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL:0120-973-562、FAX:03-6913-9590
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ ニュースリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。