製品レポート

実はカンタン!PS4のSSD化

SSDを内蔵すれば起動もロードも高速に!

PS4の高速化なら内蔵HDDをSSDに交換するのがオススメ!

ゲームの起動時間やロード時間が短縮

ゲームの起動時間やロード時間が短縮

ゲームによっては半分以下のロード時間に

PS4自体の起動時間も高速になる

PS4自体の起動時間も高速になる

外付けSSDでは起動時間までは高速化できない

必要なものは3つ

Crucial MX500

1. 2.5インチでSerial ATA接続のSSD(厚さ9.5mm以下、160GB以上)

2. USBメモリ(セーブデータやシステムソフトウェア保存用)

3. パソコン(システムソフトウェアダウンロード用)

手順は大きく分けて5ステップ

1. USBメモリにセーブデータをバックアップ【重要】

注意点はUSBメモリのファイルシステム

注意点はUSBメモリのファイルシステム。NTFSの場合はパソコンでFAT32かexFAT形式にフォーマットする

USBメモリの容量はセーブデータだけなら4~8GB程度で十分

2. パソコンでシステムソフトウェアをダウンロードしてUSBメモリにコピーする【重要】

ポイントはセーブデータをバックアップしたUSBメモリを使うこと

ポイントはセーブデータをバックアップしたUSBメモリを使うこと。PlayStation4 システムソフトウェア アップデートのサイトにアクセスして「アップデートファイル(再インストール用)」をダウンロードする

USBメモリの「PS4」フォルダ内に「UPDATE」フォルダを作る

USBメモリの「PS4」フォルダ内に「UPDATE」フォルダを作る

ダウンロードした「PS4UPDATE.PUP」ファイルを「UPDATE」フォルダにコピー

ダウンロードした「PS4UPDATE.PUP」ファイルを「UPDATE」フォルダにコピー

3. PS4内蔵のHDDを取り出し、SSDに交換して戻す

PS4の外装を外す
PS4内蔵のHDDを取り出す
HDDをドライブトレイから外す
SSDに交換する

4. PS4の初期化とシステムソフトウェアのインストールを実行

PS4にUSBメモリとUSBケーブルでコントローラを接続してから電源を入れる

PS4にUSBメモリとUSBケーブルでコントローラを接続してから電源を入れる

システムソフトウェアのインストールにはUSBメモリのほか、コントローラをUSBケーブルで接続しておく必要がある

5. バックアップしたセーブデータをPS4本体に戻す

USBメモリに保存したセーブデータを本体のSSDにコピーする。アプリやダウンロード購入したゲームの再インストールも簡単に行える

これでSSDへの換装は完了

ゲームソフトやアプリを再インストールして完全に元の環境に戻しましょう

実際どれぐらいの効果があるのか?

PS4の起動時間

PS4の起動時間

Marvel's Spider-Manの起動時間とロード時間

Marvel's Spider-Manの起動時間とロード時間

グランツーリスモSPORTの起動時間とロード時間

グランツーリスモSPORTの起動時間とロード時間

エースコンバット7の起動時間とロード時間

エースコンバット7の起動時間とロード時間

パソコンのHDDをSSDに換装する記事も公開中です
レビュー記事を見る ≫

(c)DOS/V POWER REPORT

※ 本記事は執筆時の情報に基づいており、販売が既に終了している製品や、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

関連記事のご紹介

関連記事の一覧を見る