Stereolabs

ニューラルネットワークによる次世代の深度センシングを実現。IMU、気圧計、磁力計のマルチセンサーを搭載するステレオカメラ

  • ニューラルネットワークにより次世代の深度センシングを実現
  • IMU、気圧計、磁力計のマルチセンサーを搭載
  • 120度の広視野角に対応
  • 最大解像度4416×1242に対応
  • 最大深度20mまで感知可能
  • より精度が向上したポジショントラッキング
  • 温度センサーを備えたアルミニウムフレーム
  • Windows、Ubuntu、CentOS、Debian、Jetsonに対応
  • UnityやUnreal Engineなどのサードパーティ製ソフトをサポート

型番:ZED2

JANコード:4537694278409


製品特徴

ニューラルネットワークにより次世代の深度センシングを実現

ステレオマッチング用の軽量ニューラルネットワークにより、次世代の深度センシングを実現。最大解像度4416×1242、深度20mまでのマッピングに対応するほか、絞り値F1.8の光学補正レンズを採用することにより、暗い環境でも多くの光を取り込むことが可能です。

ニューラルネットワークにより次世代の深度センシングを実現

IMU、気圧計、磁力計のマルチセンサーを搭載

IMU、気圧計、磁力計を搭載しており、リアルタイムでデータを取得。120度の広視野角と高度なマルチセンサーにより、ポジショントラッキングの精度を向上させています。

IMU、気圧計、磁力計のマルチセンサーを搭載

温度センサーを備えたアルミニウムフレーム

堅牢性を高めるアルミニウムフレームを採用。温度センサーを備えており、焦点距離やモーションセンサーの偏りの原因となる、カメラの加熱状態を監視することが可能です。

温度センサーを備えたアルミニウムフレーム

製品概要

製品名 ZED 2 Stereo Camera
出力解像度(サイドバイサイド形式) 2.2Kモード:4416×1242(15fps)
1080pモード:3840×1080(30/15fps)
720pモード:2560×720(60/30/15fps)
WVGAモード:1344×376(100/60/30/15fps)
録画フォーマット H.264、H.265のネイティブ解像度、またはロスレス形式
深度範囲 0.2~20m
深度フレームレート 最大100Hz
最大視野角 120°(D)×110°(H)×70°(V)
モーションセンサー 加速度センサー、ジャイロスコープ(データレート:400Hz)
ポジションセンサー 気圧計、磁力計(データレート:25/50Hz)
レンズ絞り値 F1.8
イメージセンサー 1/3インチ 400万画素 CMOS
インターフェース USB 3.0
電源 USB 5V 380mA
動作温度 -10℃~50℃
本体サイズ 175×30×33 mm
重量 約124g
対応OS Windows 7/8/10、Ubuntu 16/18、CentOS、Debian、Jetson L4T
対応サードパーティ製ソフトウェア Unity、Unreal Engine、OpenCV、ROS、TensorFlow、PyTorch、Docker、MATLAB、PCL、C++、Python
SDK最小システム要件 2.3GHz デュアルコア
4GB RAM
Nvidia GPU with compute capability 3.0
付属品 クイックスタートガイド、ミニ三脚
型番 ZED2
JANコード 4537694278409
アスクコード CM538
発売時期 2020年 1月

※ 記載された製品名、社名等は各社の商標または登録商標です。

※ 仕様、外観など改良のため、予告なく変更する場合があります。

※ 製品に付属・対応する各種ソフトウェアがある場合、予告なく提供を終了することがあります。提供が終了された各種ソフトウェアについての問い合わせにはお応えできない場合がありますので予めご了承ください。

●Stereolabs社 概要
Stereolabs社は、ステレオビジョンに基づく3D深度とモーションセンシング技術のリーディングプロバイダです。VR/ARデバイスからロボットまで、日常生活を支える空間認識アプリケーションを開発する様々な業界の開発者たちをサポートしています。
メーカーウェブサイト:https://www.stereolabs.com/

関連製品のご紹介

関連製品の一覧を見る

製品に関するご質問や納期のご確認、お見積り依頼など、お気軽にお問い合わせください

ご購入前のお問い合わせお問い合わせ一覧を見る