Hover Camera Passport 飛行に関するご注意

ご利用時に必ずご確認ください

航空法について

Hover Camera Passportは、国内規定重量である200g以上のため、ご利用の際には国土交通省の定めた航空法を守る必要があります。もし、航空法の規則違反をした場合には、50万円以下の罰金が課されることがあります。下記をご理解のうえ、自己責任のもと、法令を遵守しながら安全に飛行させてください。

下記は、Hover Camera Passportを含めた、一般的なドローンに全て当てはまる飛行に関する規則です。

次の空域でのフライトは原則禁止となります。

  • 空港周辺の空域
  • 地表又は水面から150m以上の高さの空域
  • 国勢調査を基にした人口集中地区の空域

上記に関しては、飛行させる場合、予め空域を管轄する航空局長の承認を受ける必要があります。

空域の確認について

飛行させる場所が人口集中地区かどうかに関しては、「地理院地図」で確認することが可能です。

空港周辺や高度150m以上を飛ばす場合、空港等設置管理者及び空域を管轄する機関の確認、管理者等の承認も必須。私有地の空域も、航空法が適用されます。

※ 体育館などの屋内や全面を網などで囲っている場所においては、航空法の規制の対象外。

飛行の条件について

ドローンをフライトさせる場合には次のルールを遵守してください。

  • 日中飛行が原則(夜間フライトは禁止)
  • 目視範囲内でのみ飛行可(目視不可の場合飛行禁止)
  • 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)の距離は30m以上を保つ
  • 祭礼、縁日など多数の人が集まる催し(イベント)の上空で飛行禁止
  • 爆発物など危険物を輸送禁止
  • 無人航空機から物の投下は禁止

より詳細な内容を確認したい場合は、下記のリンクをご参照ください。

無人航空機(ドローン、ラジコン等)の飛行に関するQ&A - 国土交通省

※ 本掲載事項は2017年5月現在のものです。最新の規制法令内容に関しましては国土交通省のホームページに記載されております、「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」の当該項目を必ず参照してください。

※ 当社では本製品を違法に運用したことによる損害、損失等に関しまして一切責任を負いません。必ず関連法令を遵守のうえ、ご利用ください。