GeForceシリーズ グラフィックボード

ELSA GeForce GTX 1650 S.A.C DDR6

ELSA

NVIDIA GeForce GTX 1650を搭載。GDDR6メモリを搭載しオリジナルファン「S.A.C」を採用する省スペースモデルのグラフィックボード

  • NVIDIA GeForce GTX 1650搭載
  • 静音性に優れたオリジナルS.A.Cファンを搭載
  • ボード全長が約146mmの省スペースモデル
  • コアベースクロック 1,410MHz
  • ブーストクロック 1,590MHz
  • メモリクロック 12,000MHz
  • 4GB GDDR6 128bitメモリ搭載
  • DisplayPort×2、HDMI 映像出力端子装備
  • 補助電源が不要な省電力設計
  • 自動オーバークロック機能「GPU Boost 4.0」に対応
  • NVIDIA Ansel、G-SYNC対応
  • DirectX 12、OpenGL 4.6、Vulkanをサポート

型番:GD1650-4GERSD6

JANコード:4524076041225

最新ドライバダウンロード


製品特徴

新世代のエントリーGPU、GeForce GTX 1650を搭載

896ユニットのCUDAコアを搭載するTuringアーキテクチャのエントリーGPU「GeForce GTX 1650」を搭載。高速なGDDR6メモリを新たに採用し、優れた電力効率ながら高いゲーミングパフォーマンスを発揮。VR環境をはじめ、超高解像度モニターやマルチモニター環境において卓越したゲーミング体験を実現します。

新世代のエントリーGPU、GeForce GTX 1650を搭載

静音性に優れたオリジナルS.A.Cファンを搭載

静音性に優れたオリジナルファン「S.A.C(Silent Air Cooling)」を搭載。高い冷却性能により、最大限のグラフィックパフォーマンスを発揮します。

静音性に優れたオリジナルS.A.Cファンを搭載

ボード全長が約146mmの省スペースモデル

基板サイズを小型化することでボード全長が約146mmとコンパクトなサイズを実現。多くのPCケースへの取り付けに対応するほか、スペースが限られている小型PCへの組み込みにも最適なモデルとなっております。

ボード全長が約146mmの省スペースモデル

ゲーミング環境に必要な機能をサポート

ディスプレイ出力端子にDisplayPort×2、HDMIを搭載し、3画面出力に対応しています。また、パワフルなゲームキャプチャツール「Ansel」、ディスプレイ同期技術である「G-SYNC」などをサポート。ゲーミング環境に必要な機能を備えています。

ゲーミング環境に必要な機能をサポート

製品概要

製品名 ELSA GeForce GTX 1650 S.A.C DDR6
GPU NVIDIA GeForce GTX 1650
CUDAコア 896ユニット
メモリ GDDR6 4GB
メモリインターフェース 128ビット
コアベースクロック 1,410MHz
ブーストクロック 1,590MHz
メモリクロック 12,000MHz(データレート)
バスインターフェース PCI Express 3.0 x16
ディスプレイ出力端子 DisplayPort 1.4a×2、HDMI 2.0b×1
補助電源 なし
消費電力 最大75W
外形寸法 146×111×41mm
付属品 日本語インストールガイド
日本語ユーザーマニュアル
日本語保証書
型番 GD1650-4GERSD6
JANコード 4524076041225
アスクコード VD7315
発売時期 2020年 7月3日

※ 記載された製品名、社名等は各社の商標または登録商標です。

※ 仕様、外観など改良のため、予告なく変更する場合があります。

※ 製品に付属・対応する各種ソフトウェアがある場合、予告なく提供を終了することがあります。提供が終了された各種ソフトウェアについての問い合わせにはお応えできない場合がありますので予めご了承ください。

●株式会社 エルザジャパン 概要
1997年12月26日に設立。 エルザジャパンは、プロフェッショナル及びコンシューマ向け3次元グラフィックボード、ならびにマルチメディア関連製品の販売、サポートのほか、CAD/DCC/VR及びゲーム等を扱う各種ISVベンダーとのリレーション構築を積極的に展開しています。
メーカーウェブサイト:http://www.elsa-jp.co.jp/

関連製品のご紹介

関連製品の一覧を見る

製品に関するご質問や納期のご確認、お見積り依頼など、お気軽にお問い合わせください

ご購入前のお問い合わせお問い合わせ一覧を見る