ニュースリリース

News Releases

SUNIX社製のUSB 3.1増設用インターフェイスボード「USB2311C」と「USB2312」の2製品を発表

株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は、SUNIX製のUSB 3.1インターフェイスボード「USB2311C」と「USB2312」の2製品を発表いたします。

2製品共に、ASMedia社製のコントローラーチップ「ASM1142」を採用し、最大転送速度10Gbpsの最新規格となるUSB 3.1ポートを搭載。USB 3.0及びUSB 2.0/1.1と下位互換性を持ち、対応デバイスを接続することで、高速なデータ転送を実現するインターフェイスボードです。

ラインナップは、上下どちら向きでも挿すことができる、USB 3.1 Type-Cポートを1基搭載した「USB2311C」と、USB 3.1 Type-Aポートを2基搭載した「USB2312」をご用意。また、それぞれのモデルには省スペースPC向けのロープロファイルブラケットを付属しており、さまざまなタイプのパソコンに搭載することが可能。オフィスやリビング、産業用途まで幅広くご活用いただけます。

USB2311C、USB2312 製品画像

製品概要

製品名 USB3.1 Type-C PCI Express 1ポートカード USB3.1 Type-A PCI Express 2ポートカード
型番 USB2311C USB2312
JANコード 4537694199216 4537694199223
アスクコード IO1790 IO1791
予想市場価格 7千円前後(税別) 7千円前後(税別)
発売時期 2015年 4月下旬予定 2015年 4月下旬予定

製品の詳細について

製品の詳細については製品ページをご覧下さい。

製品の高解像度画像はこちらからダウンロード可能です。

●SUNIX社 概要
SUNIXは、1986年に設立され長年にわたり、I/Oコントローラカードの技術を研究開発してきました。そしてSUNIXはヨーロッパの市場で自己のブランド名においてコントローラカードを売り出しています。SUNIXがそれぞれに築き上げた品質、技術、およびあらゆるカードの一つ一つが「ゴールデンカード」と呼ばれています。 SUNIXは日本のみから輸入された高品質の染料を使用しています。優れた技術により基盤からの熱を消散する際に染料は自然な金色の輝きをカードに与えます。その結果、カードの信頼性を上げるゴールデンカードと呼ばれています。
メーカーウェブサイト:http://www.sunix.com.tw/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:鈴木 雄一
メールアドレス:
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。