ニュースリリース

News Releases

AJA Video Systems社、Inter BEE 2016 出展のお知らせ

AJA Video Systems社、Inter BEE 2016 出展のお知らせ

AJA Video Systemsは、2016年11月16日から18日まで、幕張メッセにて開催される「Inter BEE 2016」に出展いたします。

本年度のAJAブース(Hall 7, ブース No 7305)では、HDR(CTA-861.3)対応のビデオカード「KONA 4」と「Io 4K」を含む最新のワークフロー展示や「KONA IP」によるVideo over IPソリューションといった、これからのビデオワークフロー構築に役立つ多数の製品を展示し、デモを行います。

撮影・HDBaseT コーナーでは、AJA初のカメラ製品「CION」やHDBaseT対応のコンパクトブロックカメラ「RovoCam」を展示、ファイルベース収録/再生コーナーでは、アップデートによりExFATファイルシステムやDNxHDコーデックでの収録も可能となった 4K/UltraHD 60p対応レコーダー&プレイヤー「Ki Pro Ultra」を展示します。

また、4K編集/ストリーミングコーナーでは、4K60p編集ターンキー・システムやAJAのビデオI/Oデバイスを使用した様々なソリューションを展示いたします。H.264収録と配信を同時に可能にするAJAの新製品「HELO」はこちらのコーナーでご覧いただけます。

AJAの真骨頂であるコンバーターコーナーは、4K対応製品をメインにAJAの豊富なラインナップを持つミニコンバーターを一挙に展示いたします。

ラックマウントコンバーターコーナーでは、IBC 2016で発表されたばかりの64入力/64出力のSDIルーター「KUMO 6464」や SD/HD⇔UltraHD/4K のあらゆるコンバート機能に加え、4系統の 3G-SDIをそれぞれ独立して変換、制御できるマルチチャンネルモードを搭載したコンバーター製品のフラッグシップモデル「FS4」を実際にモニタリングしながら操作できる環境で展示いたします。

この機会に是非、AJAブースに足をお運びください。

---

詳しくは下記ニュースリリースをご覧ください。

AJA 社、Inter BEE 2016 の出展概要


●AJA Video Systems社 概要
放送およびポストプロダクション向けデジタルビデオソリューションメーカーであるAJA Video Systems(エイ・ジェイ・エイ・ビデオシステムズ)社は、放送用ビデオ機器産業が集積する米国カリフォルニア州グラスバレーに1993年に設立されました。PCIおよびFireWire接続の非圧縮ビデオキャプチャデバイス等のデスクトップビデオ製品、クオリティの高さで定評を獲得したビデオコン バーターを設計・製造しています。
メーカーウェブサイト:http://www.aja.com/
メーカー日本語ウェブサイト:http://www.aja-jp.com/
●アスク メディア&エンタープライズ事業部 概要
アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。映像関連市場に於いて、リーディングカンパニーになることが私たちの目標です。
常に【お客様の立場で考えること】をモットーに、質の高いサービス、魅力的な製品を追い続け、現場でのシステム運用効率の向上にも貢献すべく、ソリューション開発を進めていきたいと考えています。
ウェブサイト:http://www.ask-media.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
AFC(AJA Fulfillment Center / エイジェイエイフルフィルメントセンター)
メールアドレス: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL:0120-973-562、FAX:03-6913-9590
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。