ニュースリリース

News Releases

分散型のIrayレンダリングを提供するソフトウェア、NVIDIA社製「Iray Server」をプリインストールしたサーバー製品「AGS Iray」シリーズの取り扱いを開始

株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は、NVIDIA社製の分散型Irayレンダリングを提供する「NVIDIA Iray Server」をプリインストールし、NVIDIA社の認定プログラムに合格したサーバー製品「AGS Iray」シリーズの取り扱いを開始したします。

NVIDIA Irayは、光や物体の挙動をシミュレーションしながらも、写真のようにリアルな画像を素早く生み出すことができる物理ベースのレンダリングテクノロジーで、従来の製造用レンダラーとは異なり、Irayは実際の世界の挙動を反映する効果を生み出します。デザイナーがフォトレアリスティックな効果を素早く実現するために、コンピュータグラフィックス技術の専門知識は不要です。

NVIDIA Iray Serverは、ネットワークに接続されたマシーンに分散型のIrayレンダリングを提供するソフトウェアソリューションで、NVIDIA Iray Serverで作動する全ての機器がお互い調和して動作し、画像のレンダリングに必要な時間を削減します。これにより、レンダーファームは1台の機械でわずかな時間内にポスターサイズの画像を処理することができます。また中央管理コンソールは、以前の仕事を調整して戻す能力を備えているため、既に送信した作品を柔軟に制御することもでき、NVIDIA Iray ServerはIrayアプリケーションにブリッジして、シーンを操作する時にレンダリング済みの結果をストリームすることで製作プロセスをスピードアップすることも可能です。

このたび、当社が取り扱いを開始する「AGS Iray」シリーズは、品質に厳格なデザイナーや視覚効果の専門家のために設計されたサーバーをベースに採用し、NVIDIA社の厳格な認定プログラムに合格した製品となります。NVIDIA社の認定プログラムは、分散型のIrayレンダリングが高品質かつ安定して動作するために必要なテストを実施することで、必要とされる高パフォーマンスが発揮するかをテストしています。

「AGS Iray」シリーズは、ユーザーが必要とする任意のマルチGPUレンダリングワークフローの為に比類ないパフォーマンスと安定性を実現します。

AGS Irayシリーズ 製品画像

NVIDIA Iray Server 製品画像

製品概要

システム AGS IRAY BXシステム AGS IRAY SMシステム
CPU Core i7またはXeon E5-2600v4 x2 Xeon E5-2600v4 x2
メモリ 288DIMM DDR4 32GB~256GB 288DIMM ECC DDR4 64GB~512GB
HDD 3.5インチ 1TB~4TB 3.5インチ 1TB×2 ~4TB×2
SSD 2.5インチ 120GB~480GB 2.5インチ 120GB~480GB
ODD DVD+-R/W DL writer
PSU 1500W 2000W Redundant
GPU NVIDIA Quadro P6000×2~4またはNVIDIA Quadro P5000×2~4
(※構成により画面表示用GPUが必要になる場合があります)
OS Windows 10 Home 64bit、Windows10 Professional 64bit、Linux
保守 3年センドバックまたは3年オンサイト

※ 製品構成や価格に関しましては弊社までお問い合わせください。

製品の詳細について

製品の詳細については製品ページをご覧下さい。

●NVIDIA社 概要
1993年以来、NVIDIA(NASDAQ: NVDA)は、ビジュアル・コンピューティングという芸術的な科学の世界をリードしてきました。ゲーミング、自動車、データセンターおよびプロフェショナル・ビジュアリゼーションの分野で特化したプラットフォームを提供し続けています。NVIDIAの製品は仮想現実、人工知能、自律走行車の開発においても最新の技術を提供しています。
メーカーウェブサイト:http://www.nvidia.co.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:鈴木 雄一
メールアドレス:
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。