ニュースリリース

Autodesk製の3Dアニメーションソフトウェア「Maya」に対応したNVIDIA Iray用プラグインの取り扱いを開始

株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は、Autodesk社製の3Dアニメーションソフトウェア「Maya」に対応したNVIDIA Iray用プラグインの取り扱いを開始いたします。

NVIDIA Irayは、光や物体の挙動をシミュレーションしながらも、写真のようにリアルな画像を素早く生み出すことができる物理ベースのレンダリングテクノロジーです。Maya用のプラグインはQuadroやQuadro VCAに接続することで、限界まで高速になったレンダリングを実現することが可能。最先端のワークフローを皆さまにご提供いたします。

Mayaに対応したNVIDIA Iray用プラグイン 製品画像

製品概要

製品名 Iray Plug-in software for Maya 2016
型番 716-70000-IRY0-001
JANコード 2000190610230
アスクコード SF1023
発売時期 2016年 1月中旬

※ 価格については弊社までお問い合わせください。

製品の詳細について

製品の詳細については製品ページをご覧下さい。

製品のトライアル申込については下記ページをご覧下さい。

●NVIDIA社 概要
1993年以来、NVIDIA(NASDAQ: NVDA)は、ビジュアル・コンピューティングという芸術的な科学の世界をリードしてきました。ゲーミング、自動車、データセンターおよびプロフェショナル・ビジュアリゼーションの分野で特化したプラットフォームを提供し続けています。NVIDIAの製品は仮想現実、人工知能、自律走行車の開発においても最新の技術を提供しています。
メーカーウェブサイト:http://www.nvidia.co.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:鈴木 雄一
メールアドレス:
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。