ニュースリリース

News Releases

SASハードディスクを1ペタバイト搭載したHigh-availability構成対応のSynology社製NASの販売を開始

株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は、SASハードディスクを大容量1ペタバイト搭載しHigh-availability構成に対応したSynology社製NASの販売を開始いたします。

Synology社製クラスタ接続High-Availability専用機、NASヘッド「RackStation RC18015xs+」、ストレージユニット「RXD1215sas」をHigh-Availability構成で、HGST社Ultrastar He8 SASハードディスクをトータル1ペタバイト(1PB)搭載したモデルとなります。

RackStation RC18015xs+、RXD1215sas 製品画像

  • NASヘッド:RackStation RC18015xs+(2台)
  • SAS接続拡張ユニット:RXD1215sas(11台)
  • SASハードディスク:HGST社Ultrastar He8(8TB、126個)

※NASヘッドはIntel Xeon E3-1230 v2 3.3GHzクアッドコアCPU、メモリ32GB、10Gネットワーク搭載


本モデルは、クラスタ接続を行うHigh-Availability専用機となっており NASヘッドである1Uの「RackStation RC18015xs+」は、標準で2台構成であり、 アクティブ/パッシブサーバーの自動フェイルオーバーを提供することで継続的なデータ運用を実現します。それに繋がる2Uサイズの拡張ユニットである、「RXD1215sas」は共有のストレージプールとなり、このモデルでは、拡張ユニットは11台が含まれます。

また、拡張ユニットに搭載されるHDDは、信頼性が高いSASタイプを採用。ヘリウムプラットフォームで7枚のディスクを搭載した7Stacデザインにて業界をリードするHGST社Ultrastar He8(8TB HDD)を拡張ユニット内に126個搭載し、トータルのHDD容量は1ペタバイトとなります。

尚、「RackStation RC18015xs+」は、特定した時点のデータを復元するスナップショットテクノロジーのほか、最新のストレージ技術が採用されたBtrfsファイルシステムに対応しており、ユーザーアカウントに加え、共有フォルダの割り当て容量の調整、内蔵データの整合性チェックなどの機能をご利用いただけます。

弊社では、お客様のご利用用途やシステム環境に合わせたSynology社のNAS製品のご提案やオンサイト保守サービスのご相談にも対応させていただいておりますので、是非、NAS製品のご導入に関しましては弊社までご相談ください。

High-Availability

※尚、1ペタバイト構成は、共有ストレージが11ユニットで構成されます。

製品概要

製品名 RackStation RC18015xs+ 1008TB(HGST He 8TB SAS x126搭載) 5年保証NAS
型番 2RC18015xs+/11RXD1215sas8TBHe1265YSBKIT/32GM/10Gb
発売時期 2015年 7月上旬

※ 価格については弊社までお問い合わせください。
※ Synology社製品の標準保守は5年保証(センドバック)ですが、オンサイト保守保証にアップグレードできます。
※ 設置費用に関しましては別途お見積りが可能です。

製品の詳細について

製品の詳細についてはメーカー製品ページをご覧下さい。

製品の高解像度画像はこちらからダウンロード可能です。

●Synology社 概要
Synology(シノロジー)社は、2000年に設立し、性能と信頼性に優れ、環境にやさしいNASサーバーを開発しており、幅広い製品ラインナップを取り揃えております。手軽で効果の高いソリューションと、信頼できるカスタマーサービスを通じて、すべてのユーザーに多用な選択肢を提供しています。
メーカーウェブサイト:http://www.synology.com/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:鷲見 和洋
メールアドレス:
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。