ニュースリリース

News Releases

仮想化向けPCIe-SSDキャシュソリューション、OCZ VXL Storage Acceleratorを「vForum 2013」に出展いたします

~ 仮想化向けPCIe-SSDキャッシュソリューションをご紹介 ~

株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は、OCZ Technology社の仮想化向けPCIe-SSDキャッシュソリューション製品「OCZ VXL Storage Accelerator」を、11月6日(水)と7日(木)に、ザ・プリンスパークタワー東京にて開催される「vForum2013」に出展し、ご来場者にご紹介いたします。OCZブースは、Solution Showcase会場のサーバ仮想化ゾーン「VS22」になります。是非、お立ち寄り頂き、OCZ VXL Storage Acceleratorの特長と性能をご覧ください。

OCZ VXL Storage Acceleratorは、仮想化サーバに搭載したPCIe-SSD製品、OCZ Z-Drive R4を仮想化ゲスト群に対するキャッシュとして使用することで、仮想化システムのボトルネックとなるストレージアクセスの負荷を軽減し、高速I/Oと低レイテンシを実現。サーバリソースを効率良く使用することを可能とする仮想化アプライアンス製品になります。

OCZ VXL Storage Accelerator

vForum2013 開催概要

イベント名 vForum 2013 ビジネスを変える、働き方を変える、常識を超える。
開催日 2013年 11月6日(水)~7日(木)
会場 ザ・プリンスパークタワー東京
〒108-8563 東京都港区芝公園4-8-1(アクセスマップ
主催 ヴイエムウェア株式会社
協力 日本仮想化技術株式会社
構成 ゼネラルセッション、ブレイクアウトセッション、ランチョンセッション、
ハンズオンラボ、Solutions Showcase(展示、テクノロジーシアター)
参加対象 ITユーザ企業および官公庁/団体における役員クラスの方、
情報システム関連部門のマネージャ、IT担当者、システム開発者
OCZ社ブース番号 VS22(Solution Showcase会場)
イベント詳細ページ http://vforum.jp/

製品の詳細について

製品の詳細については製品ページをご覧下さい。

●OCZ Storage Solutions社 概要
東芝のグループ会社であるOCZ Storage Solutions(以下OCZ社)は、東芝社製NAND型フラッシュメモリ技術とSSD市場において実績のあるOCZ SSD製品の特長を組合せ、革新的で競争力のあるSSD製品を開発しています。OCZ社は、ハイスピードメモリ製品での専門技術を有しており、今後市場の拡大が見込まれるSSD市場で、最先端の製品を開発し市場に投入していくことが期待されています。
メーカーウェブサイト:http://ocz.com/
●エンタープライズ向けストレージの導入をご検討中の皆さまへ
アスクが提供するエンタープライズ用途のストレージ製品とソリューションを提案する為のプロジェクト「ASK Enterprise Storage(AES)」もご覧ください。冗長化のためのRAIDコントローラーやパフォーマンスを加速させる為のフラッシュストレージ製品を、クラウド環境やデータベース、仮想化サーバーやハイパフォーマンスコンピューティングなど、用途に合わせてお客様の製品やサービスの付加価値を高めるためにあらゆる階層のストレージをご提案させていただきます。
製品紹介ページ:http://www.ask-corp.jp/aes/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:山本 操
メールアドレス:
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。