ニュースリリース

News Releases

大切な思い出を手軽にデジタル保存! アナログビデオをデジタル保存できるビデオキャプチャーユニット、AVerMedia社製「キオクのひきだし AVT-C293」を発表

株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は、AVerMedia社製のビデオカセットテープや、8mm/DVビデオテープなどのアナログビデオを、パソコンを介さずに手軽にデジタルデータに変換し、HDDに保存できるビデオキャプチャーユニット「キオクのひきだし AVT-C293」を10月中旬に発売いたします。

「キオクのひきだし AVT-C293」はVHSやベータ、8mm、miniDVなど、古いビデオテープに眠ったままの記録を、デジタルデータとしてダビング。子供の成長記録や海外旅行の思い出など、たいせつな記憶の数々を、いつでも見られるようにします。

本体には、2.5インチ内蔵HDDと、USB HDDの2種類のストレージ(HDDは別売)をサポートし、お手持ちのビデオ機器と組み合わせることで、アナログビデオをデジタルデータに変換し、本機のHDDに保存します。その操作は、いくつかのステップを付属のリモコンで操作するだけのカンタン操作。また、本機とビデオ機器のケーブル接続方法などもイラストで表示するなど、機械が苦手な方でも、大切な記憶をデジタル保存してもらえるように、ユーザーインターフェースを工夫しています。

デジタル変換された録画データは、もともとの撮影日時などで管理でき、お子様の成長記録などの整理にも最適です。むろん、ファイル名や家族、個人などの分類ごとに整理することもできます。また、リモコン操作一つで、録画データ内の気に入った場面をキャプチャし、写真データとして保存することもできます。

本製品には、録画データの編集機能はありませんが、昔ながらのダビングの手法で、一時停止機能を使って撮影したい映像だけ録画することで、簡易編集が可能です。また、本製品のビデオデータはMP4形式で保存されるため、内蔵HDDからUSB HDDやUSBメモリに録画データをコピーすることで、パソコンでの再生や編集も可能になります。

本製品の映像入力は、コンポジットとS端子の2系統で、出力はHDMIとD端子(D4/D5対応)をサポート。本体サイズは幅190x奥行き152.5x高さ33.5mmで、その消費電力は4W(本体のみ)と、省電力性にも優れています。

キオクのひきだし AVT-C293 製品画像

製品概要

製品名 キオクのひきだし AVT-C293
型番 AVT-C293
JANコード 4710710676841
アスクコード DV363
予想市場価格 2万円台前半
発売時期 2013年 10月中旬

製品の詳細について

製品の詳細については製品ページをご覧下さい。

製品の高解像度画像はこちらからダウンロード可能です。

●AVerMedia TECHNOLOGIES社 概要
AVerMedia TECHNOLOGIES社は、台湾に本社を構える、マルチメディアTVチューナー製品を中心に事業展開しております。現在世界75各国に商品を展開している、グローバル企業であります。技術、品質を重視した、技術集団のもと、顧客第一を実践しております。自社で設計、製造、品質管理を徹底し、"AVerMedia"ブランドのほかに、各OEM/ODMパートナーにも高い評価をいただいております。
メーカーウェブサイト:http://www.avermedia.com
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:平井 寿一
メールアドレス:
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。