ニュースリリース

News Releases

ATTO Technology社、Thunderbolt対応ストレージ「Thunderlink™」と「ThunderStream™」のWindows 7および8対応の正式認定を発表

ThunderLink™ & ThunderStream™ 製品画像

~ Windows 7/8環境でエンタープライズクラスのストレージと高速アクセスが可能に ~


ATTO Technology社は、同社の「Thunderlink™(サンダーリンク)」と「ThunderStream™(サンダーストリーム)」ストレージ接続製品が、Windows 7および8と、Thuderboltとの完全な相互運用性および認証を取得したことを発表しました。

認証を取得した製品には、ThunderlinkデバイスのThuderboltとファイバ・チャンネル対応モデル、SAS/SATA対応モデルおよびThunderStream RAIDストレージコントローラー(ThunderboltとSAS/SATA RAID接続対応のDesklinkデバイス)が揃います。

ATTO Desklinkデバイスは、次世代の高機能ストレージとThunderbolt対応のラップトップやウルトラブックといったモバイルPC製品を接続するネットワーク・コネクティビティを代表する製品で、プロフェッショナルがThunderbolt対応のモバイルPCプラットフォームで、ハイエンドのデータ集約型アプリケーションを利用することを可能にします。急速に進化する作業環境の要求に対応し、企業データセンターネットワークへのアクセスを可能にし、任意のプロトコルとホストに対応する汎用性を組み込んだ、市場で唯一のThunderboltコネクティビティ製品です。

ATTO Technology社は、エンタープライズ向けストレージにThunderbolt対応デバイスのアクセスを可能にする業界唯一のプロバイダーとして、Windows7および8プラットフォーム対応のソフトウェアベースの生産性およびパフォーマンス向上のためのソリューションを提供します。

認定取得した製品の詳細について

ATTO ThunderLink FC1082

Thunderboltとの外部ファイバチャンネルアダプターとなり、オールインワン・システムとモバイルPCを8Gb/sファイバ・チャンネルSANおよびストレージデバイスに接続します。デュアルポート構成の8Gb/sファイバ・チャンネルDesklinkデバイスは、高速I/OとスループットでビデオデータやITアプリケーションにアクセスすることができます。

ATTO ThunderLink SH1068

Thunderbolt対応プラットフォームをSAS/SATAストレージデバイスに接続します。さらにSASテープドライブはThunderStreamに接続してソフトウェアやLTFSテープアプリケーションのバックアップが可能です。

ATTO ThunderStream SC3808D

SAS/SATAディスクアレイへ独自のRAID保護を行います。ソフトウェアバックアップやLTFSテープアプリケーション用のテープデバイスを追加する際に効力を発揮します。

---

詳細な製品情報についてはメーカー製品ページをご覧下さい。

●ATTO Technology社について
ATTO Technology社は、大容量データを取り扱うことを必要とする各種ストレージとの接続機器やストレージインフラソリューションを提供する世界的メーカーです。様々なマーケットに対してデータバックアップや適切なデータ管理を実現するソリューションを提供しています。また、高速大容量転送が必要とされるマーケットにフォーカスしたストレージアダプタ、各種ホストバスアダプタ、ブリッジ装置も提供しています。企業向けのデータベースソリューションにも適応可能なストレージアプライアンス、RAID、iSCSIイニシエータソフトウェア等のプロダクトを提供しています。ATTO製品はOEM、代理店、SI業者を通じ世界中に販売されています。
メーカーウェブサイト:http://www.attotech.com/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:斉木 栄作
メールアドレス:
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。