ニュースリリース

News Releases

Cache-A社、新たなアーカイブアプライアンス ソフトウェア v3.1をIBCで発表

Cache-A

~ LTFS機能の更なる充実を図ると共にパフォーマンスと操作性が飛躍的に向上 ~

IBC 2012 アムステルダム(2011年9月7日)- Cache-Aは9月7日から11日までオランダアムステルダムで開催されていたIBC展示会で、同社のアーカイブアプライアンス製品群の新ソフトウェアアップデート v3.1を公開しました。この新たなソフトウェアのアップグレードは、64bitでの情報処理能力とLTFS (Linear Tape File System)機能の更なる充実を図ると共に、ユーザーからのフィードバックに基づいて追加された操作性関連の機能も加わり、アーカイブ、データへのアクセス、アーカイブコンテンツの共有が更に扱いやすくなりました。

v3.1 アップグレード (UG)は、デスクトップモデルのPrime-Cache5、フラッグシップモデルのPro-Cache5、高パフォーマンスモデルのPower-Cache、そしてフレキシブルなLibrary 24/48 オートメーションシステムを含む、全てのCahe-Aアーカイブアプライアンスに適応します。

v3.1 UGの主な特徴:64bit エンタープライズ仕様のCentOS 6.2リナックスオペレーティングシステム(OS)、 高速LTFSテープダビング機能、新たに加わった複数のLTFSテープを跨いだアーカイブ機能、そしてeメール通知機能、コマンドキュー(処理タスクリスト)マネージメント機能など、生産性と効率を高める操作性関連の追加機能などです。

---

詳しくは下記ニュースリリースをご覧ください。

Cache-A社、新たなアーカイブアプライアンス ソフトウェア v3.1をIBCで発表


●Cache-Aについて
Cache- A社は、放送・プロダクション・映画などの分野にフォーカスした、ネットワーク接続型アーカイブアプライアンス製品分野におけるリーディングカンパニーで す。Cache-Aのアーカイブアプライアンスは、LTO-5メディアと業界標準のLTFSやtarフォーマットを通じて、制作やポストプロダクションに おける素材からマスターまでの映像資産を容易にアーカイブすることができます。
ウェブサイト:http://www.cache-a.com/
●アスク メディア&エンタープライズ事業部 概要
アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。
ウェブサイト:http://www.ask-media.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:三沢 宙
メールアドレス:
TEL:03-5215-5676、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。