ニュースリリース

News Releases

AJA Video Systems社製テープレスメディアレコーダ「Ki Pro Mini」の期間限定キャンペーンを開催

AJA Video Systems社製テープレスメディアレコーダ「Ki Pro Mini」の期間限定キャンペーン

株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は、本日から3月末日まで、同社取扱いのAJA Video Systems社製テープレスメディアレコーダ「Ki Pro Mini」をご購入のお客様に、株式会社アイ・ディー・エクスによって製品化された専用アダプター「A-E2KPm」をセットにして提供する期間限定のキャンペーンを行います。キャンペーン期間中(3月5日〜3月31日)は、定価6万円のKi Pro Mini 専用アダプター「A-E2KPm」が実質無料で手に入りますので、この機会に是非、AJA製品取扱い販売店よりお買い求めください。

Ki Pro Miniは、 "Ki Pro"シリーズの中で、最もシンプル且つコンパクトなテープレスメディアレコーダです。あらゆるカメラからダイレクトにApple ProRes 422 HQ/LT/Proxyを含む4タイプのProRes収録が可能なため、Final Cut Studioなどでダイレクトに使用することができ、編集までのワークフローを単純化します。収録ファイルは、業界標準のコンパクトフラッシュ (CF)メディアにHFS+フォーマットで記録されるため、一般的なCFカードリーダでMacに接続することができます。Windowsで使用する場合は、HFS+を読み込み可能なソフトウェアツール(MacDriveなど)を使って接続します。

プロフェッショナルなデジタルビデオ制作のための小型フィールドレコーダとして設計されたKi Pro Miniは、SD/HD-SDI、HDMI入出力を装備しているため、収録はもちろん、モニタリングやLTCによるタイムコードの同期など、プロの撮影現場において重要な役割を担います。また、新たなファームウェア Ver 3.0のリリースにより、さらなる新機能を搭載したKi Pro Miniは、真のポータブル・デジタルキャプチャを可能にします。

---

キャンペーンの詳細については下記ニュースリリースをご覧ください。

AJA Video Systems社製テープレスメディアレコーダ「Ki Pro Mini」の期間限定キャンペーンを開催


●IDX A-E2KPmについて
A-E2KPmは、Vマウントを装備したカメラにKi Pro Miniを取り付け、同時にバッテリーから電源供給できるカメラアダプターです。開閉式パネルにより、Ki Pro Miniの液晶部、CFカード挿入口を保護します。また、自立可能な構造になっておりますのでカメラに取り付けずに使用することも可能です。
●AJA Video Systems社 概要
放送およびポストプロダクション向けデジタルビデオソリューションメーカーであるAJA Video Systems(エイ・ジェイ・エイ・ビデオシステムズ)社は、放送用ビデオ機器産業が集積する米国カリフォルニア州グラスバレーに1993年に設立され ました。PCIおよびFireWire接続の非圧縮ビデオキャプチャデバイス等のデスクトップビデオ製品、クオリティの高さで定評を獲得したビデオコン バーターを設計・製造しています。
メーカーウェブサイト:http://www.aja.com/
メーカー日本語ウェブサイト:http://www.aja-jp.com/
●アスク メディア&エンタープライズ事業部 概要
アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。
ウェブサイト:http://www.ask-media.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
製品担当:三沢 宙
メールアドレス:
TEL:03-5215-5676、FAX:03-6672-6858
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。