ニュースリリース

News Releases

G-Technology by Hitachi、IBC2011にて4TBハードドライブを搭載したThunderbolt対応ストレージを出展

G-Technology by Hitachi

アムステルダム(オランダ)IBCカンファレンス Stand #7.D12a(2011年9月8日)- ポストプロダクションのプロユーザーは、十分な速度と優れた冷却性能を持った信頼性の高いストレージを手に入れることは出来ないと考えているかもしれません。Apple Macとプロフェッショナルオーディオ/ビデオ市場向けに製品を提供するG-Technologyは、IBC2011(Stand #7.D12a) において4TBのハードディスクドライブを採用した2ドライブ RAID-0構成の8TB G-RAIDソリューションをデモしています。G-Technologyは制限にとらわれることなく、創造性を拡張しようする人のために革新的でクリエイ ティブなストレージソリューションを開拓し続けます。8TB G-RAIDの展示では、ユーザー要求の厳しいエンターテイメント&映画産業に競争力を与え、デジタル制作をより速く、大きく、そして手頃な価格で行えることを示しています。


G‐RAID with Thunderbolt ‐ より高速になったRAIDストレージ

G-RAID Thunderboltの展示では、最高10Gbpsのデータ転送速度を誇る最速のインターフェイスを紹介します。REDCODE、DVCPRO HD、XDCAM HDとProRes 422など、マルチストリーム圧縮HDのワークフローを処理するための驚くべきサステイン・スループットをご覧になれます。2ドライブ、RAID-0、最 大容量8TBの外付けストレージデバイスに、長時間のクリップやコンポジット、デジタル・インターミディエイト、校正、エフェクト等より多くのデータを保 存することが出来ます。さらに、Apple MacBook Proに接続することで、スタジオ、あるいは自宅でプロジェクトを完成させることが出来るポータブル編集ワークステーションとして使用する事が可能となります。

すべてのG-RAIDドライブは最大スループットを得るために予めRAID-0に設定されるほか、ビデオ編集用に設計されたエアフローと優れた冷却性能を備えています。オールアルミニウムのなめらかな筐体は、オーディオやビデオのポストプロダクション環境にフィットする静かで賢いファンを備え、ドライブを効率よく冷却するヒートシンクとしても機能します。G-RAIDソリューションは箱から取り出してMac OSXシステムに接続するだけで、単体の大きな高速ディスクドライブとして認識されます。また簡単に再フォーマットすることでWindwosシステムにも対応します。


日立GST 4TB ハードドライブ

日立GSTの品質と製品開発時間を活かし、G-Technology by Hitachiは、日立の4TB 7,200回転ドライブをG-RAID / G-DRIVEソリューションに組み込みます。

増加する高品質なHDビデオフォーマットのキャパシティ・ニーズに対して、G‐Technologyの4TBベースのソリューションは、より大きな費用対効果を実現します。G-Technologyの顧客は、最大容量のドライブを使用することにより、低容量の外付けドライブを使用して同じ総容量を用意するの に比較してGB当たりのコストを下げることが出来ます。加えてドライブ数を減らすことで、不必要なケーブルと設置スペース、消費電力の削減による利益がもたらされます。

国内販売価格、出荷時期は未定になります。

---

詳しくは下記ニュースリリースをご覧ください。

G-Technology by Hitachi、IBC 2011にて4TBハードドライブを搭載したThunderbolt対応ストレージを出展


●HGSTについて
HGST社は、重要なデータの保存、管理に使用される先進のハードディスクドライブ、エンタープライズクラスのソリッド・ステート・ドライブなど、革新的なストレージ ソリューションとサービスを開拓しています。 ハードディスクのパイオニアとして、エンタープライズ、デスクトップ、モバイル・コンピューティングをはじめ、情報家電製品やパーソナル・ストレージなど、あらゆる市場セグメントに高品質ストレージを提供しています。
●日立製作所について
日立製作所は、およそ360,000人の従業員を誇る、東京(日本)に本社を置く電子機器の世界的なリーディングカンパニーです。 日立は、情報通信システム、電力システム、環境、産業および輸送システム、さらに都市・社会システムだけでなく、洗練されたマテリアルとそれらを支える需要なデバイスを含む、ソーシャル・イノベーションビジネスにこれまで以上に焦点を当てます。
●アスク メディア&エンタープライズ事業部 概要
アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。
ウェブサイト:http://www.ask-media.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:前田 善弘
メールアドレス:
TEL:03-5215-5676、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。