ニュースリリース

News Releases

ELSA社製、NVIDIA GeForce GTX 550 Tiを搭載、次世代MMORPG「TERA」推奨グラフィックスボード「ELSA GLADIAC GTX 550Ti 1GB TERA」を発表

株式会社アスク(本社:東京都千代田区、代表取締役:武藤和彦)は、NVIDIA® GeForce GTX 550 Ti GPUを搭載、次世代MMORPG「TERA」推奨グラフィックスボードに認定された「ELSA GLADIAC GTX 550Ti 1GB TERA」を発表いたします。

ELSA GLADIAC GTX 550Ti 1GB TERAは、NHN Japanの次世代MMORPG「TERA」の推奨グラフィックスボードに認定されております。優れたグラフィックス処理能力により、「TERA」のハイクオリティなグラフィックスとキャラクターのなめらかな動きを、高解像度でもお楽しみいただけます。また、オリジナル特典として、本体ファンカバーステッカーが「TERA」オリジナル仕様となり、「TERA」のゲームクライアントDVDと、ゲーム内で使用出来る特典アイテムセットが一緒になったTERA特典セットを引き換え出来る無料引換券が付属します。

製品画像

ELSA GLADIAC GTX 550Ti 1GB TERA製品画像


Published by NHN Japan Corp.
TERA™ and "TERA : The Exiled Realm of Arborea" are trademarks of Bluehole Studio Inc.
Copyright © 2007-2011 Bluehole Studio Inc. All rights reserved.

製品特徴

  • NVIDIA社製GeForce GTX 550 Tiグラフィックスプロセッサ搭載
  • CUDAプロセッサコア 192基搭載
  • グラフィックスクロック 900MHz / プロセッサクロック 1800MHz
  • 超高速グラフィックスメモリ 192bit GDDR5 SDRAM 1GB搭載
  • メモリクロック 2052MHz (4104MHz データレート)
  • 最大消費電力116W (PCI-Express 6ピン電源コネクタ×1)
  • DirectX 11 / OpenGL 4 / CUDA / Direct Compute / OpenCL対応
  • デュアルリンクDVI-I出力×2 / Mini-HDMI出力コネクタ×1
  • ELSAオリジナル設計の2スロットサイズの大型冷却ファン搭載
  • PCI-Express x16 バス対応(PCI-E 2.0対応)
  • NVIDIA 3D VISION 及び3D VISION サラウンド対応*
  • NVIDIA SLI サポート
  • 2年間長期保証付属
  • 次世代MMORPG 「TERA」推奨グラフィックスボードに認定
  • TERA特典セットと引き換え出来る無料引換券が付属

製品概要

製品名 ELSA GLADIAC GTX 550Ti 1GB TERA
型番 GD550-1GERTIT
JANコード 4524076550260
アスク商品コード VD4317
発売予定日 6月24日
予想店頭価格 オープン

製品の詳細について

製品の詳細についてはアスク製品ページをご覧下さい。


※ 記載された製品名、社名等は各社の商標または登録商標です。

※ 仕様、外観など改良のため、予告なく変更する場合があります。

●株式会社 エルザジャパン 概要
1997年12月26日に設立。 エルザジャパンは、プロフェッショナル及びコンシューマ向け3次元グラフィックスボード、ならびにマルチメディア関連製品の販売、サポートのほか、CAD/DCC/VR及びゲーム等を扱う各種ISVベンダーとのリレーション構築を積極的に展開しています。
メーカーウェブサイト:http://www.elsa-jp.co.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:マーケティング本部 山本 操
メールアドレス:
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。