ニュースリリース

News Releases

ZOTAC社製、NVIDIA社最新ハイエンド dual GeForce® GTX 500 GPU搭載のZOTAC GeForce GTX 590を発売

株式会社アスク(本社:東京都千代田区、代表取締役:武藤和彦)は、ZOTAC社製、NVIDIA社最新ハイエンド dual GeForce® GTX 500 GPU搭載のZOTAC GeForce GTX 590 の発売をリリースいたします。

NVIDIA FermiアーキテクチャのCUDAコア1024基(512 per GPU)を実装した新しいZOTAC GeForce GTX 590シリーズはハイスピードの768-bit GDDR5 3072MBメモリ搭載(384-bit 1536Mb per GPU)、dual-link DVI-I出力端子3基、Mini DisplayPort出力端子1基を装備したほか、DVI-IからHDMIへ変換ケーブルを付属しています。

また、ZOTAC GeForce GTX 590ではWindows® 7、 DirectX® 11、Shader Model 5.0、OpenGL® 4.1対応したほか、NVIDIA® PhysX®、NVIDIA® CUDA™、Quad NVIDIA® SLI™、NVIDIA® 3D Vision™ Surround テクノロジなどにも対応しており、最高のパフォーマンス3Dコンテンツなどをより快適に楽しめます。

製品画像

ZOTAC GeForce GTX 590

製品概要

製品名 ZOTAC GeForce GTX590
GPU dual NVIDIA GeForce® GTX 500
CUDA Cores 1024
対応バス PCI Express 2.0
メモリ 3072MB GDDR5 768-bit
コアクロック 607MHz
メモリクロック 1707MHz(データレート:3414MHz)
プロセッサコアクロック 1215MHz
インターフェイス dual-link DVI-I ×3
Mini DIsplayPort
HDMI(付属の変換ケーブルによる)
Dual-link DVI 2560×1600
ボード寸法(突起部を含む) 280(W)×111(H)×39(D)mm
補助電源 8-pin ×2
ボード消費電力(最大) 365W
推奨システム電源容量 700W
型番 ZT-50501-10P
JANコード 4537694132121
アスクコード VD4217
発売時期 3月24月
市場売価 80,000円台

製品の詳細について

製品の詳細についてはアスク製品ページをご覧下さい。

製品の高解像度画像はこちらからダウンロード可能です。


※ 記載された製品名、社名等は各社の商標または登録商標です。

※ 仕様、外観など改良のため、予告なく変更する場合があります。

●ZOTAC社 概要
ZOTAC社は大手パソコン周辺パーツメーカーであるPC Partner(ピーシーパートナー)のグループ会社の一つです。PC Partnerは1997年に香港にヘッドクオーターを設立、生産工場は中国(ISO9001、14001、OHSAS18001を取得)です。PC Partner自体はマザーボード、グラフィックスボード、MP3プレーヤー、フラッシュメモリーなどを各メーカーなど、数々の大手メーカーのOEM、 ODMにて生産している巨大な生産会社です。グラフィックスボードに関しては2006年よりNVIDIA陣営GeForceのリテール製品を子会社の ZOTACオリジナルブランドで販売開始いたしました。コストパフォーマンスからハイエンドまで、様々なOEM先の要望に対応できる技術力と品質、巨大な生産量を誇り、そのスケールメリットを生かしたコスト競争力と培った裏打ちされた技術力をバックに、今後、NVIDIAカードメーカーの中でも、特徴をもったメーカーとして、展開していきます。詳しい情報はウエブサイトをご参照ください。
メーカーウェブサイト:http://www.zotac.com
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:鈴木 雄一
メールアドレス:
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。