製品レポート

Product Report

緊急時にも対応可能、ACインバーターと合体してノートPCとタブレットまで給電できる「Sherpa 50 Recharger V2」

緊急用電源、アウトドアでも活躍

絶大な安心感の大容量モバイルバッテリー「Sherpa 50 Recharger V2」

災害はいつ起こるか分からない。だからこそ、備えは欠かせない。避難が必要になったとき、今やスマートフォンや携帯電話などの通信端末は必需品だ。通信ができない状況でもバックライトを明かり代わりしたり、機種によってはワンセグ放送やFMラジオなどで情報を収集したりできる。しかし、非常時は電源の確保が難しい。そこで、食料や水などに加えて、モバイルバッテリーも備えておくと安心だ。

「Sherpa 50 Recharger V2」は、米Goal Zero(以下Goal Zero)によるポータブル電源。約50Whと大きめの容量で、緊急時の非常用電源にうってつけ。別売のアクセサリーが充実しているのも魅力だ。今回はACインバーターの「Sherpa Inverter AC Inverter V2」とソーラーパネルの「Nomad 13 Solar Panel V2」も合わせて紹介する。

モバイルバッテリーのSherpa 50 Recharger V2には、USB(5V/1.5A)、DC12V(12V/6A)、ラップトップ(19V/5A)の3種類の出力端子がある。このうち、ラップトップポートは現状では利用できず、将来的な対応を見込んでいるという。一般的には主にUSB出力を用いるのが本製品の一般的な使い方だろう。日本語の製品紹介ページではフル充電回数の目安として「スマートフォン:10回、iPad:2回」と記されている。接続するスマートフォンや利用時の気候状況により回数は変わるが、それでも急場をしのぐには十分。これ一台で電源探しの苦労から解放されるだろう。

約500gといささか重いが、バックパックやトートバッグなら持ち運びも可能。ビジネス用の予備電源はもちろん、キャンプや登山といったアウトドアレジャーでの一時的な電源としても利用価値がある。

12V出力は付属のDC12Vシガーソケット(メス)を差し込んで利用する。スマートフォンやタブレットに給電する場合はUSB出力対応のシガープラグを別途用意する必要があるものの、本体のUSB出力とあわせて2台同時に充電できるのは心強い。


ポータブル電源のSherpa 50 Recharger V2

ポータブル電源のSherpa 50 Recharger V2。指でひっかけて持ち運びやすいように上部にはワイヤーが付いている。アルミ調の渋いデザインもポイント。


側面の写真

側面の写真。左側面(左写真)には、ACインバーター「Sherpa Inverter AC Inverter V2」との結合部分がある。


ワイヤーの反対側は端子が備わる

ワイヤーの反対側は端子が備わる。一番左からUSB出力(5V/1.5A)、AC入力、DC12V出力(12V/6A)、ラップトップ出力(19V/5A)。中央は電源ボタンと電池残量を表示するディスプレイだ。USB端子の上にはLEDライトも備わる。

付属するケーブル類

付属するケーブル類。ACアダプターやDC12Vシガーソケットなどがある。

LEDライトを点灯した

LEDライトを点灯した。思いの外明るく、端子の着脱時に手元を照らすのに便利だ。ACアダプターでチャージ中は端子の根元が青く光る。

DC12Vシガーソケット

DC12Vシガーソケット。ここに自動車のシガーソケット用のUSBチャージャーなどを挿し込む。

接続可能な機器を大幅に増やす、ACインバーター「Sherpa Inverter AC Inverter V2」

「Sherpa Inverter AC Inverter V2」はSherpa 50 Recharger V2に対応するACインバーターだ。汎用性の高い100Vのプラグ端子を追加することで、接続できる機器は大幅に増える。重量が160gと軽いのもポイント。モバイルバッテリーと一緒にかばんに入れて持ち運んでも負担にはなりにくいだろう。

出先での利用を想定し、取り付けには工具が不要だ。接続用の端子をSherpa 50 Recharger V2の側面に挿し込み、反対側にネジを回して固定する。ネジは上面に太い溝があり、コインで簡単に回せる。ネジが太めでがっちりと留められるため、使用中に外れる心配はまず無い。

モバイルバッテリーは数多くあるが、ここまでコンパクトで100Vプラグまで利用できる製品は希少だ。出先でノートPCやタブレット端末の充電アダプターなどを利用できれば、利便性はさらに高まる。緊急時は当然のこと、車での長距離移動やアウトドアでのレジャーといった場面でも活躍できること請け合いだ。


左がACインバーターのSherpa Inverter AC Inverter V2

左がACインバーターのSherpa Inverter AC Inverter V2。Sherpa 50 Recharger V2とデザインが統一されている。

Sherpa Inverter AC Inverter V2の側面に、接続用の端子がある

Sherpa Inverter AC Inverter V2の側面に、接続用の端子がある。Sherpa 50 Recharger V2は側面が丸みを帯びている。Sherpa Inverter AC Inverter V2の端子側はこのカーブにぴったりと合うようになっている。

端子をSherpa 50 Recharger V2の側面に挿し込む

端子をSherpa 50 Recharger V2の側面に挿し込む。奥まで挿し込むと、カチッと手応えがある。

ネジの溝はちょうどコインが収まる太さだ

ネジの溝はちょうどコインが収まる太さだ。工具を使わずに固定できるのは便利。

100Vコンセントは、USB端子などと同じ面にある

100Vコンセントは、USB端子などと同じ面にある。アース機能は無いものの、3本プラグのケーブルに対応する。

MacBook AirとiPad miniを同時に給電しながら利用できる

MacBook AirとiPad miniを同時に給電しながら利用できる。Sherpa 50 Recharger V2とSherpa Inverter AC Inverter V2があれば、長距離移動中や外出先で電源が見つからない場合も安心だ。

Sherpa 50 Recharger V2とSherpa Inverter AC Inverter V2を収納してみた

THULE製のMacBook用キャリングケース「Attache」にSherpa 50 Recharger V2とSherpa Inverter AC Inverter V2を収納してみた。MacBook Airの11.6インチモデルとACアダプターをセットにしても余裕で収まった。

タフな環境でも大丈夫! ソーラーパネルでの太陽光充電にも対応

緊急時にACアダプターから充電できるとは限らない。しかし、充電が切れたらモバイルバッテリーはただの重い荷物になってしまう。この弱点を解消すべく、ACアダプター以外の充電手段を用意しているのもSherpa 50 Recharger V2の魅力だ。

「Nomad 13 Solar Panel V2」は、太陽光でSherpa 50 Recharger V2に充電できるソーラーパネルだ。最大出力は13W。エネルギー変換効率は17%~18%で、ソーラーパネルとしてはトップクラスとなる。ソーラーパネルは2面あり、本のように閉じて収納できる。720gと軽量なので、日なたを探して移動しやすい。

本で言う背表紙の部分に接続ケーブルと収納ポケットがある。付属する接続ケーブルは「Sherpa 50 Recharger V2用」「Guide 10シリーズ(ポータブル充電器)用」「DC12V」の3種類。これに加えてUSB端子を備える。Sherpa 50 Recharger V2の他、USB接続でスマートフォンやタブレット端末を直接充電できる。

Sherpa 50 Recharger V2とアクセサリーがあれば、緊急時の備えは万全。日常利用でもビジネス、レジャーを問わず、バッテリーの心配を激減できるメリットがある。モバイルライフを充実させるのに、欠かせない逸品だ。


A4用紙を横に一回り大きくした大きさ

Sherpa 50 Recharger V2の後ろがソーラーパネルのNomad 13 Solar Panel V2だ。A4用紙を横に一回り大きくした大きさだ。

背面に各ケーブルとこれらを丸々収納できるポケットがある

背面に各ケーブルとこれらを丸々収納できるポケットがある。収納ポケットはメッシュをファスナーで閉じるようになっており、写真のように全開することも可能。

冬の日差しでもすぐに充電が始まった

Sherpa 50 Recharger V2を接続して(左)ソーラーパネルを太陽光に当てたところ(右)、冬の日差しでも充電できた。


電源ユニットを取り付けた

太陽光が当たり電力の出力が始まると、ケーブルの根元にあるLEDが点灯する。USB端子は一番右。Lightningケーブルを接続した。

ケーブルの抜き差しがしやすい

USB端子に接続したiPad mini。つなぐとすぐに充電が始まった。太陽光があれば、出先でも電池の残量を気にせずに済む。

(文・写真=SPOOL

※ 本記事は執筆時の情報に基づいており、販売が既に終了している製品や、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

紹介製品はこちら
Sherpa 50 Recharger V2 (R2)
製品の詳細
Goal Zero
Sherpa 50 Recharger V2 (R2)
[電池容量:50Wh]
小型・軽量で持ち運びにも最適。リチウムイオン電池を搭載したポータブル電源
製品画像
製品の詳細
Goal Zero
Sherpa Inverter AC Inverter V2
[出力:AC100V/100W]
Sherpa Recharger V2シリーズに対応した小型インバーター
製品画像
製品の詳細
Goal Zero
Nomad 13 Solar Panel V2
[ソーラー出力:13W]
軽量で折りたたみ収納可能な高出力ソーラーパネル
Yeti 400 Solar Generator
製品の詳細
Goal Zero
Yeti 400 Solar Generator
[関連製品]
電池容量400Wh。防災対策やアウトドアなどで活躍するコンパクトなポータブル電源

●Goal Zero社 概要
GOAL ZERO社は、企業家のRobert Workman氏が自身の事業で成功を収めた後に、アフリカのコンゴでNPOとして活動した際に住民が電気のない生活をしている所を目の当たりにし、電気を使えない貧困層をなくすことを理念として、2008年に米国ユタ州で設立されました。携帯用太陽光発電メーカーのリーダーとして、環境にやさしく、品質、デザイン、使いやすさにこだわった、高性能かつポータブルで拡張性が高いソーラー発電システムを開発しております。アウトドア、キャンプユーザーはもとより、外出先でのバッテリ充電に最適な製品を提供しております。詳しくは、GOAL ZERO社のホームページをご覧ください。
メーカーウェブサイト:http://www.goalzero.com/

製品に関するお問い合わせや詳細情報については下記リンクをご確認ください。

お問い合わせ一覧を見る製品ページを見る

関連記事のご紹介