製品レポート

Product Report

最大6台のHDDを搭載可能なキューブ型Mini-ITXケース「Node 304」

Mini-ITXのマザーボードやPCケースの人気が、かつて無いほど高まっている。CPUの省電力化や低発熱化が進み、小さくても高性能なPCが手軽に作れるようになったためだ。そんなMini-ITXのPCケースに、従来の常識にとらわれないデザインと機能を備えたモデルがFractal Designから登場した。

「Node 304」は、キューブ型のMini-ITXケースだ。マット加工のアルミ製フロントパネルを採用し、高級感が漂う。スタイリッシュな外観もさることながら、この製品の最大の魅力は拡張性の高さにある。


前面パネルはアルミ製

前面パネルはアルミ製、側板やシャシーはスチール製だ。左側面に大きな通風口がある。

対応フォームファクター Mini-ITX
外形寸法(mm) 幅250×奥行き374×高さ210
シャシーの材質 アルミニウム、スチール
重量 4.9kg
ドライブベイ 3.5/2.5インチ内部×6
拡張スロット 2
搭載可能ファン 前面9cm角×2(搭載済み)、背面14cm角×1(搭載済み)
前面端子 USB 3.0×2、音声入出力

背面

背面。2スロット厚の冷却機構を備えたグラフィックスボードを取り付けられるよう、拡張スロットは2本分ある。

Node 304の内部を左側面から見たところ

Node 304の内部を左側面から見たところ。前面パネルのすぐ裏に電源ユニットを取り付ける構造だ。

驚異の拡張性! 最大6台のHDDを搭載可能

ケースの大きさと拡張性の高さはトレードオフの関係にある。小さいケースは、搭載できるドライブの数も少ない。キューブ型のMini-ITXケースの場合、2台分程度しか3.5インチ内部ベイがないのが一般的だ。Node 304は幅250×奥行き374×高さ210mmという小ささでありながら、2.5/3.5インチドライブを6台も収められる。小型ケースの常識を覆す、驚異の拡張性を備えている。

Node 304は前方にコの字型のケージが3個備わる。ケージには、それぞれ2台までSSDやHDDを取り付けられる。ドライブはねじでケージに固定する。ねじ穴部分には、HDD用にシリコン製の制震マウンターがあり、カリカリというHDDのアクセス音やディスク回転による振動をシャシーに伝えにくくしている。

ケージはドライブを吊り下げるような格好でフレームに固定する。ケージを着脱しやすいばかりでなく、ドライブ間が密着しない。搭載するファンで前面から背面に真っ直ぐ風が流れる構造で、ケージ内に熱がこもりにくくなるよう考えられている。

前面方向にある白いフレームがケージだ

前面方向にある白いフレームがケージだ。板の内側に、向かい合わせになるようにSSDやHDDを固定する。

前面に2個の9cm角ファンを備える

前面に2個の9cm角ファンを備える。取り入れた空気は背面方向に流れる。

背面ファンは14cm角と大きい

背面ファンは14cm角と大きい。前面から送られた空気はここから排気する。

ファンコントローラーを搭載

ファンコントローラーを搭載。背面のスイッチで3段階に回転数を調整できる。ファンは最大3個まで制御可能だ。

高さが165mmまでのCPUクーラーに対応! 長時間運用も安心!

電源ユニットATXサイズに対応。前面の下部、ケージの下に横向きで取り付ける。ACは延長ケーブルで背面に端子を引き出して利用する。ケージのスペースを確保するため、5インチベイは無い。

電源ユニットとドライブベイを前面に集めたことで、マザーボード上部に広い空間を確保。高さが165mmまでのCPUクーラーを取り付けられる。冷却能力をアップすれば、ホームサーバーやTV録画マシンなどで、長時間連続で電源を入れたままにする場合でも、安定した動作を期待できる。

3個あるケージのうち1個を外せば、長さが310mmまでの拡張ボードに対応する。高性能なグラフィックスボードを取り付けられるよう、背面の拡張スロットは2本分ある。

Node 304は小ささと拡張性の高さ両立した数少ないMini-ITXケースだ。TV番組の録画サーバーやゲームPC、ホームサーバーといった家庭用のみならず、NASやファイルサーバーのような業務用途でも使える万能なモデルだ。

電源ユニットを取り付けた

電源ユニットを取り付けた。AC端子は右側面にあり、延長ケーブルを接続する。

ケーブルの抜き差しがしやすい

ドライブを固定したケージは、上面から着脱する。広い空間のある背面側に端子が来るため、ケーブルの抜き差しがしやすい。

ケージを付けた状態

ケージを付けた状態。マザーボードの上に広いスペースがあり、高さのあるCPUクーラーを付けられる。

グラフィックスボードを取り付けた

長さが約20cmのGeForce GTX 660を搭載するグラフィックスボードを取り付けた。前面方向に余った電源ケーブルをまとめる余裕があった。

前パネルの右側面下部に端子とスイッチがある

前パネルの右側面下部に端子とスイッチがある。USB端子は内部ピンヘッダーに接続するタイプで、高速な3.0に対応する。

(文・写真=SPOOL

※ 本記事は執筆時の情報に基づいており、販売が既に終了している製品や、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

関連製品のご紹介
製品画像
製品の詳細
Fractal Design
Node 605
グラフィックスボードも取り付けできる高い拡張性。スタイリッシュなフロントデザインのHTPCケース
製品画像
製品の詳細
Fractal Design
Arc Midi R2
スタイリッシュなフロントデザイン。冷却性能と拡張性に優れたミドルタワー型PCケース
製品画像
製品の詳細
Fractal Design
Define Mini
スタイリッシュなフロントデザイン。冷却性能と防音性に優れたミドルタワー型PCケース
製品画像
製品の詳細
Fractal Design
Define R4シリーズ
スタイリッシュなフロントデザイン。高い拡張性と防音性にも優れたミドルタワー型PCケース

●Fractal Design社 概要
Fractal Design社は、品質や機能性などを損なうことなく、斬新なデザインの製品を提供することをコンセプトに、PCケースをはじめ、数多くのPC関連アクセサリー製品を提供しています。全てのFractal Design製品の設計や検査はスウェーデン本社で行われており、「Less is more」(より少なく語ることは、より多く語ることである)をモットーに、北欧デザインの象徴である、シンプルでエレガントなデザインに取り組んでおります。
メーカーウェブサイト:http://www.fractal-design.jp/

製品に関するお問い合わせや詳細情報については下記リンクをご確認ください。

お問い合わせ一覧を見る製品ページを見る

関連記事のご紹介