製品レポート

Product Report

スタイリッシュでよく冷える、ゲーマー向けミドルタワー「Strike-X ADVANCE」

ゲームユーザー向けのPCパーツを手がけているAerocool。アグレッシブなデザインのモデルを多数そろえている。今回紹介するミドルタワーケース「Strike-X ADVANCE BLACK Edition」(以下Strike-X ADVANCE)もその一つだ。

最近のPCゲームは負荷が高い。滑らかな映像でプレーするには、高性能なパーツが必要だ。Strike-X ADVANCEは、ゲーム向けのハイエンドな構成でも熱がこもりにくいよう、空気の通りを重視した構造を採用する。


左側面のXをかたどった部分は立体的だ

Strike-X ADVANCE BLACK Edition。左側面のXをかたどった部分は立体的だ。

対応フォームファクター ATX、microATX
外形寸法(mm) 幅190×奥行き490×高さ465
シャシーの材質 プラスチック、スチール(0.6mm厚)
ドライブベイ 5インチ×9(うち6個は3.5/2.5インチ内部と共有)
拡張スロット 7
搭載可能ファン 前面12cm角×2(搭載済み、1200回転/分)
背面12cm角×1(搭載済み、1200回転/分)
上面14cm角×1(搭載済み、1500回転/分)
底面14cm角×1(オプション)
左側面12cm×1(オプション)
前面端子 USB 3.0×1、USB 2.0×1、音声入出力

幅が190mm、高さ465mmは、大型の製品が多いゲーマー向けミドルタワーとしてはコンパクトだ。設置場所のスペースに制約がある人には本製品は使い易いサイズだ。

デザインで目を引く、左側面と上面でアルファベットの『X』を大きく形取った部分。SFの世界観を連想させ、ゲーマーの遊び心をくすぐる。このX形状の部分は、メッシュになっている。前面も大部分がメッシュで、内部に2個の12cm角ファンを搭載する。これらから大量の外気を取り込み内部を循環、背面の12cm角ファンと上面の14cm角ファンで排出する。吸気と排気で2個ずつファンを使うため、内部を流れる風量が多い。動作中に手を入れると、風が通るのが分かるほど。機能とデザインを見事に融合させている。


真横から内部を見たところ

真横から内部を見たところ。ファンで取り込んだ空気の流れを赤い矢印で、メッシュ部を通る空気を青い矢印で示した。拡張スロットのブラケットも全面メッシュで通気性に優れる。

前面はほぼメッシュ

前面はほぼメッシュ。左右の赤い部分は、スイッチを入れると光る。端子やスイッチは上面にある。

下部に2個の12cm角ファンが収まっている

前面パネルを開けると、下部に2個の12cm角ファンが収まっている。5インチベイはベゼルの裏にスポンジ状のフィルターがあり、ほこりが内部に入らないよう工夫されている。

ブラケットまでメッシュになっている

背面。ブラケットまでメッシュになっている。水冷機構に対応しており、チューブを通す穴が用意されている。

こもりがちな熱気をしっかりと排出する

上面の14cm角ファンと背面の12cm角ファンでCPUクーラー付近にこもりがちな熱気をしっかりと排出する。

多機能トレーが構成の自由度をアップ

ベイは、5インチが9個。3.5インチや2.5インチベイは無く、ストレージの取り付けには付属のトレーを使う。トレーはドライブに加えて12cm角ファンをねじ止め可能だ。ドライブなどを付けたトレーは、5インチベイに取り付ける。どの位置にも取り付けられるため、起動ドライブを一番上にしたり、HDDを前面ファンの風が当たる位置に集中させたりと、自由に構成できる。自作PCの醍醐味である、カスタマイズを存分に楽しめる。

組み立てやすさを高める工夫も豊富だ。5インチベイの固定は付属の留め具を使う。中央の赤い部分をひねるだけでがっちりと付けられる。側面パネルは背面に折りたたみ式の取っ手がある。引っ張れば、簡単にパネルを外せる。マザーボードベースは3か所に細長い穴があり、裏面配線に対応する。裏から見ると穴の周囲に凹みがあり、太めのケーブルも収納しやすい。

シャシーに用いられているスチール板は、0.6mm厚。板の端を折り返してあり、強度は十分。重い高性能なパーツを取り付けてもゆがむことは無かった。折り返し加工は指で板のエッジ部分をこすってもけがをしにくく、作業の安全性も高める。

取り付けられるグラフィックスボードの長さは29.5cmまで。ほとんどのハイエンドグラフィックスボードに対応する。CPUクーラーは高さが16.3cmのものまで利用可能だ。豊富な選択肢から最適なモデルを選べるはずだ。ハイエンドな構成も十分に対応するものの、コンパクトさを優先したためスペースの余裕は少ない。

裏に12cm角ファンをねじ止めする

トレーは表に2.5インチもしくは3.5ドインチライブを、裏に12cm角ファンをねじ止めする。

光学式ドライブやトレーはベイの横の固定具で留める

光学式ドライブやトレーはベイの横の固定具で留める。ねじ穴に突起を合わせて中央の赤いダイヤルを回せばよい。

簡単に側面パネルをスライドし、外せる

背面側にある取ってを引けば、簡単に側面パネルをスライドし、外せる。

きれいに裏面配線できる

マザーボードベースの凹凸を利用すれば、きれいに裏面配線できる。


長さが約27cmのグラフィックスボードを取り付けた

長さが約27cmのグラフィックスボードを取り付けた。トレーが干渉するため、5インチベイの一部は使えなくなる。

搭載するファンは全て通電すると赤く光る

搭載するファンは全て通電すると赤く光る。メッシュから漏れる光が近未来を想像させる。

前面のUSB 3.0ケーブルは内部ピンヘッダーに挿すタイプ

前面のUSB 3.0ケーブルは内部ピンヘッダーに挿すタイプ。USB 2.0端子が分岐して付いており、どちらか一方使える。

テストで冷却能力の高さを証明

パーツ一式を取り付けて、冷却能力を検証した。CPUは、LGA1155対応で最上位のIntelのCore i7-3770K(3.5GHz)を、マザーボードはIntel Z77チップセット搭載するモデルを組み合わせた。グラフィックスボードは、ハイエンドチップのRadeon HD 7870を搭載した「R7870 Twin Frozr III OC」(MSI)を使った。PCを起動して5分後の「アイドル時」と負荷をかけて5分後の「負荷時」での温度変化を比べた。

CPUはアイドル時の32℃から負荷時の67℃まで上昇した。負荷時の温度は標準のCPUクーラーとは思えないほど低い。驚いたのはマザーボードの温度だ。アイドル時と負荷時で32℃と変わらない。大量の外気がマザーボードからCPUまでしっかりと届いているのが分かる。

Strike-X ADVANCE BLACK Editionの高い冷却能力は活躍できる用途が幅広い。複数のHDDを備えるストレージPCや常時稼働するサーバーPCに使うのもお薦めだ。


CPU温度とマザーボード温度の計測結果

CPU温度とマザーボード温度の計測結果。室温は25℃。アイドル時は起動してから約5分、負荷時は「OCCT 4.3.2」の「CPU:Linpack」を実行後約5分後の値。負荷をかけてもマザーボード温度は上がらなかった。常に空気が流れ、表面が冷やされていると考えられる。

(文・写真=SPOOL

※ 本記事は執筆時の情報に基づいており、販売が既に終了している製品や、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

関連製品のご紹介
Xpredator X3 Devil Red Edition
製品の詳細
Aerocool
Xpredator X3 Devil Red Edition
赤色が際立つ独特なデザイン。高い汎用性と拡張性を誇るゲーマー向けのフルタワー型PCケース
MS800シリーズ
製品の詳細
Zalman
MS800シリーズ
マルチファンコントローラー搭載。優れたクーリング性能と拡張性を誇るミドルタワー型PCケース
製品画像
製品の詳細
Fractal Design
Define R4シリーズ
スタイリッシュなフロントデザイン。高い拡張性と防音性にも優れたミドルタワー型PCケース
Touch 2100
製品の詳細
Aerocool
Touch 2100
直感的に操作できるタッチパネル式。5チャンネルに対応したファンコントローラー

●Aerocool Advanced Technologies社 概要
産業用・PC用のサーマルマネージメントソリューションを提供する企業として2001年に設立されたAerocool社。フロントベイに取り付けるマルチファンクションコントロールパネルなどで自作ユーザーにもブランドを浸透させ、今日ではゲーミング市場に向けたPCケースや各種アクセサリ類に注力。革新的デザイン、機能を持つ同社製品は世界中のゲーマーに受け入れられています。
メーカーウェブサイト:http://www.aerocool.com.tw/

製品に関するお問い合わせや詳細情報については下記リンクをご確認ください。

お問い合わせ一覧を見る製品ページを見る

関連記事のご紹介