OmniSci 活用ブログ

OmniSciとJupyter Labを連携したAIプロセスの高速化

AI学会 HP様セッションでの紹介事例

AI学会 HP様セッションでの紹介事例にて、OmniSciとJupyter Labを連携させたAIプロセスの高速化のご紹介をいたしました。

これは、OmniSciがNVIDIA社のAIプロセスをGPU上に実装するためのRAPIDSに準拠していることで可能になっています。

AI学会 HP様セッションでの紹介事例

上記のフレームワークを用いて、CAVID-19の感染状況を、New York Timesのリリースしている情報を基に分析した事例を、2020年6月のAI学会のHP様セッションでご紹介いたしました。内容のメイン部分をビデオでご覧いただけます。

※ 記載された製品名、社名等は各社の商標または登録商標です。

※ 仕様、外観など改良のため、予告なく変更する場合があります。

※ 製品に付属・対応する各種ソフトウェアがある場合、予告なく提供を終了することがあります。提供が終了された各種ソフトウェアについての問い合わせにはお応えできない場合がありますので予めご了承ください。

●OmniSci社 概要
「GPUカードの大規模な並列処理を使用してクエリを高速化する独自のクエリエンジンを作成したらどうなるか」という考えからOmniSciソフトウェアの原型が誕生し、その研究はMITのコンピューターサイエンスおよび人工知能研究所(CSAIL)で、設立者で現CEOのTodd Mostakに引き継がれOmniSciは誕生しました。GPUの利用は検索結果の高速グラフィック表示にも適用されています。従来のCPUベースのアーキテクチャでは処理しきれない巨大化するビッグデータ処理を様々な業界で実現しています。
メーカーウェブサイト:https://www.omnisci.com/

関連製品のご紹介

関連製品の一覧を見る

製品に関するご質問や納期のご確認、お見積り依頼など、お気軽にお問い合わせください

ご購入前のお問い合わせお問い合わせ一覧を見る