アナリティクスプラットフォーム

OmniSci 事例集

ネットワーク信頼性分析(テレコム業界)

ネットワーク信頼性分析(テレコム業界)

何億件ものビッグデータ

数十億ものソーシャルネットワーク情報、インターネット上の取引記録、モバイル使用状況ログ、およびIoTセンサー情報がネットワークを介して継続的に流れます。 電話会社のネットワーク分析担当者がネットワークの信頼性を損なっている問題を特定できるにはネットワーク解析ツールが増加し続けているデータ全体のなかの一部の地域指定でクエリを実行しその結果を即座に視覚化できる必要があります。多くの場合、ネットワークパフォーマンス監視ツールが問題を早期に特定するのではなく、コールセンターに苦情を申し立てた顧客からネットワーク信頼性に問題が起きていると初めて気づきます。

ネットワークのセキュリティと信頼性の可視化

OmniSciはGPUの並列処理能力を活用して、データ分析で通常行われている、データサイズを小さくするためのデータサンプリングをせずに、高速化されたSQLクエリですべての対象とするデータを視覚化できます。 OmniSciのフロントエンドビジュアライゼーションシステムでTELCOのネットワークアナリストやデータサイエンティストがリアルタイムでこのデータを分析することを可能にし、ネットワークパフォーマンス、信号強度、セキュリティ、ダウンロード速度、S/N比、および品質についての実用的な情報を素早く発見できます。何十億行ものデータを取り込んでリアルタイムでダイナミックに視覚化するこの機能により、OmniSciは最も強力なネットワーク解析ツールの1つとなります。

ネットワーク性能の地理空間管理

OmniSciは地理空間データを大規模かつゼロレイテンシで分析するため、ネットワークオペレーションセンター(NOC)はネットワークパフォーマンスを場所別に継続的にマッピングし、特定のサービスエリアでどのような変化があるのか経時的に分析できます。 OmniSciを使用すると、リアルタイム、スケーラブルでネットワークパフォーマンスを監視できるため、ネットワークアナリストは、これまで想像もできなかったレベルでのセルラーネットワークの信頼性に関する全体像を把握できます。 OmniSciが電気通信業界に今までなかったような価値をもたらします。

ドライバー行動の分析(自動車業界)

ドライバー行動の分析(自動車業界)

ドライバー行動データは宝の山

自動車テレマティクスデータは、自動車業界にとって新たな収益源となりつつあります。 自動車に組み込まれたセンサーは、ドライバーの行動、車両の診断、および位置情報など新しい洞察を生み出すことができる貴重なドライバー情報を収集します。2018年、米国のコネクテッドカーは年間約5500万ペタバイトものデータを生み出しました。しかしながら、このテレマティックスデータの規模は、従来の分析プラットフォームでは扱いきれません。

リアルタイムのテレマティクスデータの分析がビジネスに革新を起こします

OmniSciは最大級のテレマティックスデータセットでも処理可能とするために開発されました。 OmniSciにより、データサイエンティストは大きなテレマティクスデータからドライバーの行動を細かく理解し、そこからビジネス価値を迅速に引き出すことができます。 OmniSciDB SQLエンジンは、スーパーコンピュータの速度で大量のデータに関するクエリ結果を提供します。 その後、OmniSciレンダリングエンジンを使用して、これらの結果をすぐに視覚的な検討に利用できます。 自動車メーカーはこのドライバープロファイルを新車開発に活用できます。

数多くのユースケースが生む機会

車両の性能データや診断からナビゲーションやインフォテインメントの設定まで、あらゆるものを中継する車載テレマティックス装置の量が増えるにつれて、リアルタイムのテレマティックスデータを取得することがこれまで以上に重要になっています。 OmniSciはすでに世界中のトップ自動車メーカーで自動車テレマティクスデータの視覚化と分析に使用されています。 OmniSciは自動車業界に新たな価値を提供します。

スマートメーター・データ分析(公益事業)

スマートメーター・データ分析(公益事業)

スマートメーターの増殖

電力会社のスマートメーターは、電気エネルギーの消費量を記録、収集しその情報を請求に利用します。米国だけで1億3500万を超えるスマートメーターがあり、それぞれが年間最大400メガバイト、合計54ペタバイトの新しいデータを生成します。 電力会社のネットワークアナリストや電力会社は、このビッグデータを数十億行の追加のIoTおよびスマートセンサーデータと結合していますが、それらの電力会社のデータ分析プラットフォームの規模・能力は十分ではありません。

大規模なスマートメーター・データ分析

電力会社はOmniSciを利用しこの膨大なスマートメーターのデータ量を非常に高速かつ大規模に視覚化して利用することができます。設備・資産のパフォーマンスをリアルタイムで監視し、顧客の使用状況をもとに需要予測をします。 需要に応え、詐取や漏洩を減らし、公益事業資産が確実に最高の効率で機能するようにします。 これにより、電力会社は稼働時間の最大化、コストの最小化、および顧客満足度の維持を目的として、リアルタイムに意思決定を行えます。

公益事業の業務スピードを加速させる

公益事業業界は現在、スマートセンサー、スマートメーター、およびIoTテクノロジからグリッド全体にわたって豊富なデータを収集しています。 OmniSciだけが、このスマートメーターの大規模データを活用できるGPUアクセラレーションを提供しています。 OmniSciを使用すると、アナリストやデータサイエンティストは、スマートメーターの費用対効果分析を実行して、電力会社にとってスマートメーターの利点を真に理解することができます。

ネットワーク障害検知(テレコム)

ネットワーク障害検知(テレコム)

大規模なクラウドデータの処理

モバイルネットワークの品質に関するクラウドデータは、驚くべき知見を生み出し、ネットワークの異常を検出するのに役立ちます。にも関わらずそのデータの量は、ほとんどのネットワーク分析ソリューションが処理できる量をすでに超えています。アナリストが細心の注意を払って検索し、何日もかかけて分析することでようやくデータから重要な洞察を集められます。 この規模になると従来のソリューションでは、データサイズの縮小や事前集計なしにネットワークの異常を視覚化することは不可能です。つまり、重要な情報が見逃されているかもしれません。

クラウドデータの分析

OmniSciでは、クラウド上のモバイルネットワーク品質データの規模であっても処理速度の問題はありません。 OmniSciは数十億行のレコードを処理し、SQLクエリはミリ秒単位で処理されます。 OmniSciはデータサイエンティストとアナリストが対話的なクラウド上でのデータ分析機能を提供し、思考プロセスを妨げない速さでネットワークパフォーマンスデータを分析できる、GPUで加速された視覚化プラットフォームです。 電気通信会社が抱える新しいデータ利用に適用できます。

テレコム業界での実績あるツール

OmniSciのパワーを活用することで、通信会社のアナリストは、クラウド保存されたビッグデータから数秒の規模でネットワーク異常検出やその他のネットワーク情報を提供できます。 OmniSciはすでに、電気通信やその他のネットワーク品質のデータを他の分析ソリューションとは比較にならないほどの量と速度で分析するために使用されています。

自動車・バス配車管理(公共交通機関)

自動車・バス配車管理(公共交通機関)

公共交通機関の近代化はより多くのデータ分析により実現される

地方自治体、公共団体警察、消防、ゴミ収集、その他一般的なサービス提供する車両運行に対して責任を持ちます。 公共部門の運行管理者や他の自治体当局が運行を近代化するにつれて、彼らは運転手の行動の分析、車両の派遣、移動状況のトレース、および分析と予防的メンテナンスの実行に車両テレマティックスデータを活用できます。 それでも、このテレマティックスデータの規模は、既存の公共部門の運行分析ツールの処理能力を超えています。 たとえば、いくつかのセンサーとカメラを搭載した一台のバスでは、1マイルあたり最大10mbのデータを生成できます。それが何百もの路線により生み出され、都市または自治体の運行管理者、データサイエンティスト、およびアナリストは結局メンテナンスの必要性を予測することができず、コストのかかるダウンタイムを発生させてします。 その結果、彼らはバスのスケジュールや経路の最適化による公共交通機関の有効な運行に対する解を見いだすことができません。

公共フリート使用率メトリクスの可視化と行動

OmniSciは、公共交通機関の運行データを大規模に分析および視覚化するためのGPUアクセラレーションによるSQLデータベースです。 直感的でインタラクティブなダッシュボードを通して、運行管理者とアナリストは、余分な燃料コストを削減できる長いアイドル時間を見つけることができます。 数回クリックするだけで、フリートアナリストはヒートマップを使用して公共交通機関の活動を視覚化し、時間の経過とともにヒートマップとクロスフィルタの周囲にポリゴンを描き、バス容量をよりよく理解して向上させることができます。 OmniSciを使用すると、公共部門の運行管理者は大量の車両用テレマティクスデータを使用して、ゴミやリサイクルトラックの経路を改善するための視覚化ができます。 公共部門の運行管理者は、運行全体を表示したり、ミリ秒単位の待ち時間で個々の車両や時空間イベントにズームダウンしたりして、他にはできないインタラクティブな分析操作を実現できます。

公共部門の車両テレマティクスデータを使用した運行管理

公用車両、トラック、船舶、石油、ガス、など対象物に関係なく、OmniSciプラットフォームは何百万、何十億という自動車テレマティクスデータポイントを監視し、全運行車両をシームレスに視覚化できます。 あるいは、一つの単一の細かいデータポイントまでフォーカスできます。 OmniSciのGPU高速分析プラットフォームは、この膨大な量のデータを処理できる唯一のソリューションであり、政府、自治体のフリート管理ソフトウェアツールキットの不可欠な一部として利用できます。

物流のための出荷運行管理(船舶運輸業界)

物流のための出荷運行管理(船舶運輸業界)

物流と海運運行テレマティックスデータの巨大な規模

物流の世界はすべて効率に関わってきます。 物流および海運業界では、テレマティックスデータを、トラック輸送および輸送状況の追跡、工場および生産の合理化のための経路の最適化、迅速な配達の実現のために利用しています。 ロジスティクスの運行管理者は、ボトルネックを回避しながら、サプライチェーン全体からの数ギガバイトのロケーションデータのストリーミングが実現できれば、短時間で効率的な作業を行えるできることを認識しています。 しかし、主流となっている経路最適化ソフトウェアと解析ツールは、自動車のテレマティックスデータの量的変化に追いついていません。 運行管理者はサプライチェーン内のすべてのリンクを視覚化することがきません。 高度なクエリをすばやく実行して傾向を特定し、車両の配送追跡を行ったり、単一の車両やイベントにドリルダウンしたりすることができないため、リアルタイムの意思決定が阻害されてされています。

運行管理には視覚化が必要

OmniSciは、ロジスティクスおよび海運業界の管理者およびデータサイエンティストが自社の出荷フリートテレマティックスデータ全体を利用できるように設計された、GPUで加速された分析プラットフォームです。 OmniSciでは、出荷からトラック輸送まで、運行管理者やデータサイエンティストが、カスタマイズ可能な地図、チャート、グラフ、表を備えた直感的で対話的なダッシュボード上でデータを操作・分析できます。 運行管理者および意思決定者は、計画、購買、在庫管理、倉庫管理、流通、および顧客サービスを改善するために、高度なSQLクエリおよびテレマティクスの視覚化に関して、即座に結果を利用できるようになりました。

テレマティックスデータで様々な物流業界に貢献

海上での船舶の追跡、石油・ガス、公益事業、または公共部門の車両の管理を問わず、OmniSciプラットフォームは何百万、何十億というテレマティクスデータポイントを監視し、運行全体から1つの車両までシームレスに視覚化できます。 粒度の細かいデータポイントによる大量データを制御することで、配送経路の最適化、サプライチェーンの評価指標、そしてより収益性の高いビジネスモデル展開を可能にし、輸送運行管理を新たな時代に導きます。

※ 記載された製品名、社名等は各社の商標または登録商標です。

※ 仕様、外観など改良のため、予告なく変更する場合があります。

※ 製品に付属・対応する各種ソフトウェアがある場合、予告なく提供を終了することがあります。提供が終了された各種ソフトウェアについての問い合わせにはお応えできない場合がありますので予めご了承ください。

●OmniSci社 概要
「GPUカードの大規模な並列処理を使用してクエリを高速化する独自のクエリエンジンを作成したらどうなるか」という考えからOmniSciソフトウェアの原型が誕生し、その研究はMITのコンピューターサイエンスおよび人工知能研究所(CSAIL)で、設立者で現CEOのTodd Mostakに引き継がれOmniSciは誕生しました。GPUの利用は検索結果の高速グラフィック表示にも適用されています。従来のCPUベースのアーキテクチャでは処理しきれない巨大化するビッグデータ処理を様々な業界で実現しています。
メーカーウェブサイト:https://www.omnisci.com/

関連製品のご紹介

関連製品の一覧を見る

製品に関するご質問や納期のご確認、お見積り依頼など、お気軽にお問い合わせください

ご購入前のお問い合わせお問い合わせ一覧を見る