Synology製品に搭載されている「RESET」ボタンはどの様な時に利用しますか?


製品に搭載されている「RESET」ボタンはモデルに応じて様々な機能がございます。ご利用中のSynology製品モデルに応じて、下記を参照してください。

◆ファームウェアDSM 2.2-0941以降がインストールされたモデルの場合

Synology製品の「RESET」ボタンには次の機能があります。

  • adminアカウントをデフォルト値に戻す
  • IP、DNS、ゲートウェイ、その他のネットインターフェイスをDHCPにリセットする
  • UI管理ポートを5000/5001にリセットする
  • PPPoEを無効にする
  • 自動ブロックを無効にする
  • Link Aggregation を無効にする
  • ファイアウォールルールを無効にする

なお、RESETボタンを押しても製品に搭載されているハードディスクはフォーマットされないため、データが失われる心配はありません。

 

◆ファームウェア v2.0.1-3.0368からDSM 2.2-0941がインストールされたモデルの場合

Synology製品の「RESET」ボタンには次の2つの機能があります。

  • adminアカウントのIP、DNS、パスワードをデフォルト値に戻し、guestアカウントを「有効」状態にリセットする
  • Synology製品を再インストールする

なお、RESETボタンを押しても製品に搭載されているハードディスクはフォーマットされないため、データが失われる心配はありません。

 

◆v2.0.1-3.0368より前のファームウェアがインストールされたモデルの場合

Synology製品の「RESET」ボタンは、IP、DNS、およびadminアカウントのパスワードをリセットします。

なお、RESETボタンを押しても製品に搭載されているハードディスクはフォーマットされないため、データが失われる心配はありません。

 

※ デフォルトのadminパスワードは空白です。

タグ: single
2014-06-16 18:15 Support1
評価点数: 0 (0 件の投票)

Chuck Norris has counted to infinity. Twice.

このカテゴリー内のレコード

タグ

スティッキー FAQ