ネットワークのボンディングには対応していますか?


 

Synology による Link Aggregation モードは、GUIは以下の2つから選択可能です。
 
○ IEEE 802.3ad ダイナミック Link Aggregtion
○ Network Fault Tolerance のみ (非802.3adネットワーク環境)
 
それぞれのBonging mode番号とモード名は以下の通りです。
 ○ IEEE 802.3ad ダイナミック Link Aggregtion

→1:  Bonding Mode: fault-tolerance (active-backup)


○ Network Fault Tolerance のみ (非802.3adネットワーク環境)


→4:  Bonding Mode: IEEE 802.3ad Dynamic link aggregation


-----------------------------------------------------------------------
 
 
上記以外のモードへの変更は、一度上記の802.3adの設定をした後、
SSHログインよりCUIで編集してください。
 
コントロールパネルの”端末とSNMP”でSSHを有効にした後、Teratermなどのターミナルソフトで
Root権限でログインしてください。
パスワードはSynologyで設定してあるadminのパスワードになります。
 
[ 編集ファイル ]
viエディタなどで下記ファイルのBONDING_OPTSのmode=4の部分をmode=0に編集してください。その他の項目は必要に応じて編集してください。
vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0
 
DEVICE=bond0
BOOTPROTO=dhcp
ONBOOT=yes
BONDING_OPTS="mode=0 use_carrier=1 miimon=100 updelay=100 lacp_rate=fast"
USERCTL=no
 
ネットワークを再起動して適用する
 
/etc/rc.network restart
 
実際のモードの確認方法
 
cat /proc/net/bonding/bond0
Ethernet Channel Bonding Driver: v3.7.1 (April 27, 2011)
Bonding Mode: load balancing (round-robin)

タグ: photo station, single
2014-06-16 18:13 aesteam
評価点数: 0 (0 件の投票)

Chuck Norris has counted to infinity. Twice.

このカテゴリー内のレコード

タグ

スティッキー FAQ