サポート情報

Support Information

NVIDIA社製のGeForce GTX 970搭載製品のメモリ仕様について

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

NVIDIA社製のGeForce GTX 970搭載製品のメモリ仕様につきまして、GeForceフォーラムにNVIDIA社の見解が掲載されましたので、弊社取扱いメーカーの対応と併せてお知らせいたします。

NVIDIA社の見解として、GeForce GTX 970に搭載されているビデオメモリーが、3.5GBと0.5GBの2つのセグメントを有するのは製品仕様であり、ビデオメモリーのセグメント構成が異なるGeForce GTX 980と比べ、ゲームの負荷によるパフォーマンス低下に大きな変化はございません。

この見解を受け、弊社取扱いのGeForce GTX 970搭載製品(ELSA、MSI、ZOTAC社製品)につきましては、本件における返品、交換等の個別対応を行う予定はございません。(ただし、NVIDIA社、弊社取扱いメーカーの見解に変更が有った場合は、弊社はその決定に準じて対応を行う場合がございます。)

以下、NVIDIA社からの見解が掲載されたフォーラムの和訳文とリンクとなります。

NVIDIA社の見解の原文について

GeForceフォーラムに掲載されたNVIDIA社の見解の原文はこちら

上記見解の和訳

GTX 970は4GBの専用グラフィックスメモリを搭載しています。しかしGTX 970はGTX 980とは異なったSM構成を持ち、メモリシステムへのクロスバー接続が少なくなっています。この構成下でメモリートラフィックを効率よくさばくため、グラフィックスメモリを3.5GBと0.5GBのセクションに分けています。

GPUは3.5GBのセクションに高い優先度でアクセスします。ゲームが描画命令あたり3.5GB未満のビデオメモリーしか必要としないとき最初のパーティションにしかアクセスせず、メモリ使用を計測するサードパーティーのアプリはGTX 970上で使用されている3.5GBのメモリだけを報告しますが、GTX 980で他の命令によってより多くメモリが利用されてるときはより多く報告することがあります。ゲームが3.5GB以上のメモリーを必要とするときは、両方のセグメントを使います。

NVIDIAは、GTX 970が0.5GBのメモリーセグメントにアクセスする際のパフォーマンスについてのいくつか疑問が出ていることを理解しています。それをテストする一番良い方法は実際のゲームのパフォーマンスを見てみることです。まずGTX 980とGTX 970を3.5GB未満しか使わないゲームで比較します。そして設定をあげてゲームが3.5GB以上使う状態にし、再度GTX 980とGTX 970のパフォーマンスを比較します。


こちらが、いくつかのパフォーマンスデータの例です。

Synologyロゴ

Shadows of Mordorでは 、GTX 980での落ち込みは約24%、GTX 970では25%、1%の差になります。
Battlefield 4では、GTX 980での落ち込みは47%、GTX 970での落ち込みは50%、3%の違いです。
CoD: AWでは、GTX 980での落ち込みは約41%、GTX 970では44%、3%の差になります。

ご覧のように、0.5GBのセグメントを使うこれらのゲームにおいても、GTX 970のパフォーマンスはGTX 980と比較してほんの少しの変化しかありません。