ニュースリリース

News Releases

東北映像フェスティバル 2017 映像機器展出展のお知らせ

東北映像フェスティバル 2017 映像機器展出展のお知らせ

GB Labs社の新製品EasyLTO、進化したTimecode Systems製品ラインナップを展示

株式会社アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、2017年6月15日(木)と16日(金)の両日、仙台国際センター展示棟 青葉山コンソーシアムにて行われる「東北映像フェスティバル 2017 映像機器展」に出展いたします。

ASK M&Eブース(ブース No.50)では、共同作業が必要な全ての映像制作チーム向けに設計されたGB Labs社の高速NASストレージ&LTOアーカイブ一体型製品 EasyLTOや、収録現場におけるタイムコード/同期信号の取り回しを劇的に改善するTimecode Systems社のワイヤレスタイムコード同期システムをご覧いただけます。

無料でご入場いただけます。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

---

詳しくは下記ニュースリリースをご覧ください。

株式会社アスク メディア & エンタープライズ事業部、東北映像フェスティバル 2017 映像機器展に出展

イベント概要

イベント名 東北映像フェスティバル 2017 映像機器展
日時 2017年 6月15日(木) 10:00~17:00、6月16日(金) 10:00~16:00
会場 仙台国際センター展示棟 青葉山コンソーシアム ブース No.50(アクセスマップ
主催 一般社団法人 東北映像製作社協会
共催 東北情報通信懇談会
参加費 無料
イベント詳細ページ http://www.tohoku-eikyo.or.jp/東北映像フェスティバル2017新着情報/
●GB Labs社について
GB Labs社は、デジタルメディア・ワークフロー向けのセンターストレージの開発とデザインを行うために設立されました。ポスト・プロダクションに関する深い知識と経験を持ち、Final Cut Proを初めAvidやAdobeなど様々な映像制作ソフトウェアがどのように動作するか、どのようにすればそれぞれが調和して動作するかを理解している会社です。そして、ポストプロダクションはもちろん、教育、軍事、医療、放送など最も過酷な環境での広範囲な研究の末に、現在のSpaceシリーズを完成させました。
ウェブサイト:http://www.gblabs.com/
●Timecode Systems社 概要
Timecode Systems社は、撮影現場と記録フォーマット双方のニーズを満たす、タイムコード・ハードウェアおよびソフトウェア製品をデザインし生産しています。スタジオで1台のカメラを使用する場合でも、屋外でGo Proを複数使用する場合でも、Timecode Buddyはタイムコードの生成・同期・共有を簡単且つ正確に行うことができます。その上、メタデータをRFやWi-Fiといったワイヤレス環境にて扱うことが可能です。2012年4月の発売以来、当製品はイギリスを含めたヨーロッパ各国、アメリカ、中東、アフリカなどでリアリティ番組やドキュメンタリー番組、映画制作などでおなじみのアイテムとなっています。
ウェブサイト:http://www.timecodesystems.com/
●アスク メディア&エンタープライズ事業部 概要
アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。映像関連市場に於いて、リーディングカンパニーになることが私たちの目標です。
常に【お客様の立場で考えること】をモットーに、質の高いサービス、魅力的な製品を追い続け、現場でのシステム運用効率の向上にも貢献すべく、ソリューション開発を進めていきたいと考えています。
ウェブサイト:http://www.ask-media.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
製品担当:番留 丈史
メールアドレス:
TEL:03-5215-5676、FAX:03-6672-6858
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。