ニュースリリース

News Releases

Timecode Systems社、新しいプロダクションポーチを発表

Timecode Systems社、新しいプロダクションポーチを発表

Orca特注の :pulse、:wave、:minitrx+専用プロダクションポーチ

イギリスウースター (2017年1月17日) ─ Timecode Systems社は、同社の :pulse、:wave、:minitrx+製品専用のポーチをOrcaと共同で開発しました。映画セットでの撮影はもちろん、天候の悪いドキュメンタリー映像素材の撮影であっても、Timecode Systemsデバイスを保護します。

Orca製のケースは機能性の高い、一体化するデザインに定評があります。今回の新しいプロダクションポーチは、Timecode Systems製品専用に作られているため、操作や柔軟性を制限することはありません。むしろ機能を高める設計になっています。回転するベルクロマウントにより、ミキサーバッグやカメラジャケットに簡単に取り付けられます。

Orcaがバッグやポーチを製造する際には、中身を安全に保つことだけではなく、業務で使用する際に、どんな場所や撮影であっても、仕事を円滑に、快適に、効率的に遂行できることに重点を置いています。また、スッキリとした独自のスタイルと細部へのこだわりも特長です。

---

詳しくは下記ニュースリリースをご覧ください。

Timecode Systems 社、新しいプロダクションポーチを発表

●Timecode Systems社 概要
Timecode Systems社は、撮影現場と記録フォーマット双方のニーズを満たす、タイムコード・ハードウェアおよびソフトウェア製品をデザインし生産しています。スタジオで1台のカメラを使用する場合でも、屋外でGo Proを複数使用する場合でも、Timecode Buddyはタイムコードの生成・同期・共有を簡単且つ正確に行うことができます。その上、メタデータをRFやWi-Fiといったワイヤレス環境にて扱うことが可能です。2012年4月の発売以来、当製品はイギリスを含めたヨーロッパ各国、アメリカ、中東、アフリカなどでリアリティ番組やドキュメンタリー番組、映画制作などでおなじみのアイテムとなっています。
ウェブサイト:http://www.timecodesystems.com/
●アスク メディア&エンタープライズ事業部 概要
アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。映像関連市場に於いて、リーディングカンパニーになることが私たちの目標です。
常に【お客様の立場で考えること】をモットーに、質の高いサービス、魅力的な製品を追い続け、現場でのシステム運用効率の向上にも貢献すべく、ソリューション開発を進めていきたいと考えています。
ウェブサイト:http://www.ask-media.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:番留 丈史
メールアドレス:
TEL:03-5215-5676、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。