ニュースリリース

News Releases

Square Box Systems社、CatDV Archive to S3 Cloudを紹介

Square Box Systems社、CatDV Archive to S3 Cloudを紹介

シームレスな統合によりCatDV WebとデスクトップUIから直接、Amazon S3 Cloud Storageにアセットのアーカイブを実現

イギリス ウォーウィック (2016年4月13日) ─ 業界屈指のメディアアセットマネジメント(MAM)システム CatDVの開発会社、Square Box Systems社は本日、CatDV Archive to S3 Cloudの開始を発表しました。顧客からの要望に応え開発されたこの機能は、CatDV MAMに効果の大きなクラウドサービスを導入します。この新たな統合はCatDVが管理するメディアアセットと関連したメタデータを、Amazon Web Serveicesによるクラウドベースのファイルストレージサービスである Amazon Simple Storage Service(S3)にアーカイブすることを可能にします。

世界で最も導入されているMAMのひとつであるSquare Box SystemsのCatDVは、巨大なボリューム上のデジタルデータの制作もしくは管理を組織化することで、チームの編成、情報伝達、共同作業の効果の改善に役立ちます。シンプルかつ強力なツールにより、CatDVは高度に洗練されたメディアワークフローに対応し、シングルユーザーで使用する場合から世界規模に分散した組織内のチームが使用する場合まで、あらゆる状況で価値をもたらします。

CatDVがS3 Cloudへアーカイブを行うと、CatDV WebとデスクトップのユーザーインターフェイスからS3へ直接リンクできるようになります。ユーザーはコンテンツを直接Amazon S3の対象ストレージへコピーしたり、ローカルのストレージドライブのファイルをアーカイブして空き領域を増やしたりすることが可能です。その際、アセットのメタデータやタグ情報は保持され続けます。CatDV Archive to S3 Cloudが動作している間、そのサービスとジョブのキューの状況はいつでも確認可能です。

---

詳しくは下記ニュースリリースをご覧ください。

Square Box Systems 社、CatDV Archive to S3 Cloud を紹介

●Square Box Systems社 概要
Square Box Systems社は、1998年に主に銀行業務や金融業務システムの開発と販売を行うための独立系IT会社として設立されました。ロンドンやパリの著名な投資銀行のシステム開発を経たのち、2000年に現在の代表取締役であるRolf Howarthの個人的な興味に基づき、「CatDV」をリリースしました。IT基幹システムの構築経験と、フィルムや放送、ビデオに関する深い知識、Mac、Windows、LinuxなどプラットフォームやJAVAやC/C++といったプログラミング言語を横断する幅広い開発経験を融合し、映像業界向けにユーザー視点の開発を続けています。
ウェブサイト:http://www.squarebox.com/
●アスク メディア&エンタープライズ事業部 概要
アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。映像関連市場に於いて、リーディングカンパニーになることが私たちの目標です。
常に【お客様の立場で考えること】をモットーに、質の高いサービス、魅力的な製品を追い続け、現場でのシステム運用効率の向上にも貢献すべく、ソリューション開発を進めていきたいと考えています。
ウェブサイト:http://www.ask-media.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:前田 善弘
メールアドレス:
TEL:03-5215-5676、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。