ニュースリリース

News Releases

AJA Video Systems社、HDBaseTを統合したUltraHD/HDカメラ「RovoCam」を発表。ビデオやオーディオ、コントロール、電力を1本のケーブルで供給

AJA Video Systems社、HDBaseTを統合したUltraHD/HDカメラ「RovoCam」を発表。ビデオやオーディオ、コントロール、電力を1本のケーブルで供給

オランダ アムステルダム、ISEカンファレンス、スタンド 8-R235 (2016年2月9日) ─ AJA Video Systems社は、産業、企業、セキュリティ、プロ向けのオーディオビジュアル及び放送向けの新製品で、AJA初となるコンパクトなブロックカメラ「RovoCam」を発表しました。Sony光学12倍ズームと組み合わせることで最大20倍ズームとなるSony独自のスーパーレゾリューションズームを搭載しており、高品質なUltraHDやHD画像をキャプチャーすることが可能です。また他のカメラとは異なり、非圧縮ビデオ、電力、ステレオオーディオ、RS-232制御を最大100mのCAT 5e/6ケーブル1本で行えるHDBaseTのインターフェイスと統合されています。1本のケーブル接続のみで上記の機能と電力を供給することができるため、設営やカメラのセットアップ、設置面積が劇的に簡略化されます。

RovoCamは、裏面照射型CMOSセンサーの技術とSonyの優れた画像処理能力を搭載したSony 4K FCB-ER8300ファンクションカメラブロックを中心に構成されています。堅牢性と耐久性を兼ね備えたアルミニウムを外装に持つ、信頼性が高く実用的でコンパクトなRovoCamは、小型で軽量な形状のおかげで、いかなる環境下でも簡単に取り付けることが可能です。一方で、受信機となるRovoRx-HDMIは、HDMI出力を備えておりRovoCamに最もシンプルに統合しています。HDBaseTを介し、すべてのビデオ/オーディオ信号、電力、制御を提供します。 また、RovoCamはサードパーティ製の受信機とも互換性があります。

---

詳しくは下記ニュースリリースをご覧ください。

AJA 社、HDBaseT を統合した UltraHD/HD カメラ「RovoCam」を発表。ビデオやオーディオ、コントロール、電力を1本のケーブルで供給

●AJA Video Systems社 概要
放送およびポストプロダクション向けデジタルビデオソリューションメーカーであるAJA Video Systems(エイ・ジェイ・エイ・ビデオシステムズ)社は、放送用ビデオ機器産業が集積する米国カリフォルニア州グラスバレーに1993年に設立され ました。PCIおよびFireWire接続の非圧縮ビデオキャプチャデバイス等のデスクトップビデオ製品、クオリティの高さで定評を獲得したビデオコン バーターを設計・製造しています。
メーカーウェブサイト:http://www.aja.com/
メーカー日本語ウェブサイト:http://www.aja-jp.com/
●アスク メディア&エンタープライズ事業部 概要
アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。映像関連市場に於いて、リーディングカンパニーになることが私たちの目標です。
常に【お客様の立場で考えること】をモットーに、質の高いサービス、魅力的な製品を追い続け、現場でのシステム運用効率の向上にも貢献すべく、ソリューション開発を進めていきたいと考えています。
ウェブサイト:http://www.ask-media.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
AFC(AJA Fulfillment Center / エイジェイエイフルフィルメントセンター)
メールアドレス: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL:0120-973-562、FAX:03-6913-9590
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。