ニュースリリース

News Releases

ZOTAC/Thermaltake 2015 冬の特別セッション in ツクモ名古屋、店頭スペシャルイベント開催のお知らせ

~ ZOTAC製グラフィックスボード、Thermaltake製カスタム水冷製品をご紹介! ~

株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は、11月28日(土)にツクモ名古屋1号店において、ZOTAC及びthermaltake製の製品をご紹介する店頭スペシャルイベントを開催いたします。

今回のイベントは、3部構成の特別セッションイベントとなり、NVIDIA JAPANの高橋氏によるGeForce最新ゲーミングアップデートをはじめ、弊社取扱いのZOTAC社とthermaltake社製品を詳しくご紹介いたします!

ZOTACセッションでは、NVIDIA社最新のハイエンドGPU「GeForce GTX 980 Ti」シリーズのグラフィックスボードを中心に、デュアルファンブレードの「EKO FAN」、空冷と水冷のハイブリッドモデル「ArticStorm」など、ZOTACが持つ特徴的な機能やノウハウを詳しくご紹介いたします。また、Thermaltakeセッションでは、カスタム水冷製品の制作工程をはじめ、必要部品やパーツの特徴解説を実施。さらにComputex 2015で発表されたケースやゲーミングデバイスなどの未発売製品もお披露目します。

各セッションの最後には、特製のオリジナルグッズが当たるじゃんけん大会も開催。参加は無料です。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

ZOTAC/Thermaltake 2015 冬の特別セッション in ツクモ名古屋、店頭スペシャルイベント開催のお知らせ

イベント概要

イベント名 ZOTAC/Thermaltake 2015 冬の特別セッション
日時 2015年 11月28日(土)
第1回 12:00~13:00(NVIDIAセッション)
第2回 14:00~15:00(ZOTACセッション)
第3回 15:30~16:15(Thermaltakeセッション)
会場 ツクモ名古屋1号店 3階(アクセスマップ
イベント詳細ページ http://blog.tsukumo.co.jp/nagoya/2015/11/1128_zotac_thermaltake.html

製品の詳細について

製品の詳細については製品ページをご覧下さい。

●ZOTAC社 概要
ZOTAC社は大手パソコン周辺パーツメーカーであるPC Partner(ピーシーパートナー)のグループ会社の一つです。PC Partnerは1997年に香港にヘッドクオーターを設立、生産工場は中国(ISO9001、14001、OHSAS18001を取得)です。PC Partner自体はマザーボード、グラフィックスボード、MP3プレーヤー、フラッシュメモリーなどを各メーカーなど、数々の大手メーカーのOEM、 ODMにて生産している巨大な生産会社です。グラフィックスボードに関しては2006年よりNVIDIA陣営GeForceのリテール製品を子会社の ZOTACオリジナルブランドで販売開始いたしました。コストパフォーマンスからハイエンドまで、様々なOEM先の要望に対応できる技術力と品質、巨大な生産量を誇り、そのスケールメリットを生かしたコスト競争力と培った裏打ちされた技術力をバックに、今後、NVIDIAカードメーカーの中でも、特徴をもったメーカーとして、展開していきます。詳しい情報はウエブサイトをご参照ください。
メーカーウェブサイト:http://www.zotac.com/
●Thermaltake社 概要
Thermaltakeは1999年1月に台湾で設立され、「Thermaltake」というブランド名を携え世界市場へ製品の提供を続けてまいりました。Thermaltakeはシステムの効率改善、ユーザーのPCポンテンシャルを最大に引き出す、美的で高品質製品を設計します。革新的なデザインと独特のスタイルを一貫し、Thermaltake製品はDIY市場での話題と、トレンドリーダーの関心を集める、世界中のユーザーに定評のあるメーカーです。
メーカーウェブサイト:http://jp.thermaltake.com/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:内野 圭一
メールアドレス:
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。