ニュースリリース

News Releases

Synology社製、クアッドコアプロセッサ及びハードウェア暗号化エンジンを備える5ベイオールインワンNASサーバー「DiskStation DS1515+」を発表

株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は、Synology社製、ビジネス向けの5ベイオールインワンNASサーバー「DiskStation DS1515+」、及び12ベイ拡張ユニット「DX1215」の2製品を発表いたします。

「DiskStation DS1515+」は、3.5/2.5インチドライブ5台の取り付けに対応し、クアッドコアプロセッサ及びAES-NI ハードウェア暗号化エンジンを備えるNASサーバーです。高速な処理性能とデータ暗号化の両機能を活用することができ、ビジネス向けのメールサーバーやVPNサーバーでの使用をはじめ、クラウドソリューションと連携したデータ管理・バックアップ用途、ネットワークカメラサーバーなどに幅広くご利用いただけます。

また、フェールオーバー及びLink Aggregationに対応したギガビットイーサネットを4基装備。ハード故障時の冗長性を確保し、Link Aggregationを有効にすることで高速なファイル転送を実現します。さらに、高い拡張性も備えており、オプションの拡張ユニット「DX513」を2台増設することで最大90TBまで拡張できるほか、外部ストレージとの接続用にUSB 3.0ポート×4、eSATAポート×2も装備しております。

柔軟な管理オプションを備えるSynology独自のオペレーティングシステム「Disk Station Manager(DSM)」はもちろん、iOSやAndroidデバイス用の専用アプリも各種ご用意。ルーターのポート転送設定無しで外部から写真、音楽、データを利用できるSynology独自のクイックコネクト機能もご利用いただけます。

「DX1215」は、Synology社製のDiskStation「DS3612xs」、「DS3611xs」、「DS2413+」に対応した12ベイ拡張ユニットです。SATA 6Gb/sインターフェースを採用しており、ストレージ容量が足りなくなった場合など、手軽にドライブベイを拡張することが可能になります。

DiskStation DS1515+、DX1215 製品画像

製品概要

製品名 Synology DiskStation DS1515+ DiskExpansion DX1215
型番 DS1515+ DX1215
JANコード 4537694192378 4537694195126
アスクコード CS5030 CS5069
予想市場価格 15万円前後(税抜) 25万円前後(税抜)
発売時期 2014年 11月下旬 2014年 11月下旬

製品の詳細について

製品の詳細についてはメーカー製品ページをご覧下さい。

製品の高解像度画像はこちらからダウンロード可能です。

●Synology社 概要
Synology(シノロジー)社は、2000年に設立し、性能と信頼性に優れ、環境にやさしいNASサーバーを開発しており、幅広い製品ラインナップを取り揃えております。手軽で効果の高いソリューションと、信頼できるカスタマーサービスを通じて、すべてのユーザーに多用な選択肢を提供しています。
メーカーウェブサイト:http://www.synology.com/
●エンタープライズ向けストレージの導入をご検討中の皆さまへ
アスクが提供するエンタープライズ用途のストレージ製品とソリューションを提案する為のプロジェクト「ASK Enterprise Storage(AES)」もご覧ください。冗長化のためのRAIDコントローラーやパフォーマンスを加速させる為のフラッシュストレージ製品を、クラウド環境やデータベース、仮想化サーバーやハイパフォーマンスコンピューティングなど、用途に合わせてお客様の製品やサービスの付加価値を高めるためにあらゆる階層のストレージをご提案させていただきます。
製品紹介ページ:http://www.ask-corp.jp/aes/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:鈴木 雄一
メールアドレス:
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。