ニュースリリース

News Releases

オリオスペック、サーマルテイク水冷パソコン組立実演会を開催しました

9月27日(土)、オリオスペック様店内にて今秋発売を予定しておりますThermaltake社製のDIY水冷キットを使用した組立実演イベントを開催いたしました。

「未経験だけどDIY水冷で組んでみたい!」というお客様も数名いらっしゃる中、会場は満席となりました。時間の制約上リハーサルなしでのイベントでしたが、途中水冷ヘッドの取り付けが難航した以外は問題なく進行し、ポンプを回して冷却水がリザーバータンクを満たした時には歓声があがりました。

Thermaltakeの新製品「Pacific」シリーズの発売は10月末〜11月上旬を予定しております。イベント終了後もオリオスペック様でデモ機を作成予定ですので、ご興味のある方はぜひ店舗にお立ち寄りください。



今回のイベントに使用した「Pacific」シリーズ

今回のイベントに使用したThermaltake未発表の新製品「Pacific」シリーズ。ポンプ、ラジエーター、リザーバータンクのほか、取り付けに使用するさまざまなパーツをラインナップ。


オリオスペック店長の松澤氏と「水冷PC読本」の筆者であるUNT2worksの木下氏

オリオスペック店長の松澤氏と「水冷PC読本」の筆者であるUNT2worksの木下氏が中心となりイベントが進行。比較用となる空冷時の温度測定も実施しました。


Thermaltake 日本アカウントマネージャ Ian Hsieh氏

Thermaltake 日本アカウントマネージャ Ian Hsieh氏。「Pacific」シリーズの紹介から品質への高いこだわりなどを紹介しました。


いよいよ水冷化作業がスタート

いよいよ水冷化作業がスタート。


水冷化作業は着実に進行

水冷ヘッドの取り付けには難航しましたが、こういった点もDIY水冷キットの魅力のひとつ。水冷化作業は着実に進行しました。


各パーツを取り付け、ついに冷却水を投入。冷却水が全体に行き渡る様子はぜひ動画でもご覧ください。


水冷化作業が無事完了しました

冷却水も入り、水冷化作業が無事完了しました。


CPU・GPUにしっかりと水冷ヘッドを装着

CPU・GPUにしっかりと水冷ヘッドを装着。


最後に3DMarkによる温度測定を実施

最後に3DMarkによる温度測定を実施。CPU・GPUとも空冷時と比べて大幅に動作温度が改善しました! Thermaltake製の「Pacific」シリーズにぜひご期待ください。

●Thermaltake社 概要
Thermaltakeは1999年1月に台湾で設立され、「Thermaltake」というブランド名を携え世界市場へ製品の提供を続けてまいりました。Thermaltakeはシステムの効率改善、ユーザーのPCポンテンシャルを最大に引き出す、美的で高品質製品を設計します。革新的なデザインと独特のスタイルを一貫し、Thermaltake製品はDIY市場での話題と、トレンドリーダーの関心を集める、世界中のユーザーに定評のあるメーカーです。
メーカーウェブサイト:http://jp.thermaltake.com/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:遠藤 亮
メールアドレス:
TEL:03-5215-5650、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。