ニュースリリース

News Releases

AJA Video Systems社、2K,4KワークフローとスケーリングサポートするマルチフォーマットI/O Corvid Ultraを発表

AJA Video Systems社、2K,4KワークフローとスケーリングサポートするマルチフォーマットI/O Corvid Ultraを発表

Corvid Ultraは、すべての解像度と高いフレームレートをサポートする画期的なスケーリング機能を搭載した、2Kおよび4K DIワークフロー向け新OEMソリューションです。


グラスバレー CA (2012年9月7日) - AJA Video Systems社は、4K/2K,HD/SD,Dual-Linkワークフローの為の優れたI/O機能とスケーリング機能を併せ持つAJAのOEMテクノ ロジー Corvidファミリーの新製品としてCorvid Ultraを発表しました。Corvid Ultra は、AJAの実績ある技術がもたらす広帯域/高フレーム パフォーマンスを容易にソフトウェア・アプリケーションまたはハードウェア・システムに取り入れるためにパートナーが利用できるAJAのOEMプログラムの一部です。

Corvid UltraはNAB2011において「Riker」のコードネームでテクノロジープレビューが行われました。2Kおよび4KのDIワークフローをサポートし、すべての解像度に対応する高品質なスケーリング機能を特徴とします。Corvid Ultraは、高いフレームレート(48pと60p)と4K、ステレオスコピックワークフロー、オンボードでのディベイヤー機能をサポートするほか、本体に2つの拡張カードベイを備え、最も重要な使用シーンにおいて最大のパフォーマンスを提供します。2RUのCorvid Ultraシャーシは、極めて高速なPCIe 2.0 x8レーンインターフェイスカードと3メートルのPCIeケーブルによりホストコンピュータと接続されます。

Corvid Ultraの新しいTruScaleは、任意のスケーリングエンジンオプションにより、小さなWebビデオから4Kに至るまで、如何なるラスタにおいても 高品質なアップ/ダウンスケーリングを可能とします。TruScaleはオリジナルの画質を維持しながらビデオを効率的にリサイズすることが出来るよう、リアルタイムかつキーフレームを用いた操作が行えます。またHDに対する4Kソースのリアルタイム パン&スキャンなど、多くの新しいエキサイティングなワークフローを可能にします。Corvid Ultraは最大2つのTruScaleカードを拡張することで、4Kイメージのマルチストリーム スケーリングに対応させることが出来ます。

---

詳しくは下記ニュースリリースをご覧ください。

AJA Video Systems社、2K,4KワークフローとスケーリングサポートするマルチフォーマットI/O Corvid Ultraを発表


●AJA Video Systems社 概要
放送およびポストプロダクション向けデジタルビデオソリューションメーカーであるAJA Video Systems(エイ・ジェイ・エイ・ビデオシステムズ)社は、放送用ビデオ機器産業が集積する米国カリフォルニア州グラスバレーに1993年に設立され ました。PCIおよびFireWire接続の非圧縮ビデオキャプチャデバイス等のデスクトップビデオ製品、クオリティの高さで定評を獲得したビデオコン バーターを設計・製造しています。
メーカーウェブサイト:http://www.aja.com/
メーカー日本語ウェブサイト:http://www.aja-jp.com/
●アスク メディア&エンタープライズ事業部 概要
アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。
ウェブサイト:http://www.ask-media.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
製品担当:三沢 宙
メールアドレス:
TEL:03-5215-5676、FAX:03-6672-6858
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。