ニュースリリース

News Releases

「ASK DCC After NAB 2011 w / D-Storm」を開催

株式会社アスクは、6月2日(木)、3日(金)の両日、同社のアスクショールームにて、アスクDCC取扱い製品の特徴やデモを間近でご覧になれる「ASK DCC After NAB 2011 w / D-Storm」を開催致します。

NAB 2011で発表された新製品をはじめ、多種多様な製品郡によって構成される最新のファイルベースワークフローを、実機を使用したプレゼンテーションおよび デモンストレーションと製品展示でご覧になれます。発売開始されたばかりのAJA Ki Pro MiniやKONA 3Gをはじめ、トランスコードソフトウェア Telestream Episode 6やRorke Data社のSAN共有ストレージ Hyper Drive、LTOアーカイブソリューションのCache-Aなど、撮影から配信、アーカイブまで、ファイルベースワークフローの全てをご確認いただく絶好のチャンスです。また、株式会社ディストーム社との協業により、最新のライブストリーミングシステム「NewTek TriCaster TCXD850」のプレゼンテーションと展示も合わせて行います。

オープンショールームでは、実際の運用のご相談や個別デモンストレーションを承る事も可能です。この機会に是非、最新のファイルベースワークフローの導入をご検討ください。

---

イベントの詳細については下記ニュースリリースをご覧ください。

株式会社アスク、「ASK DCC After NAB 2011 w / D-Storm」を開催


開催概要

日程 2011年 6月2日(木)、6月3日(金)
時間 13時~18時30分
定員 各回20名(16:30からのオープンショールームに定員はありません)
会場 株式会社アスク 千代田区五番町2番地カサ・ド・タクBOB地下(アクセスマップ
お申し込み こちらのフォームよりお願いいたします。

イベント内容

プレゼンテーションおよびデモンストレーション

  • ASK DCC 先進のファイルベースワークフロー ~撮影から配信、アーカイブまでワークフローの全てを提供するASK DCCの取り扱い製品をご紹介~
  • 今話題のTriCasterについて ~最新機種デモンストレーションと、USTREAM配信に関する具体的運用方法のご紹介~

オープンショールーム

  • 製品展示、個別デモ ~実機をご自由にご覧頂けます。運用時のご相談や個別デモンストレーションも可能~

---

その他、イベントの詳細については下記ニュースリリースをご覧ください。

株式会社アスク、「ASK DCC After NAB 2011 w / D-Storm」を開催

●アスク メディア&エンタープライズ事業部 概要
アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。
ウェブサイト:http://www.ask-media.jp/
●ディストームについて
ディ ストームは、NewTek社の国内代理店として、1992年10月に株式会社ディ・ストームとして設立、2005年4月に株式会社エヌジーシーと経営統合 しディ・ストームディビジョン、そして、 2009年11月に新会社として株式会社ディストームとして再設立させていただいた会社です。
新ディストームは、NewTek社製品LightWave 3D、TriCaster、3PLAYのローカライズ、そして 国内ディストリビューションを主事業としながら、3DCGや映像系分野におけるローカライズ業務、受託開発、プラグイン開発、加えて、イベントの開催など、ただ単なるモノ売り会社の領域を超え、よりクリエーター支援に視野をおいた事業活動を行う集団です。
ウェブサイト:http://www.dstorm.co.jp/
●本記事に関するお問い合わせ先・資料請求先
担当:前田 善弘
メールアドレス:
TEL:03-5215-5676、FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

アスクのTwitterFacebookページでは、更新情報をリアルタイムでお届けしております。

※ ニュースリリースに掲載している情報は、発表日現在のものであり、最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ 消費税表示に関しまして、平成26年2月28日以前に弊社より発信されておりますニュースリリースの予想市場価格等の記載に関しましては、プレスリリース時に施行されておりました消費税率を元に「内税表示」を行っております。平成26年3月1日以降は「外税表示」とさせて頂いております。