製品レポート

Product Report

今どきのニーズを押さえた、お買い得感の高いPCケース「Z5」

ZALMAN TECHのPCケース「Z5」シリーズは、ベストセラーとなった「Z9」シリーズの姉妹モデル。Z9シリーズ同様に価格が比較的リーズナブル。そのうえ、2.5インチベイを備えており、マウンターを使わずにSSDを搭載できる。さらに、上面にはスマートフォンなどを置くスペースを設けるなど、今どきのニーズを押さえた仕様となっている。


Zalman Z5 製品写真

対応フォームファクター ATX、microATX
シャーシの材質 プラスチック、スチール
外形寸法 幅205×奥行き490×高さ460mm
重量 6.5kg
ドライブベイ 5インチ×2
2.5インチ×2
3.5インチ内部×3
外部3.5インチ/内部3.5インチ/2.5インチ×1(兼用、マウンタ使用)
拡張スロット 7
搭載可能ファン 前面12cm角×1(12cmブルーLEDファン付属)
背面12cm角×1(12cmファン付属)
上面12cm角×2
底面12cm角×1
前面端子 USB 2.0×2
音声入出力

Zalman Z5 ケース上部IO

上面パネルには小物を置けるスペースがある。すぐ横にUSB端子があるため、スマートフォンやUSBメモリーなどの置き場所として使うと便利。

Zalman Z5 ケース内部

Z5の内部。マザーボードベースに配線用の穴が複数ある。5インチベイの下にスペースが空いているのも大きな特徴。

メンテナンスしやすく拡張性も充実

まず、チェックしたいのがドライブベイの数だ。5インチベイを3つ、3.5インチベイを3つ搭載するほか、2.5インチベイを2つ備える。さらに、5インチベイのうち1基を使って3.5インチドライブを搭載するためのマウンターが付属する。つまり、別途マウンターを用意しなくてもHDDは4台、SSDは2台まで搭載できる。SSDを使用する場合に注意したいのは、Serial ATAケーブルのコネクターについて。下向きL字型は干渉して挿さらないので、ストレートもしくは上向きL字型を用意しよう。

5インチベイと3.5インチベイの間にスペースがあるのもZ5の大きな特徴。この構造のおかげで、最大330mmの巨大なグラフィックスボードも収まる。

Zalman Z5 5インチベイマウンター付属

5インチベイにはマウンターが1つ付いており、ここに3.5インチドライブを取り付けられる。もちろん、マウンターを取り外せば5インチベイとして使える。

Zalman Z5 3.5インチ内部ベイ上部にSSDベイを装備

3.5インチ内部ベイの上部に2.5インチ内部ベイが1つある。片側のねじ穴に突起を入れて反対側をねじ留めする仕組み。

Zalman Z5 最下段にもSSDベイを装備

3.5インチ内部ベイの下部にも2.5インチドライブを固定可能。PCケースの底面からねじ留めする。

ファンは前後に12cm角を2つずつ搭載。さらに、上面に2つ、底面に1つファンを増設できる。背面には水冷チューブを通すための穴も空いている。安価なケースながら、グラフィックスボードや水冷クーラーを使ってハイスペックなマシンも組める。実に懐が深いケースだ。前面と上面のパネルはメッシュ状になっており、ケース内の通気性も良い。

Zalman Z5 水冷チューブ対応

Z5の背面には、水冷チューブを通すための穴も用意されている。

組み立てやメンテナンスがしやすい工夫も随所に見られる。まず、前面パネルと上面パネルはねじを使わずに付け外しが可能。また、5インチベイは左側面にプラスチック製の留め具が付いており、ねじを使わずにドライブを固定できる。

さらに、裏面配線にも対応。ただ配線用の穴があるだけでなく、十分なスペースが確保されているので、電源ユニットのメイン用など、多少厚みのあるケーブルも使える。手ごろな価格ながら、ATX12V用の延長ケーブルも付属。電源ユニットのケーブルが短い場合も、マザーボード裏面のスペースを利用してすっきりと配線できる。

Zalman Z5 フロントパネル

前面パネルと上面パネルの付け外しにねじは不要。ただし、いずれも前面端子やスイッチ用のケーブルがつながっているので気を付ける。

Zalman Z5 5インチベイの仕組み

5インチベイにドライブを入れる際は、まず側面の留め具を手前に開けておく。多少力が必要なので注意。留め具の突起をドライブのねじ穴にはめて固定する仕組み。

Zalman Z5 HDD固定方法

HDDの固定にもねじは不要。両側面に付属のプラスチック製レールを付けて3.5インチ内部ベイに押し込むだけ。

Zalman Z5 ATX12V用延長ケーブルを付属

長さが約30cmのATX12V用延長ケーブルが付属する。あらかじめマザーボードに挿しておくと配線がしやすい。

Zalman Z5 ブラケットカバー

ブラケットカバーは折って外すタイプ。拡張ボードを取り付ける際は怪我をしないように注意。

標準状態での十分な冷却能力、ファン追加も可能

Z5の冷却能力について、パーツを組み込んで検証した。最新CPUで最もスペックが高いIntelのCore i7-3770K(3.5GHz)とIntel Z77チップセット搭載マザーボードを使用。さらにハイエンドチップのRadeon HD 7970を搭載したグラフィックスボード「VAPOR-X HD7970 GHZ EDITION 3G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D / HDMI / DP」も取り付けた。室温26~28℃の部屋で、PCに負荷をかけて、HDD表面とCPUクーラーの吸気部(ケース後方上部)を温度計で計測。さらに、マザーボード付属のユーティリティでCPU温度もチェックした。

その結果、高い負荷をかけても、HDD表面やCPUクーラー吸気部の温度を32℃前後に抑えられ、冷却能力の高さを実感できた。Z5はファンをあと3つ増設可能で、冷却能力をさらに高めることもできる。

Zalman Z5 パーツ取り付け後

パーツ一式を組み込んだところ。長さが約27cmの巨大なグラフィックスボードも難なく収まった。

Zalman Z5 温度測定結果

温度の計測結果。アイドル時は起動してから約10分後。負荷時は「Hyper Pi」とHDDに「CrystalDiskMark 3.0.1」を実行してから約10分後の値とした。前面ファンのすぐ横に3.5インチ内部ベイがあるため、特にHDDはよく冷えた。

なお、電源ユニットは9月に登場したばかりの新製品「ZM750-XG」(ZALMAN TECH)を組み合わせた。80 PLUS GOLDを取得した高効率モデル。ケーブルは着脱式で、6+2ピンのPCI Express端子は最大4つまで、Serial ATA端子は最大8つまで使えるなど、端子の数も十分。将来、さらにパーツを増設する場合も十分に対応できる。消費電力を測定したところ、アイドル時が77W、高負荷時が122Wと今回のハイスペックなパーツ構成でも余裕で対応できた。

Zalman ZM750-XG 製品写真

ZM750-XGは定格出力750WのATX電源。本体からはメイン用、ATX12V用、PCI Express用(6+2ピン)×2のケーブルが伸びている。その他のケーブルは着脱式。

Zalman ZM750-XG 付属ケーブル

ケーブルはすべてメッシュ仕様で、コネクターの数やケーブルの長さも十分。


(文・写真=SPOOL

※ 本記事は執筆時の情報に基づいており、販売が既に終了している製品や、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


関連製品のご紹介
製品画像
製品の詳細
ZALMAN TECH
Z9 U3
USB 3.0をポートを搭載。独特なケースデザインと優れたクーリングソリューションを備えたミドルタワー型PCケース
製品画像
製品の詳細
ZALMAN TECH
Z11シリーズ
新設計のクーリング機構を採用。革新的なクーリングソリューションと独特なケースデザインが特徴のミドルタワー型PCケース
製品画像
製品の詳細
ZALMAN TECH
XGシリーズ
80PLUS GOLD認定取得。優れた変換効率と高い信頼性を確保した電源ユニット
製品画像
製品の詳細
ZALMAN TECH
CNPS9900DF
3本のヒートパイプとデュアルファンで効率的な熱移動を実現したサイドフロー型CPUクーラー

●ZALMAN TECH社 概要
ZALMAN TECH社は、韓国を本社とするPCパーツを中心に開発、発売をしてきました。おもに、ヒートパイプを使った冷却技術には定評があり、CPUクーラー、VGAクーラーなどで、ユニークなヒット商品を市場へ提供しております。PCパーツ以外にも、サウンド関連製品なども展開しております。
メーカーウェブサイト:http://www.zalman.com/

製品に関するお問い合わせや詳細情報については下記リンクをご確認ください。

お問い合わせ一覧を見る製品ページを見る

関連記事のご紹介