製品レポート

Product Report

市ヶ谷でレビュー「Thule Perspektiv Compact Sling」

市ヶ谷でレビュー ASK

ここでは、簡単に社内で製品レビューをしようではないかという企画です。商品の購入時の参考にしてもらえると嬉しいです。

今回は、カメラバッグ「Thule Perspektiv Compact Sling(スーリー・パースペクティブ・コンパクト・スリング)」です。


― どんなカメラが入るかなぁ?


Canon EOS Kiss X4+EF-S 18-55/3.5-5.6 ISは入る

仕切りを2/3くらいにして、アスクで長年使っているCanon EOS Kiss X4+EF-S 18-55/3.5-5.6 ISは入る。

Nikon D5100+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRは入る

Nikon D5100+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRは入る

― Nikon D800+AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRは入る?


入ることは入るけど、キツい

入ることは入るけど、キツい。。

TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD (Model A009) を一緒に入れてバッグは閉まるけどパンパンだね

TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD (Model A009) を一緒に入れてバッグは閉まるけどパンパンだね。

― ポケットがいくつかあるけどどうよ?


外側のポケットには、スマートフォンとか入れると便利

外側のポケットには、スマートフォンとか入れると便利。

中側のポケットは、SDとかのメモリとかフィルタとかの小物が入れられる

中側のポケットは、SDとかのメモリとかフィルタとかの小物が入れられる。

あと一カ所、中側にもある

あと一カ所、中側にもある。ここはタブレットとか入れられるね。iPad miniは入ります。

Tegra Note 7も入ります

Tegra Note 7も入ります。

さすがにiPad Airは無理です

さすがにiPad Airは無理です。

― 撥水が売りみたいだけどちゃんと水は弾くの?


水かけちゃいましょ

やってみればわかりますよ。水かけちゃいましょ。

ちゃんと撥水効果ありますね

ちゃんと撥水効果ありますね。

― この製品、雨カバーあったよね?


レインカバーですよ

レインカバーですよ。レインカバーは下から出せるので、雨が降ってからでもバッグのどこか開けることなくかぶせることができます。

これあるとかなり安心できます

これあるとかなり安心できます。

たぶん、レインカバーのバンドの使い方はこれでいいと思う

たぶん、レインカバーのバンドの使い方はこれでいいと思う。

撥水もOK

撥水もOK

― この製品は、かなり雨に強いね?


ジッパー閉めるとテープが覆うようになっています

ジッパー閉めるとテープが覆うようになっています。Thule Perspektivシリーズは、アウトドアで使用を想定ですからねぇ、悪天候に対応できるように設計されてます。

ジッパーはYKK製で信頼性が高い! 現にThule製品がYKKジッパーに変更してから不良率が低くなっていますよ。クラウドバースト構造で悪天候でも安心して使用できるわけです。

― クラウドバースト構造って何??


クラウドバースト構造

悪天候の際に耐久性を発揮する場所の総称です。縫い目のない生地、ジッパーなどの構造を全て含んだ構造をクラウドバースト構造と言うそうです。かなり考えて作られています。

― 早速、腰に付けてみてみよう。


ショルダーストラップを付けたとたん楽になる

Nikon D800+AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRとTAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD (Model A009) を入れた状態だと、ウエストベルトだけでは結構な重さを感じるがショルダーストラップを付けたとたん楽になる。

荷物が重いときは、ウエストベルトだけだとたぶん疲れると思う。ショルダーストラップがあると楽だし安心。ショルダーストラップ取り外しできるから、自分のスタイルに合わせられるのがいい。

取り出すのも問題ない

取り出すのも問題ない!

斜めがけの方が楽かも

斜めがけの方が楽かも。

取り出す時にカメラ落とすかなぁ

取り出す時にカメラ落とすかなぁ。まぁ、そういうのは自己責任だね。

― 総評

ミラーレスで何本かレンズ入れて持ち運ぶのが、ちょうどいいかなぁ。日常使うのもありだし、アウトドアでの撮影する人にはおすすめだね。とくにカメラバックとして撥水加工されて、なおかつレインカバーがあることがさらに安心できるね。


(文・写真=アスク)

※ 本記事は執筆時の情報に基づいており、販売が既に終了している製品や、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

関連製品はこちら
Thule Perspektiv Backpack
製品の詳細
Thule
Thule Perspektiv Backpack
必要な機材をすべてを持ち運ぶことができる。カメラ用の大容量バックパック
Thule Perspektiv Daypack
製品の詳細
Thule
Thule Perspektiv Daypack
カスタマイズできる収納部と多数の収納ポケットを備えるカメラ用バックパック
Thule Perspektiv Messenger Bag
製品の詳細
Thule
Thule Perspektiv Messenger Bag
取り外し可能なカメラ収納部を搭載。通勤用にも最適なカメラ用メッセンジャーバッグ
Thule Perspektiv Toploaderシリーズ
製品の詳細
Thule
Thule Perspektiv Toploaderシリーズ
デジタル一眼レフ・カメラの収納に対応。使い勝手の自由度が高いトップローダー構造のカメラ用バッグ
●THULE(スーリー)ブランド 概要
THULEブランドは、1942年に生まれました。"Bring your life"(あなたの人生を運ぶ)をモットーに、アクティブな人々が大切にするものを、手軽に、安全に、スタイリッシュに運ぶためのプレミアムな製品を、世界中で提供しています。
主な製品はルーフラック、サイクルキャリア、ルーフボックス、ノートPCケース、カメラバッグ、スポーツバッグ、キッズ関連製品(サイクルチャイルドシートや多機能チャイルドキャリアなど)で、世界125カ国以上で販売されております。
THULEは、THULE GROUP最大のブランドです。
ウェブサイト:http://www.thule.com/ja-jp/jp

製品に関するお問い合わせや詳細情報については下記リンクをご確認ください。

お問い合わせ一覧を見る製品ページを見る

関連記事のご紹介