製品レポート

Product Report

4台のストレージを搭載可能! 1度に2台へクローンを作成可能な「MAL-3635SBK」

MAL-3635SBK製品画像

MARSHAL

MAL-3635SBK

対応ストレージ:Serial ATA接続×4(各最大4TB)

PC側インターフェース:USB2.0

USBハブ:2ポート

電源:ACアダプター(60W)

重量:328g(本体のみ)

外形寸法:幅164×奥行き126×高さ88mm

対応OS:Windows 7/Vista/XP/2000 Professional

付属品:USB2.0ケーブル、ACアダプタ、2.5インチ用アタッチメント×4、取扱説明書・製品保証書

JANコード:4582255114467

製品ページはこちら(MARSHAL社Webサイト)

4台のHDD/SSDを同時接続可能

多くの外付けHDD/SSDケースは1台用だ。台数が増えると場所を取ってしまう上にACアダプターなどのケーブルでごちゃごちゃしてしまう。そんな場合に便利な製品がMARSHALの「MAL-3635SBK」だ。クレードルタイプなのでHDD/SSDの交換が簡単で、なんと4台まで同時に扱える。ストレージコピー機能も備え、バックアップ目的にも最適だ。実勢価格は9000円前後。

MAL-3635SBK本体

本体は樹脂製。ドライブを取り付けるスロットは左からA、B、C、Dとアルファベットを振ってある。

前面LEDとスイッチ

前面にはLEDが多く並ぶ。上段のLEDは各スロットにストレージがつながると光る。下段のLEDはストレージコピー時の進行具合を表す。右端のスイッチはストレージコピーの開始ボタン。

背面インターフェースとスイッチ

背面にはスイッチや端子が並ぶ。左から電源スイッチ、電源端子、USB端子×3。中央のBタイプの端子をPCとつなぐ。左右の端子には機器をつなげられる。

付属のACアダプタは60W

出力60WのACアダプターが付属する。HDD/SSDを4台動作させるため、出力は大きめだ。その分サイズも大きい。


MAL-3635SBKの特徴は、ストレージ4台分のスロットを備えること。もちろん4台同時に使用可能だ。PCとつなぐUSBケーブルは1本で良いため、配線をすっきりさせられる。使用可能なストレージはSerial ATA接続のHDD/SSD。容量は最大4TBに対応する。2.5インチドライブ用に、位置を合わせるためのアダプターが付属。4台のドライブはそれぞれ認識する。RAID機能やコンバイン機能は無く、まとめて1台の大容量ドライブにする、といった使い方はできない。


HDD/SSD装着時

3.5インチHDDを取り付けたところ。寸法は少し余裕があり、引っ掛かり無く取り付けられた。

2.5インチストレージ用アダプタ

2.5インチのHDD/SSDを取り付けるためのアダプターが付属する。

2.5インチSSDを取り付けた状態

アダプターは本体のくぼみに付ける。写真はSSDを取り付けたところ。

2台へ同時コピーが可能

ストレージのコピー機能もある。1台のストレージの内容を2台までに同時にコピーできる。手順は簡単。まず、Aのスロットに元になるストレージを、BかC、または両方のスロットにコピー先のストレージを取り付ける。後は前面の「Clone」とあるボタンを2回押せばコピーが始まる。ストレージコピーの際にPCは不要だ。

コピー先のストレージは、コピー元のストレージ以上の容量が必要な点は注意が必要。容量が小さい場合はコピーが開始されない。また、コピー先のHDD/SSDは1台でも2台でも所要時間は変わらなかった。

2TBのHDDから3TBのHDDへのコピーを試した。完了までの時間は約5時間。コピー先のHDDは2TBの容量でパーティションが作られており、残りは未割り当て領域になっていた。このコピーではパーティション形式も継承するため、コピー元のHDD/SSDがMBR(マスターブートレコード)方式ならコピー先もMBR方式、GPT(GUIDパーティションテーブル)方式ならGPT方式になる。

2台同時コピー

ストレージをコピーする際は元のストレージをAに、コピー先のストレージをBかCに取り付ける。BとC両方に取り付ければ2台同時にコピー可能。前面のボタンを2回押すとコピーが始まる。

2台同時コピー中

2TBのHDDを使ってコピーを作った。所要時間は約5時間だった。モデルが違うと同じ2TBでも少し容量が違う場合がある。同じモデル同士でコピーするのが最も安全だ。

数百GBや数TBといった大量のデータのバックアップを取る場合、最も簡単な保存先は、実はHDDだ。光学式メディアを使うと、2層のBlu-ray Discを使っても容量は50GB。1TBのデータのバックアップには20枚も必要になる。一定の容量に収まるようにデータを整理する必要もある。HDDなら、同じ容量のストレージを用意すればそのままコピーできる。容量に対してサイズが小さいのもメリットだ。バックアップデータの入ったHDDが増えても、MAL-3635SBKを使えば4台まで同時にPCにつなげられ、目的のデータを効率良く探せる。

(文・写真=SPOOL

※ 本記事は執筆時の情報に基づいており、販売が既に終了している製品や、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。



関連製品のご紹介
製品画像
OCZ Technology
OCZ Octane SATA3シリーズ
SATAⅢインターフェース対応。SSDコントローラにIndilinx Everestを搭載し、高速で安定した動作が魅力のSSDシリーズ(1TBモデル新登場)
製品の詳細
製品画像
OCZ Technology
OCZ Vertex 4シリーズ
SSDコントローラにIndilinx社製 Everest 2を搭載。トップクラスのパフォーマンスを誇るSSDシリーズ
製品の詳細
製品画像
ZALMAN TECH
SSD-F1シリーズ
SATA3インターフェース対応。SSDコントローラにSandForce 2281を搭載したハイパフォーマンスSSD
製品の詳細
製品画像
Apricorn
SATA Wire 3.0
簡単な3ステップで2.5インチSATAドライブのクローンが作成できる、USB 3.0対応のクローン作成キット
製品の詳細


●MARSHAL社 概要
2005年設立。主にストレージ関連製品を製造・販売。とくに外付けストレージケースは、低価格なモデルから多機能・ユニークな製品まで幅広く展開しています。
メーカーウェブサイト:http://www.marshal-no1.jp/

製品に関するお問い合わせや詳細情報については下記リンクをご確認ください。

お問い合わせ一覧を見る製品ページを見る

関連記事のご紹介