製品レポート

Product Report

小型でも高性能を実現できるBitFenixのmicroATXケース

今回紹介するのは、BitFenix製PCケース「Colossus microATX」「Phenom microATX」「Prodigy M」の3モデル。いずれもシャシーの構造は同じで、外装のデザインや側面パネル、搭載ファンの数が異なる。microATXサイズのマザーボードに対応し、小型ながら拡張性が高いのが大きな特徴だ。

3色に光るLEDがインパクト大 Colossus microATX

Colossus microATX 製品画像


対応マザーボード microATX、Mini-ITX
ドライブベイ 5インチ×1、内部3.5インチ×4、内部2.5インチ×3
搭載可能ファン 上面:12cm角×2
底面:12cm角×2または23/20cm径×1(12cm角×1を搭載済み)
背面:14/12cm角×1(12cm角を搭載済み)
前面端子 USB 3.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1
対応グラフィックスボード 最大32cm
対応CPUクーラー 高さ最大16cm
拡張スロット 5
対応電源 ATX
外形寸法 250(W)×330(H)×374(D) mm


Colossus microATXは、両側の側面パネルから前面パネルに鋭く入ったラインがポイント。LEDを内蔵しており、ブルー、グリーン、レッドの3色で光る。ドライブベイは5インチ×1のほか、内部3.5インチ×4と内部2.5インチ×3を搭載。さらに、長さ32cmまでのグラフィックスボードや、高さ16cmまでの空冷クーラー、24cmサイズのラジエーターへの対応もうたっており、通常のミドルタワー型ケースと比べてもそん色のない拡張性といえる。

側面パネルは背面の手回しねじを取って、後ろに引くと外れる

側面パネルは背面の手回しねじを取って、後ろに引くと外れる。

Colossus microATXの側面パネルを開けたところ

Colossus microATXの側面パネルを開けたところ。まず、右側面にトレーがある。このトレーに3.5インチドライブを2台、2.5インチドライブを3台取り付けられる。底面にはさらに3.5インチドライブを2台搭載可能(ファンを外した場合)。ケースの裏側からねじ留めする。

前面にカバーを搭載しているのも特徴

Colossus microATXは前面にカバーを搭載しているのも特徴。内部の音が漏れにくい。


コンパクトと高い拡張性という、相反する特徴を両立させるために、シャシーはかなりユニークな構造となっている。マザーボードは一般的なミドルタワー型ケースとは、上下逆さまに取り付ける。また、電源ユニットは延長ケーブルを使用して、ケースの前面に縦に設置する。

とはいえ、組み立ては決して難しくはない。右側面にあるトレーを外したら、マザーボードや電源ユニットなどを固定して、最後にSSDやHDDを取り付けたトレーを元の位置に戻せばよい。注意が必要なのはケーブルの配線について。内部のスペースが限られるので、特にファンに干渉しないように気を付けよう。なお、Colossus microATXには標準で結束バンドが付属しているので、利用するとよいだろう。

前面パネルは内側のツメを押し込むと簡単に外れる

前面パネルは内側のツメを押し込むと簡単に外れる。ドライバーは不要。

電源ユニットはあらかじめフレームにねじ留めしてフレームごとシャシーに固定する仕様

電源ユニットはあらかじめフレームにねじ留めしてフレームごとシャシーに固定する仕様。フレームは手回しねじ1個で固定できる。

ケース内に延長ケーブルがあり、底面で電源ユニットに接続しておく

ケース内に延長ケーブルがあり、底面で電源ユニットに接続しておく。延長ケーブルを使用する小型ケースの場合、一度組んでしまうと電源のスイッチがオン/オフできない製品もあるが、Colossus microATXは底面でオン/オフできる。

拡張ボードの固定はねじ留めが不要

拡張ボードの固定はねじ留めが不要。背面にある留め具でまとめて固定できる。

側面のフレームの裏側にHDDを取り付けると

側面のフレームの裏側にHDDを取り付けると中央のねじ穴は使えないので、SSDは2台までとなる。

Serial ATAケーブルはコネクターの形状に注意

Serial ATAケーブルはコネクターの形状に注意。ストレートタイプだと問題なく使える。

スイッチや端子類は右側の側面パネルにある

スイッチや端子類は右側の側面パネルにある。ケーブルの配線は慎重に行おう。

Colossus microATXにSSDとHDD以外のパーツを組み込んだところ

Colossus microATXにSSDとHDD以外のパーツを組み込んだところ。5インチの光学式ドライブと長さが30.5cmもある巨大なグラフィックスボードも干渉せずに搭載できた。

12cm角ファン×2を搭載し冷却も万全

当然、パーツを詰め込むとその分内部のスペースが狭くなり、冷却の条件も厳しくなる。小型ケースの場合は特に注意が必要だ。Colossus microATXは、背面と底面に12cm角ファンを1つずつ備えているほか、上面にファンを追加可能。パーツのすぐそばにファンを配置するレイアウトで、効率的に冷やせる。

背面には12cm角ファンを搭載

背面には12cm角ファンを搭載。さらに大きな14cm角ファンに交換もできる。

底面には12cm角ファンを搭載済み

底面には12cm角ファンを搭載済み。さらにもう1個12cm角ファンを追加できるほか、巨大な23cm角ファン1個に交換も可能。


実際にパーツ一式を組み込んだ状態でCPU温度を測った。ハイスペックなパーツを使い、しかも高い負荷をかけたため、CPU温度はかなり高温になったが、途中で強制的にPCが再起動したり、クロックが落ちたりすることはなかった。通常の用途で使う分にはまず問題ないと言える。

さらに、Colossus microATXは小型ながら24cmサイズのラジエーターが収まるのも大きなポイント。そこで、光学式ドライブを取り外して一体型水冷クーラー「Seidon 240M」(Cooler Master Technology)を搭載して、再度CPU温度を測った。その結果、高負荷時も61℃に抑えられた。一体型の水冷クーラーを組み合わせれば、小型でもハイスペックなパーツを安心して使えることが実証できた。ちなみにPhenom microATXとProdigy Mもシャシーが同じ構造のため、ほぼ同じ冷却性能が手に入る。

ケース上部にファンやラジエーターを簡単に取り付けられる

上面のカバーは簡単に外せて、ケース上部にファンやラジエーターを簡単に取り付けられる。

巨大なグラフィックスボードと一緒に使えた

光学式ドライブを取り外し、一体型水冷クーラーのSeidon 240Mを取り付けたところ。巨大なグラフィックスボードと一緒に使えた。

LEDは側面のスイッチで色やオン/オフを切り替え可能

LEDは側面のスイッチで色やオン/オフを切り替え可能。BitFenixが「LifeTrakテクノロジー」と呼ぶ機能により、3色がゆっくり切り替わるモードも選べる。

LEDの発光イメージ

LEDの発光イメージ。ブルー、グリーン、レッドの3色に対応。

小型ながらHDDやSSDをたくさん搭載できる Phenom Micro-ATX

Phenom Micro-ATX 製品画像


対応マザーボード microATX、Mini-ITX
ドライブベイ 内部3.5インチ×5(うち1つはマウンターを使用)
内部2.5インチ×5(うち1つは内部3.5インチと排他)
搭載可能ファン 上面:12cm角×2
底面:12cm角×2または23/20cm径×1(12cm角×1を搭載済み)
背面:14/12cm角×1(12cm角を搭載済み)
前面端子 USB 3.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1
対応グラフィックスボード 最大32cm
対応CPUクーラー 高さ最大16cm
拡張スロット 5
対応電源 ATX
外形寸法 250(W)×330(H)×374(D) mm


Phenom Micro-ATXはColossus microATXとシャシーの構造が同じ。前面パネルのデザインがフラットで、5インチサイズの光学式ドライブやファンコントローラーには対応しない。ただし、内部には5インチドライブを固定するためのベイがあり、付属の変換マウンターを使用すれば3.5インチドライブを取り付けられる。また側面パネルに内部2.5インチベイが2つあるのもこの製品の特徴だ。


今回使用したのはNVIDIAとコラボレーションした特別モデル

今回使用したのはNVIDIAとコラボレーションした特別モデル。側面パネルにはNVIDIAのエンブレムやGeForceのロゴが配置されている。カラーはブラックのほかホワイトもある。なお、ロゴの入っていない通常モデルもラインアップする。

ハンドル付きで移動もしやすい Prodigy M

Prodigy M 製品画像


対応マザーボード microATX、Mini-ITX
ドライブベイ 5インチ×1、内部3.5インチ×4、
内部2.5インチ×5(うち1つは内部3.5インチと排他)
搭載可能ファン 上面:12cm角×2
底面:12cm角×2または23/20cm径×1(12cm角×1を搭載済み)
背面:14/12cm角×1(12cm角を搭載済み)
前面端子 USB 3.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1
対応グラフィックスボード 最大32cm
対応CPUクーラー 高さ最大16cm
拡張スロット 5
対応電源 ATX
外形寸法 250(W)×404(H)×359(D) mm


Prodigy MもColossus microATXとシャシーの構造が同じ。上下にラバー製のハンドルを搭載しているのが大きなポイント。カラーはブラックのほかホワイトもある。Phenom Micro-ATXと同様に側面パネルにも内部2.5インチベイが2つある。


ハンドルがある分、上の2製品に比べると高さがある

ハンドルがある分、上の2製品に比べると高さがある。持ち運びがしやすいのもポイント。

Prodigy Mにも、NVIDIAとコラボレーションした特別モデルがある

Prodigy Mにも、NVIDIAとコラボレーションした特別モデルがある。カラーはブラックとホワイトの2色。いずれも刺激的で目立つデザインだ。

番外編:見た目と冷却にこだわったATX対応のタワー型 Ronin

Ronin 製品画像


対応マザーボード ATX、microATX、Mini-ITX
ドライブベイ 5インチ×3、内部3.5/2.5インチ×6
搭載可能ファン 前面:12cm角×2(12cm角×1を搭載済み)
上面:14/12cm角×2
底面:12cm角×1
背面:12cm角×1(搭載済み)
前面端子 USB 3.0×2、USB 2.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1
対応グラフィックスボード 最大42cm
対応CPUクーラー 高さ最大16cm
拡張スロット 7
対応電源 ATX
外形寸法 205(W)×483(H)×505(D) mm


設置スペースに余裕がある、小型にはそれほどこだわらない、というユーザーは「Ronin」にも注目したい。ATX対応のタワー型ケース。他のBitFenix製ケース同様、外装は質感が高く、デザインも個性的。側面パネルには透明アクリル板を採用しており、内部が見える。さらに、マザーボード部分以外はステルスカバーで隠せる仕様で、より見た目にこだわった作りとなっている。ドライブベイは5インチ×3のほか、内部3.5/2.5インチ×6を搭載。もちろん、24cmサイズのラジエーターなど、ハイスペックなパーツに対応する。冷却性能の高さもポイント。前面や上面、底面にたくさんの通気口があるほか、ケース内には最大5つのファンを搭載できる。


インパクトのある見た目のPCが組める

LED付きのパーツを搭載し、ステルスカバーを使えば、このようにインパクトのある見た目のPCが組める。

(文・写真=SPOOL

※ 本記事は執筆時の情報に基づいており、販売が既に終了している製品や、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

紹介製品のご紹介
Colossus microATX
製品の詳細
BitFenix
Colossus microATX
3色に光るLEDストライプ機能を搭載。microATXに対応したキューブ型ゲーミングPCケース
Phenom microATX NVIDIA Edition
製品の詳細
BitFenix
Phenom microATX NVIDIA Edition
NVIDIAコラボレーションモデル、マットで滑らかな素材を採用したmicroATX対応のキューブ型ゲーミングPCケース
Prodigy Mシリーズ
製品の詳細
BitFenix
Prodigy Mシリーズ
ラバー製ハンドルを備える独自デザイン。microATXに対応したキューブ型ゲーミングPCケース
Ronin
製品の詳細
BitFenix
Ronin
水冷ラジエータの取り付けに対応。拡張性に優れたミドルタワー型PCケース

●BitFenix社 概要
BitFenix社は、ユーザーのニーズに応えるソリューションを設計し、最新の技術と優れたデザインを組み合わせることに焦点を当てたPCケースをはじめとする様々な周辺機器を提供しております。
メーカーウェブサイト:http://www.bitfenix.com/

製品に関するお問い合わせや詳細情報については下記リンクをご確認ください。

お問い合わせ一覧を見る製品ページを見る

関連記事のご紹介