製品レポート

Product Report

高度な暗号化セキュリティを採用するUSBメモリ「Aegis Secure Keyシリーズ」

Aegis Secure Key製品画像

Apricorn

Aegis Secure Keyシリーズ

インタフェース:USB 2.0

データ転送速度:最大27MB/s、最大24MB/s

容量:4GB/8GB/16GB/32GB

本体サイズ:80×20×10.5mm

本体重量:約25g

暗号化:AES 256bit CBC ハードウェア暗号化、SHA-256ハッシュ

防水性能:MIL-STD 810F 準拠

対応OS:Windows、Mac OS、Linux, Android、Symbian

製品ページはこちら


米Apricornは、1983年設立のストレージベンダー。同社は単なるストレージにとどまらず、指紋認証機能や暗証番号認証機能など、セキュリティを重視したストレージ製品を数多く発売している。

Aegis Secure Keyシリーズは、暗証番号認証機能付きのUSB2.0メモリ。幅80×奥行き20×高さ10.5mmという手のひらに収まる程度の大きさながら、ハードウェア暗号化によりデータをしっかりと保護する。この強固なセキュリティにより、万が一の盗難や紛失の際もデータ漏えいの危険性が限りなく低くなる。日常的に携帯することの多いUSBメモリには最適な機能と言える。


キーホルダー状に取り付けられる

ワイヤータイプのホルダーが付いておりバッグなどにしっかり取り付けられる

あわてずにPINコードを設定する

Aegis Secure Keyシリーズには物理的に0~9まで、計10個の数字キーが付いている(図1)。このキーによってPINコード(パスワード)を設定してロックをかけるが、特殊な製品だけに設定には難しい面もある。改めて設定方法を紹介しよう。


Aegis Secure Keyのキー配置

図1 Aegis Secure Keyのキー配置

最初にAegis Secure Keyの初期状態のロックを解除する(詳細は図2)。下部にある鍵型のキーボタンを押し、所定の操作を繰り返しながら一旦ロックを外してPCに接続。接続確認ができたら再び外し、改めて任意の7~15ケタのPINコードを設定する。

本製品には初期のPINコードが登録されているが、これはApricorn社のWebサイトでも公開されてしまっている。もし初期状態のPINコードのまま使用していたら、セキュリティUSBメモリの意味を成さない。図3の手順に従って忘れないようなPINコードを設定する。以降、PCに接続する際にはこのPINコードが必要となる。


ロック解除の手順

図2 ロック解除の手順

初期段階のPINコードを変更

図3 初期段階のPINコードを変更

とはいえ7ケタ以上の数字は、なかなか記憶しておくのが難しい。もし忘れた場合のためにリセット方法も用意されており、再びPINコードを設定できる(図4~5)。

ただし、USBメモリに記録されているデータを保護するという本製品の性質上、PINコードをリセットするさいには記録されているデータがすべて消去される。もちろんこれは漏えいリスク回避のための機能なので、自分自身がPINコードを忘れることがないよう注意しよう。

Aegis Secure Keyのリセット方法

図4 Aegis Secure Keyのリセット方法

リセット後の新PINコード設定方法

図5 リセット後の新PINコード設定方法

設定が上手くいかない場合は、必ずLEDインジケーターの状態を確認する(LED状態の一覧は図6)。注意点としては「何秒以内」「何秒間押す」「何回押す」といった決まりごとが少なからずあることだろう。気持ちが焦ってしまうと、せっかく考えぬいたPINコードをうっかり誤入力してしまうことも考えられる。

また、USBメモリの大きさのため、数字のボタンは非常に小さい。しっかりしたクリック感があるのは救いだが、PINコード入力の時はとくに目を凝らし、指先に集中して数字を入力しよう。


LEDインジケーターの意味

図6 LEDインジケーターの意味

LEDの色で正しく認識しているかチェックできる

右上の緑LED、下部の青LEDが点灯し、Aegis Secure Keyが無事PCに認識されている状態

企業向けとして管理者モードも用意

これだけ強固なセキュリティ製品だけに、企業での利用が中心と考えていい。Aegis Secure Keyは、そうした用途に最適なAdmin(管理者)PINコードの設定もできる。これまで紹介したように、設定は易しいものではない。システム管理者が一括してPINコードの設定・管理を行うのが望ましいだろう。

Admin PINコードを設定することで、先に紹介した通常のPINコード(User PINコード)を忘れた場合でもアクセスが可能になる。図7の手順に従って、しっかりと確認しながら設定する。気をつける点は、User PINコードが一旦消去されてしまうこと(ただしデータは消去されない)。そのため、Admin PINコードを設定した後にもう一度User PINコードを設定する必要がある(図8~9参照)。


Admin(管理者)PINコード設定方法

図7 Admin(管理者)PINコード設定方法

Admin(管理者)モードでのロック解除方法

図8 Admin(管理者)モードでのロック解除方法

Admin(管理者) モードでUser PINコードを追加

図9 Admin(管理者) モードでUser PINコードを追加

いずれにしろ、ハードウェア上で制御する仕組みのため、非常に高いセキュリティの壁を築くことができる。また、米国防省による工業製品の環境耐性評価試験に関する規格「MIL-STD 810F」に準拠し、防水・防塵・耐衝撃性に優れているのも特徴だ。

(文・写真=SPOOL

※ 本記事は執筆時の情報に基づいており、販売が既に終了している製品や、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。



関連製品のご紹介
製品画像
Apricorn
Aegis Padlockシリーズ
暗証番号を最大16ケタまで設定可能。暗号化セキュリティに対応したポータブルHDD
製品の詳細
製品画像
Apricorn
Aegis Padlock DTシリーズ
暗証番号によるデータ保護に対応。暗号化セキュリティに特化した3.5インチ外付けHDD
製品の詳細
製品画像
Rocstor
ROCBIT FXKTシリーズ
USBトークンキーによる暗号化セキュリティに対応したポータブルHDD
製品の詳細
製品画像
Ciphertex
CX-RANGER-Eシリーズ
USBキーによる認証システムが構築可能。2.5インチHDDを5台搭載した、コンパクトな暗号化RAIDストレージ
製品の詳細


●Apricorn Inc.社 概要
Apricorn Inc.は、米国に本社を置くストレージベンダーで、PCIeストレージや指紋認証ストレージ、暗証番号認証ストレージなど他にないユニークな製品をリリースしています。
メーカーウェブサイト:http://www.apricorn.com/

製品に関するお問い合わせや詳細情報については下記リンクをご確認ください。

お問い合わせ一覧を見る製品ページを見る

関連記事のご紹介