製品レポート

Product Report

指紋認証によるアクセス制御で堅牢性を強化!Apricorn製ポータブルストレージ「Aegis Bio 3.0」シリーズ

Aegis Secure Key製品画像

Apricorn

Aegis Bio 3.0シリーズ

インタフェース:USB 3.0

容量(HDDモデル):500GB/750GB/1TB

容量(SSDモデル):128GB/256GB/512GB

本体サイズ:19×84.5×120mm

本体重量:約176g

暗号化:256ビット AES-XTS ハードウェア暗号化

対応OS:Windows、Mac OS、Linux

付属品:携帯用ポーチ、USB分岐ケーブル、英語版クイックスタートガイド

製品ページはこちら

データの共有や持ち運び、バックアップなど幅広い用途で使える、USB給電のポータブルストレージ。Ultrabookやタブレット端末などと一緒に持ち歩いている人も多いだろう。だが、多くのポータブルストレージは、セキュリティーが甘いのが現状だ。USB端子に接続するだけで、保存しているファイルを読み出せてしまう。もし、紛失や盗難に遭ったら中のデータは筒抜けだ。

ポータブルストレージの中には、万が一のリスクに備えて、セキュリティー機能を備えた製品がある。今回紹介する「Aegis Bio 3.0」シリーズもその一つで、最大の特徴は、二重の対策でデータを守る点だ。

指紋認証と暗号化を併用してデータを保護

第一のセキュリティー対策が指紋認証による、アクセス制限だ。指紋は複製が難しく、パスワード認証のように他人が「なりすまし」によってアクセスできない。管理が簡単なのもメリットだ。一般的なユーザー認証の方法にパスワード認証がある。しかし、単純なパスワードを推測されたり、盗み見で記憶されたりするなど、悪用されるリスクが高い。反対にパスワードを複雑にすると、管理が難しい。忘れたら二度とアクセスできなくなる。

セキュリティーを高める第二の手段が、256ビットのAES-XTSハードウェア暗号化だ。全てのデータを暗号化してから記録する。ケースからHDDやSSDを取り出して、ほかのPCに接続しても、正しいデータは読み出せない。

そして、これら二重の対策をAegis Bio 3.0のみで処理できる。つまり、ハードそのものに鍵をかけられるのだ。本体内にセキュリティー機能を備えたチップを搭載しており指紋の登録や認証、データの暗号化や複合を行う。登録、認証用のソフトやUSBドングルなどは一切不要だ。WindowsやMac、LinuxなどOSを問わずに使える。「強固なロック」と「環境を問わない利便性」を両立している。


Aegis Bio 3.0。今回評価したのは500GBのHDDを内蔵したモデルだ

Aegis Bio 3.0。今回評価したのは500GBのHDDを内蔵したモデルだ。上面から右側面にかけて溝があり、ケーブルを収納できる。

スマホ+αのコンパクトサイズ、USB 3.0を全モデルに採用

製品を詳しく見ていこう。開発、販売は米に本社を置くApricorn。主にストレージ製品を扱うメーカーで、セキュリティーを高めたモデルを積極的に展開している。

パッケージを開けると、Aegis Bio 3.0本体の他、キャリングケース、英語版のクイックスタートガイド、二股ケーブルが入っている。本体は幅84.5×奥行き120×高さ19mmとコンパクト。スマートフォンを一回り大きくした程度の大きさと言えばイメージしやすいだろう。重量は176g。頻繁に持ち歩いても苦にならない重さだ。本体色はブラックで高級感がある。

Aegis Bio 3.0のラインアップは全部で6種類。5400回転/分のHDDを内蔵するタイプは500GB、750GB、1TBの3モデルがある。容量を重視するなら、こちらがベストチョイスだ。転送速度を重視したい場合は、ストレージにSSDを採用するモデルがお薦め。公称のデータ転送速度は読み出しが160MB/秒、書き込みは145MB/秒。外付けストレージとしては極めて高速だ。

全てのモデルでインターフェースにUSB 3.0を採用する。USB 3.0はこれまで主流だったUSB 2.0を高速化した規格で、最近発売されたデスクトップPCやUltrabookなどが搭載している。理論上の転送速度は最大500MB/秒。外付けストレージの弱点である、データ転送の遅さの解消に期待できる。使っているPCにUSB 3.0端子が無くても大丈夫。転送速度は遅くなるものの、USB 2.0端子に接続しても読み書きが可能だ。


Aegis Bio 3.0シリーズ(HDDモデル)
製品名 Aegis Bio - USB 3.0, software free design with hardware 256-bit AES encryption 500GB Aegis Bio - USB 3.0, software free design with hardware 256-bit AES encryption 750GB Aegis Bio - USB 3.0, software free design with hardware 256-bit AES encryption 1000GB
容量 500GB 750GB 1TB
インタフェース USB 3.0(USB 2.0/1.1対応)
電源 USBバスパワー(電力供給が足りない場合は付属のUSB分岐ケーブルを使用)
暗号化 256ビット AES-XTS ハードウェア暗号化
内蔵ストレージ HDD(5,400rpm、8MBバッファ、平均シークタイム12ms)
耐衝撃性 非動作時:1000G/1ms、動作時:300G/2ms
同梱物 Aegis Bio本体、モバイル用ポーチ、USB分岐ケーブル、英語版クイックスタートガイド
外形寸法 19mm×84.5mm×120mm
本体重量 約176g
型番 A25-3BIO256-500 A25-3BIO256-750 A25-3BIO256-1000

Aegis Bio 3.0シリーズ(SSDモデル)
製品名 Aegis Bio -USB 3.0, software free design with hardware 256-bit AES encryption 128GB SSD Aegis Bio -USB 3.0, software free design with hardware 256-bit AES encryption 256GB SSD Aegis Bio -USB 3.0, software free design with hardware 256-bit AES encryption 512GB SSD
容量 128GB 256GB 512GB
インタフェース USB 3.0(USB 2.0/1.1対応)
電源 USBバスパワー(電力供給が足りない場合は付属のUSB分岐ケーブルを使用)
暗号化 256ビット AES-XTS ハードウェア暗号化
内蔵ストレージ SSD
耐衝撃性 1,500G/0.5ms
同梱物 Aegis Bio本体、モバイル用ポーチ、USB分岐ケーブル、英語版クイックスタートガイド
外形寸法 19mm×84.5mm×120mm
本体重量 約176g
型番 A25-3BIO256-S128 A25-3BIO256-S256 A25-3BIO256-S512

ラインアップは全部で6種類。違いは内蔵ストレージの種類と容量だ。

パッケージ

パッケージ。白を基調としたデザインで、英語、フランス語、スペイン語で特長が書かれている。

パッケージの内容

パッケージの内容。左上から時計回りに本体、キャリングケース、二股ケーブル、クイックスタートガイド(英語版)。設定にソフトを使わないため、ドライバーディスクは付いていない。

Aegis Bio 3.0はiPhone4Sを一回り大きくした程度の大きさ

Aegis Bio 3.0はiPhone4Sを一回り大きくした程度の大きさ。黒にシルバーのラインが入ったデザインだ。

キャリングケースは横開きタイプ

キャリングケースは横開きタイプ。面ファスナーでふたを固定する。広い面は内部にクッション材が入っている。

インターフェースはUSB 3.0に対応

インターフェースはUSB 3.0に対応。端子の内部が青いのが目印だ。PC側でもUSB 3.0端子は青くなっている。

二股ケーブルの接続イメージ

二股ケーブルの接続イメージ。USB端子からの給電が足りない場合に、利用する。2個ある端子のうち1個はUSB 3.0対応で給電とデータ転送に使う。もう1個はUSB 2.0対応で給電のみに利用する。

指紋登録は指を滑らすだけ

Aegis Bio 3.0の上面にある、一段くぼんだ部分、これが指紋を登録、認証するセンサーだ。センサーの上部にはと3種類のLEDがある。点等や点滅の組み合わせで状態を把握する。センサーの下部に「Enroll」ボタンがあり、接続中のロックや指紋の追加登録、ストレージの初期化などに利用する。

Aegis Bio 3.0を利用するには、まず指紋を登録する。ケーブルをUSB端子に接続し、給電されるとLEDが点灯する。この状態ではPCからHDDを認識できない。

指紋が登録されていなければ「青色点灯」「緑色点滅」となる。ここで、センサーに登録したい指を触れて滑らせる「スワイプ」動作を行う。指紋を認識すると青色が消え「緑色が速く点滅」する。指紋情報を登録している状態だ。

再び「青色点灯」「緑色点滅」になったら、再度指をスワイプして登録する、指紋情報の精度を高めていく。6回程度スワイプし登録が完了すると「青色点灯」「緑色点灯」に変わる。15秒以内にEnrollボタンを押すと、最大5個まで指紋を連続して登録できる。

指紋の登録完了後、15秒間そのままにするか、5個の指紋を登録すると「Lock」状態を示す「赤色点灯」に切り替わる。指紋を登録した指でスワイプし、LEDが「緑色点灯」に変わったら「Unlock」状態だ。ここで始めてPCからストレージを認識できる。

初回利用時はドライブの初期化が不要だ。出荷時にパーティションテーブルが「MBR」、ファイルシステムは「NTFS」でフォーマットされている。指紋を登録すれば、すぐにストレージとして利用可能だ。

ロックをかけるにはUSBケーブルを抜くか、読み書きしていない状態でEnrollボタンを2秒間押す。PCからマウントを解除しただけではロックがかからないので、運用には注意しよう。

指紋を変更する場合は、Aegis Bio 3.0をリセットして指紋を登録しなおす必要がある。個別には削除、変更できない。初期化は指紋情報だけでなく、記録中のデータが完全に削除される。作業の前にバックアップを忘れずに取っておこう。

リセット後は、再度指紋を登録してもすぐにストレージは使えない。ドライブのフォーマットが必要だ。手順はまず、「スタート」ボタンから「コンピューター」を右クリックし「管理」を選択。左ペインのディスクの管理に移動すると、「ディスクの初期化」と書かれたサブウインドウが表示される。ここで「MBR」を選び「OK」をクリックする。あとは、右ペインからディスクを選び、NTFS形式でフォーマットすれば、再びデータを読み書きできる。

PCとの接続は至って簡単

PCとの接続は至って簡単。Aegis Bio 3.0をUSB端子に接続するだけだ。

PC接続後、給電されるとLEDランプが付く

PC接続後、給電されるとLEDランプが付く。指紋の登録が無い場合「青色点灯」「緑色点滅」となり、指紋登録待ちの状態となる。

指紋を登録する

指紋を登録する。指の腹で上面中央のセンサーをスワイプする。指紋を認識すると青色が消えて「緑色が速く点滅」する。

再び「青色点灯」「緑色点滅」になったら、スワイプする手順を6回程度繰り返す

再び「青色点灯」「緑色点滅」になったら、スワイプする手順を6回程度繰り返す。情報の精度が高まったら、「青色点灯」「緑色点灯」の状態になる。これで1個の指紋登録が完了した。

15秒以内にセンサー下部の「Enroll」ボタンを押す

15秒以内にセンサー下部の「Enroll」ボタンを押すと指紋登録待ちの状態戻り、別の指紋を登録できる。登録できる指紋は最大5個までだ。登録が終わると3つのLEDがオンになる。2秒待つと「青色」→「緑色」と順に点滅し、最後に「赤色点灯」の状態になる。これが「Lock」状態だ。登録した指をスワイプし、ロックが解除されればLEDが「緑色」になる。

ディスクの管理プロパティ画面

リセット後指紋を登録しても、そのままではWindowsの「コンピューター」からドライブは見えない。使えるようにするには、ディスクの初期化とフォーマットが必要だ。まずは、ディスクの初期化から。ディスクの管理プロパティ画面を開き、ディスクの管理を選ぶ。ディスクの初期化」画面が現れ、パーティション スタイルを選ぶ。ここではMBRにした。

初期化が終わるとディスクが認識される

初期化が終わるとディスクが認識される。あとはNTFSなど、利用する環境に応じてファイル システムを選択し、フォーマットする。処理が終われば「コンピューター」でドライブを開ける。

USB 3.0は2.0の倍以上の速さ!

セキュリティーを重視したモデルとはいえ、ストレージとしての使い勝手を左右するデータ転送速度は気になるところだ。ベンチマークソフトの「CrystalDiskMark 3.0.2」(ひよひよ氏作)でAegis Bio 3.0の転送速度を調べた。

計測したのは、500GBのHDDモデル。USB 2.0端子に接続した場合、順次読み書きは25MB~26MB/秒程度だった。同じPCのUSB 3.0端子につなぎ替えたところ、順次読み書きが76MB/秒を超えた。速さは実に2倍以上。体感でも明らかにデータの読み書き速度が違っていた。安心と快適を高いレベルで満たす、魅力ある製品で、ビジネス用途はもちろん、個人用途でも大活躍してくれるはずだ。

USB 2.0で接続した場合の測定結果

USB 2.0で接続した場合の測定結果。順次、ランダム512KBとも26MB/秒程度で頭打ちになっている。

USB 3.0につなぎ替えた

USB 3.0につなぎ替えた。驚いたのは、順次読み書きの速さ。76MB~77MB/秒程度までアップした。外付けストレージとしては速く、データ転送のストレスが大幅に軽減されるはずだ。

(文・写真=SPOOL

※ 本記事は執筆時の情報に基づいており、販売が既に終了している製品や、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


関連製品のご紹介
Aegis Padlock USB 3.0シリーズ
製品の詳細
Apricorn
Aegis Padlock USB 3.0シリーズ
USB 3.0接続に対応。暗証番号によるデータ保護に対応し、暗号化セキュリティに特化したポータブルHDD
Aegis Padlock DTシリーズ
製品の詳細
Apricorn
Aegis Padlock DTシリーズ
暗証番号によるデータ保護に対応。暗号化セキュリティに特化した3.5インチ外付けHDD
Aegis Secure Keyシリーズ
製品の詳細
Apricorn
Aegis Secure Keyシリーズ
暗証番号によるデータ保護に対応。暗号化セキュリティに特化したUSBメモリ(16GBモデル新登場)
Aegis Padlockシリーズ
製品の詳細
Apricorn
Aegis Padlockシリーズ
暗証番号を最大16ケタまで設定可能。暗号化セキュリティに対応したポータブルHDD

●Apricorn Inc.社 概要
Apricorn Inc.は、米国に本社を置くストレージベンダーで、PCIeストレージや指紋認証ストレージ、暗証番号認証ストレージなど他にないユニークな製品をリリースしています。
メーカーウェブサイト:http://www.apricorn.com/

製品に関するお問い合わせや詳細情報については下記リンクをご確認ください。

お問い合わせ一覧を見る製品ページを見る

関連記事のご紹介