製品レポート

Product Report

冷却性能の高さが光る万能なフルタワー「T100-BK」

3R SYSTEMの「T100-BK」は、冷却性能の高さが魅力のフルタワーケースだ。冷却性能の高さをうたうPCケースは、単に複数の冷却ファンを搭載しているだけという場合が多い。T100-BKは、大量の空気を送るだけではなく、流れを良くするといった冷却効率の改善にも着目。大量の空気がスムーズにPCケース内部を流れるように工夫を盛り込んでいる。


3R SYSTEM T100-BK 製品写真

対応フォームファクター ATX、microATX
シャーシの材質 スチール
外形寸法 幅220×奥行き512×高さ535mm
重量 8kg
ドライブベイ 5インチ×2
3.5インチ×1
2.5/3.5インチ内部×8
拡張スロット 8
ファン 前面12cm角×2
背面12cm角×1
上面12cm角×2
底面12cm角×1
前面端子 USB 3.0×2
USB 2.0×2
音声入出力
SD/MMC/MS共用カードスロット×1


3R SYSTEM T100-BK 本体背面

熱気がこもりがちな拡張スロットは、ブラケットがメッシュ仕様だ。ここでも通気性を考慮している。

3R SYSTEM T100-BK 本体側面およびケース内部

マザーボードベースには、裏面配線用の穴が多数開いている。電源ユニットの付近は穴が大きくなっていて、太いメインケーブルも楽に通せた。

3R SYSTEM T100-BK 付属品

T100-BKの付属品。ねじやワッシャー、マニュアルなどが付く。中央上はCPU用+12V(8ピン)の延長ケーブルだ。電源のケーブルが短い場合に便利。右上の樹脂製パーツは、拡張ボードを支えるアタッチメント。内部ベイに固定して使う。

大量の空気を内部にくまなく送れる

T100-BKは前面に2つ、上面に2つ、背面に1つ、底面に1つと合計6つもの12cm角ファンを備える。ファンの数は冷却性能の良さをうたうモデルの中でも多い。前面と底面の3つのファンで吸気して、背面と上面の3つのファンで排出する。大量の空気をバランスよく吸排気し、ケース内部にくまなく行きわたらせる仕組みだ。

PCケース内部の空気の流れは、配線によって大きく変わる。特に、電源ユニットにつながるケーブルは長い上、本数が多い。上手に整理しないと、風の通り道が塞がれてエアフローを妨げる。冷却ファンが多くても冷却効率が低下しては意味が無い。その点、T100-BKは余ったケーブルを裏面に引き出し、束ねられる構造だ。ケーブルをまとめる固定具が付いており、単に裏面にケーブルを配線できるだけの一般的なPCケースとは一線を画す。

固定具は、マザーボードベースにある裏面配線用の穴に沿って付く。複数のケーブルを束ねられるよう、幅が広いのも特徴だ。試しに、余ったSerial ATAケーブルとペリフェラルケーブルを端子と一緒に束ねたところ、余裕を持って固定できた。端子ごと留められるため、右側面パネルを閉めるときに挟んでしまうことも無かった。


3R SYSTEM T100-BK 搭載ファン

前面と底面から吸気し、上面と背面から排出する。ファンは全部で6つ。トップファンを除き青色LEDを搭載する。

3R SYSTEM T100-BK ケーブル固定具

余ったケーブルを裏面配線したところ。白い樹脂製のパーツが固定具だ。左右方向と上下方向にまとめられる。

3R SYSTEM T100-BK 幅が大きいケーブル固定具

固定具は幅が大きい。ケーブルと一緒に端子もまとめておける。

3R SYSTEM T100-BK パーツを組み込んだ状態

PCパーツを組み込んだ状態。きれいに裏面配線すれば、風の通り道を塞ぐように内部を横切るケーブルは無くなる。ビデオカードは標準で300mmのボード長のものを搭載可能。後述のとおり内部ベイ上段を取り外すことで430mmまで対応できる。

静音への配慮も欠かさない

T100-BKは、冷却性能を追求しながら騒音への配慮も忘れていない。内部ベイは8つあり、いずれもマウンターを使って固定する。マウンターは2.5/3.5インチドライブ共用でいずれもねじで固定する。このうち、HDDを留める板はマウンター本体とばねでつながっており、振動をシャシーに伝えにくい構造になっている。このベイは、2つのユニットに分かれている。上段のユニットごと取り外せば、長さが430mmまでの拡張ボードに対応する。

5インチベイは2つある。シャシーにつまみ部分が大きな手回しねじが付属。ドライバーを使わずに、しっかりとねじ留めできる。固定具がゆるく、動作時の振動がシャシーに伝わる心配は無い。

3R SYSTEM T100-BK 内部ベイ用のマウンター

内部ベイ用のマウンター。振動が騒音の原因になりやすいHDDは、ばねで浮かせるように固定する。SSDなどの2.5インチドライブは底部の板に直接ねじ留めする。

3R SYSTEM T100-BK 内部ベイ上段は取り外し可能

内部ベイの上段は、樹脂製のストッパーを外して手前に引くと外れる。下段のベイには長い拡張ボードを支える樹脂製のアタッチメントを付けられる。

3R SYSTEM T100-BK 5インチベイ固定用の手回しネジ

5インチベイを固定する手回しねじ。位置を合わせたら押し込みながら回す。手回し部分の径が大きく締めやすい。

3R SYSTEM T100-BK フロントIOはUSB3.0対応

端子類は上面の前方にある。左右にスライドするスイッチは、冷却ファンのコントローラーだ。停止、低速回転、高速回転の3段階で調整可能。端子はUSB 3.0とUSB 2.0が2つずつ、音声入出力がある。SD/MMC/MS用カードスロットも備える。


通気性を重視しているため、前面や上面、背面にメッシュを多用する。内部から漏れる騒音が心配だが、T100-BKは上面に3系統のファンコントローラーを備え、騒音源であるファンの回転数を「停止」「低速回転」「高速回転」の3段階に調整できる。

付属のファンは高速回転では騒音が内部から漏れて聞こえたが、低速回転では静か。CPUクーラーやグラフィックスボードの騒音にかき消されて聞き分けられない程度だった。

回転数を落とした場合に十分に冷却できているか検証した。CPUにCore i7-2600K(3.4GHz)、CPUクーラーにCNPS9900 MAX、グラフィックスにRADEON HD6950搭載ボードを使用し、ベンチマーク「OCCT Perestroika 4.0.0」(以下OCCT)で負荷をかけた。この時、ケース前方下部の吸気部、ケース後方上部の排気部を温度計で、CPUをOCCTの温度モニターで調べた。

室温23℃でケースファンを低速回転で運用した場合、CPU温度は70℃以下に抑えられた。ケースファンを高速回転させれば、より冷却能力を高められる。ただ、騒音とのバランスを考慮すれば低速回転で使うのがお薦めだ。


3R SYSTEM T100-BK 背面上部付近の温度変化

背面上部付近の温度変化。ファンの回転数に比例して温度も下がった。しっかり排気できているのが分かる。

3R SYSTEM T100-BK 内部ベイ付近の温度変化

3.5インチ内部ベイ付近の温度変化。こちらもファンの回転数に比例して温度が変化した。

3R SYSTEM T100-BK CPU温度の計測結果

CPU温度の計測結果。ファンの回転数を高速にすると、低速化展示よりも負荷時の温度が4℃下がった。冷却能力は高い。

T100-BKは、PCケースが求められる基本的な機能もおろそかにしていない。シャシーは随所に折り返し加工を施しており、剛性が高い。上面にリムーバブルベイを、前面にUSB 3.0端子を2つも搭載。最近のPCケースのトレンドもしっかり押さえており、使い勝手の良さは申し分ない。さらに、側面パネルに透明なアクリル板を採用し、内部を確認できるようにするなど、使う楽しみも備えたモデルだ。

店頭用POPダウンロード

こちらから店頭用POPファイルもご覧いただけます。

店頭用POPダウンロード

店頭用POPダウンロード

(文・写真=SPOOL

※ 本記事は執筆時の情報に基づいており、販売が既に終了している製品や、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


この製品の最安店舗を探そう!ページを見る

●3R SYSTEM社 概要
韓国、中国を拠点に自作用PC ケースを開発、製造販売しております。ユーザーが求めやすい低価格なPC ケースを中心に販売しており、韓国では、No1 のシェアを獲得しています。日本市場へも同様に低価格で機能、デザインにこだわった製品を提供し続けてまいります。
メーカーウェブサイト:http://www.3rsys.com/

製品に関するお問い合わせや詳細情報については下記リンクをご確認ください。

お問い合わせ一覧を見る製品ページを見る

関連記事のご紹介